今週のメインdeパツイチ2009
第27回中山牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第27回 中山牝馬ステークス 中山・芝1800m  4歳上牝オープン(GIII) 2009年3月15日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ザレマ 京都牝馬S 3着 ちとハンデ重い感あるが前走ぐらい走れば。
2 マイネカンナ 福島牝馬S 1着 去年の2着馬だが2桁着順連発では辛い。 - -
2 3 キャッチータイトル ターコイズS 5着 重賞では2桁着順ばかり。入着すら厳しい。 - -
4 ハチマンダイボサツ 秋風S 1着 前走イマイチも、今回53kgだし中山なら。
3 5 ブラボーデイジー 関門橋S 8着 ジリっぽいが今の中山なら。51kgも魅力。 -
6 リビアーモ 初富士S 2着 末脚かなり切れる。ハンデ52kgだし重賞でも。
4 7 ピンクカメオ NHKマイルC 1着 絶不調。叩き2戦目で一変を期待したいが... - -
8 キストゥヘヴン 京成杯AH 1着 56.5kgよりも前走案外なのが気掛かりで。 - -
5 9 カレイジャスミン ターコイズS 2着 ピリっとしない競馬続く。今回重賞だし... - -
10 アルコセニョーラ 新潟記念 1着 末脚はかなりのもの。前が止まれば出番も。 -
6 11 ヤマニンメルベイユ クイーンS 1着 去年の勝ち馬。だが去年よりも条件厳しく... -
12 ダンスオールナイト 初音S 1着 前走もハンデも上々。ただ中山苦手なのが... -
7 13 テンイムホウ 京都牝馬S 4着 距離ちと長い。前々走ぐらい走ればいいが。 -
14 ヤマニンエマイユ オーロC 1着 牝馬相手なら多少は。3着なら展開次第で。 -
8 15 レッドアゲート フローラS 1着 良化スロー。手頃な条件だが入着までか。 - -
16 トールポピー オークス 1着 ハンデよりも去年秋の成績が気掛かりで。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第27回中山牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第27回中山牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話
「弾み」の巻

 3歳牝馬クラシックへのトライアルで盛り上がっていますが...
 こちらもぼちぼちスタート。古馬牝馬GIへのステップ・第27回中山牝馬S。

 という訳で、この中山牝馬ステークス。冬場に愛知杯や京都牝馬ステークスといった牝馬限定重賞があったこともあって、 その流れでこの中山牝馬ステークスに挑んでくる馬も多いが、この中山牝馬ステークスで始動、古馬牝馬の大一番・ヴィクトリアマイルを目指す有力馬もちらほら。

 で、今年はそんな有力馬としてオークス馬トールポピー、桜花賞馬キストゥヘヴンが参戦。ここで結果を出してGI獲りに弾みをつけたいところだが...そううまくいかんでしょうな。 ともにハンデ56.5kgとそれなりに背負わされている点は確かに問題だが、それよりも近走不振なのが問題。トールポピーはローズS・秋華賞と全くいいところナシ。 キストゥヘヴンは京成杯AH勝利後、成績尻すぼみ。今回、他に強い馬がいないこともあってそれなりには結果出せるかもしれないが...ここは他の馬に期待するのが妥当なんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、中心はザレマ。この成績で55kgはちと背負わされた感あるが、牝馬限定重賞では手堅く結果を出す馬。 前で楽に競馬できれば、そのまんま居残りなんてこともあるんじゃないでしょうか。あとは軽ハンデ馬。中山で追い込みきれるかどうか微妙なところだが、52kgと末脚魅力のリビアーモ、 準OP勝ち評価できるハチマンダイボサツ・ダンスオールナイト辺りで。

<第27回中山牝馬ステークス予想>

◎ザレマ
○リビアーモ
▲ハチマンダイボサツ
△ヤマニンメルベイユ
△ヤマニンエマイユ
△ダンスオールナイト

 あとは牝馬限定戦だとそれなりに結果出すヤマニン2騎か。

結果

1着キストゥヘヴン
2着ピンクカメオ
3着ダンスオールナイト
4着ザレマ
5着マイネカンナ

タイム:1分49秒1 3F:36.1秒
キストゥヘヴン 牝6歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・戸田厩舎
単勝:8番810円
複勝:8番320円、7番1400円、12番1020円
枠連:4-4 19260円 馬連:7-8 21930円
馬単:8-7 39190円
3連複:7-8-12 230760円
3連単:8-7-12 1394370円
ワイド:7-8 5130円
    8-12 3940円 7-12 14670円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ピンクカメオは厳しいなぁ。
 まぁ、キストゥヘヴンがノーマークではどうにもならんが。

 でもって、中山牝馬ステークスの結果。前日悪くなった馬場が完全に回復していなかったようで、ちと時計のかかる馬場状態に。 これが微妙に影響したようで。前日の中京記念ほどではないが、それとよく似た流れに。ただ、今回はペースが速すぎて後続馬が思うように脚が使えなかったのではなく、 ペースが緩くて前が止まらなかった、そんな感じでしたな。

 レースはというと、ピンクカメオがハナを奪って逃げる展開。まぁ、逃げること自体はヴィクトリアマイルでやったりしてるから問題ないんだが、このタイミングで逃げるとはね。 で、他に行く馬もいなかったんで、前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が1:00.5と緩めのペースに。でもって、あとは前述しているように前残りの展開に。 結局、4コーナーを回った段階で前にいた4枠2頭で決まってしまいました。勝ったのは最内を突いてロスなく立ち回ったキストゥヘヴン、2着には逃げたピンクカメオ。 1番人気のザレマもこの4枠両頭のそばといういい位置につけていたが...坂を登り切ったところで止まってしまい、最内を突いて伸びてきたダンスオールナイトに交わされ4着まで。

 という訳で、勝ったのはキストゥヘヴン。うまく立ち回っての勝利ではあるが、56.5kgを背負って結果出せたのは評価していいでしょう。 ここ数戦今一つの競馬続いたが、今回の勝利でまだまだやれることを証明。この調子を維持できるなら、今後もそれなりの結果は出してくれるんじゃないでしょうか。 (追記:とか書いたけど、このレースで引退だったとは。)他の馬は...まぁ、こんなもんでしょうな。1番人気のザレマもちと押し出された人気馬っぽかったので、こういう結果になってしまっても仕方がないかも。 それなりに評価して良さそうな馬は最後外から伸びてきたリビアーモぐらいかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。