今週のメインdeパツイチ2009
第43回フィリーズレビュー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第43回 フィリーズレビュー 阪神・芝1400m  3歳牝オープン(GII) 2009年3月15日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キリコンサート 萌黄賞 5着 500万下特別の内容物足りず。重賞では。 - -
2 パールシャドウ クイーンC 8着 前走は不利有。もう少しやれていい馬。
2 3 アディアフォーン 紅梅S 5着 前3走の成績が散々。早くも頭打ちか。 - -
4 スペシャルクイン 牝500万下 1着 ダートで結果出すが芝でも大丈夫な馬。穴で。 -
3 5 スイリンカ こぶし賞 1着 新馬・500万下と連勝も前走展開嵌った感有。 - -
6 アイアムカミノマゴ エルフィンS 4着 この相手ならそれなりに。展開次第で。 -
4 7 ワンカラット ファンタジS 2着 重賞では展開嵌らないと出番なし。3着まで。 - -
8 アンジュアイル クイーンC 5着 嵌ればかなりの末脚使う。前が止まれば。
5 9 ショウナンカッサイ 阪神JF 4着 この組み合わせなら上位も。あとは展開次第。 -
10 アイレンベルク エルフィンS 5着 ややパンチ不足。展開向かないと出番は。 - -
6 11 ミクロコスモス 阪神JF 3着 クイーンCは不利がすべて。巻き返しに期待。 -
12 フキラウソング 500万下 1着 芝は大丈夫だが阪神JF15着が気掛かりで。 -
7 13 レディルージュ ききょうS 3着 阪神JF10着で決着済っぽく。入着あれば。 - -
14 コウエイハート 紅梅S 1着 今回前走ほど楽出来ぬ。前残りある? - -
8 15 チャームポット 紅梅S 2着 詰め甘いのが難点だが手堅く上位確保しそう。
16 ラヴェリータ ヒヤシンスS 3着 ダートOPで好走も芝では今一つぱっとせず。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第43回フィリーズレビュー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第43回フィリーズレビューの展望と予想とヨタ話
「対抗馬」の巻

 今週も桜花賞トライアル。第43回フィリーズレビュー。
 チューリップ賞を楽勝したブエナビスタの対抗馬がこのレースで誕生?

 ってな訳で、今回のフィリーズレビュー。先週のチューリップ賞同様上位馬には桜花賞の優先出走権が与えられるレースなのだが... どの馬が優先出走権をゲットするかよりも、チューリップ賞を楽勝したブエナビスタに対抗できる馬が現れるかどうか、そこがポイントとなりそうな一戦に。

 で、だ。出走メンバーを見てみると...ねぇ。大方、決着済っぽい馬ばかり。ここで有力視されているミクロコスモス・ショウナンカッサイは阪神JFですでにブエナビスタに敗れてるし、 新馬・500万下を好内容で勝ち上がった馬は皆無だし。ここで対抗馬誕生を期待するのはちと辛いかも。ミクロコスモスがいい勝ち方すれば多少は期待できるんだが...

 まぁ、それはそれとして。このフィリーズレビューの予想を。この組み合わせならミクロコスモス中心で仕方ないでしょうな。 前走のクイーンC4着は直線で前をカットされる不利があってのもの。巻き返しあって当然。他にこれといった馬がいないし、きっちり結果出してくれるんじゃないでしょうか。

 ただ、注意しなければいけないのが、このフィリーズレビュー、妙に荒れるレースだったりしますからね。去年は、1番人気のエイムアットビップが飛び、 11番人気のマイネルレーツェルが1着、7番人気のベストオブミーが2着に入り3連単461660円という結果に。まぁ、そこまで荒れることは希だが、 人気馬のもう一方に人気薄が絡んで穴をあけることは良くありますからね。一波乱あることを考えて予想するのが妥当でしょうな。

<第43回フィリーズレビュー予想>

◎ミクロコスモス
○スペシャルクイン
▲ショウナンカッサイ
△パールシャドウ
△チャームポット
△アンジュアイル

 アンジュアイルとかパールシャドウ、スペシャルクイン辺りどうですかねぇ?

結果

1着ワンカラット
2着アイアムカミノマゴ
3着レディルージュ
4着ミクロコスモス
5着アイレンベルク

タイム:1分22秒4 3F:36.1秒
ワンカラット 牝3歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・藤岡健厩舎
単勝:7番1850円
複勝:7番650円、6番450円、13番2220円
枠連:3-4 2050円 馬連:6-7 5820円
馬単:7-6 14640円
3連複:6-7-13 109610円
3連単:7-6-13 668740円
ワイド:6-7 1660円
    7-13 9630円 6-13 8100円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。この組み合わせはさすがになぁ。
 ワンカラットもアイアムカミノマゴもヒモならばアリなんだが...

 でもって、フィリーズレビューの結果。「妙に荒れる重賞」とちょいとばかり書いたが...荒れちゃいましたなぁ。 圧倒的人気だったミクロコスモスがやらかしてしまい、馬券にすら絡めない4着止まり。さらにブービー人気のレディルージュが3着に残ってしまい、 3連複は10万、3連単は66万馬券という大波乱に。

 レース自体は典型的な前残りの競馬。前半3ハロン通過は34.3秒とまずまずの流れだったが、楽に行けた分、最後まで脚をきっちり使えたようで。 好位追走から内を突いて抜けてきたワンカラットが独走態勢に、そしてその後ろにいたアイアムカミノマゴ・レディルージュも2・3番手確保。 で、直線でこの3頭が後続を引き離してしまったもんだから、後続馬はお手上げ状態。結局、この3頭がそのまま残って1〜3着確保。

 で、圧倒的人気のミクロコスモスはというと...道中は中団より後ろを追走し直線勝負に賭けたが、不発。 前が止まってくれないのではどうにもならんですな。上位3頭から3・1/2馬身離された4着に上がるのがやっとでした。

 そんなこんなで、ワンカラット・アイアムカミノマゴ・レディルージュが桜花賞への優先出走権を得た訳だが...こういう内容でしたからねぇ。 「打倒ブエナビスタ」を期待するのはちょっとね。ミクロコスモスは今回展開が嵌らなかっただけと判断して本番での巻き返しに期待...なんてことも考えられなくはないが、 今回の敗北で桜花賞出走が絶望的になってしまったからねぇ。今のところは「ブエナビスタ一強」でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。