今週のメインdeパツイチ2009
第23回フラワーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 フラワーカップ 中山・芝1800m  3歳牝オープン(GIII) 2009年3月21日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダイアナバローズ 牝未勝利 1着 未勝利脱出に時間要す。このクラスでは。 - -
2 クリアソウル 黄梅賞 6着 ジリ。だが時計かかる馬場なら一発ありそう。 -
2 3 マジックシアター 赤松賞 2着 成績尻すぼみも巻き返しあれば上位狙える。
4 ヴィーヴァヴォドカ 黄梅賞 13着 前走が負けすぎ。今回重賞だし出番は... - -
3 5 アイアムマリリン クイーンC 11着 前走完敗。だが今回相手手薄だし多少は。
6 ロイヤルネックレス つばき賞 5着 牝馬同士ならもう少しやれる。連下で。
4 7 シゲルキリガミネ 阪神JF 8着 物足りない競馬続く。さらに今回重賞で... - -
8 ドゥミポワント 春菜賞 6着 クイーンC14着で決着済。重賞では厳しい。 - -
5 9 ダイワバーガンディ 牝500万下 3着 展開に左右される馬。前崩れなら出番も。
10 ナリタシリカ 500万下 6着 展開嵌らないと出番ない。よほど嵌らぬと。 - -
6 11 ピエナリリー フェアリーS 12着 未勝利脱出後の成績が散々。出番なし。 - -
12 キミニムチュウ 500万下 6着 500万下で入着すら危うい馬。厳しい。 - -
7 13 パドブレ クイーンC 7着 このメンバーならもう少しやれる。連下で。 -
14 ショウサンウルル 新馬 1着 ダで楽勝も展開嵌った感有。芝の重賞では。 - -
8 15 ナンヨークイーン 牝500万下 6着 頭打ち。今回重賞だしとてもじゃないが... - -
16 ディアジーナ クイーンC 1着 今回これといったライバル不在。重賞連勝も。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回フラワーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第23回フラワーカップの展望と予想とヨタ話
「裏口?」の巻

 桜花賞の伏兵はこのレースから誕生?
 桜花賞への裏口・第23回フラワーカップ。

 まあ、そうなんですよ。このフラワーカップ、過去の勝ち馬を見ても、ブラックエンブレム(秋華賞)、キストゥヘヴン(桜花賞)、 シーザリオ(オークス、桜花賞2着)、ダンスインザムード(桜花賞)、スマイルトゥモロー(オークス)といったように、3歳牝馬クラシックの覇者がズラリ。 他の桜花賞トライアルと違い優先出走権は与えられないステップレースだが、その果たす役割は重大。

 で、今年のフラワーカップ。ブエナビスタ一強という今の状況を打破する馬が現れるかどうか、注目の一戦。 ...なのだが、その候補というのがディアジーナしかいないんだよなぁ。他の馬というと、ほとんどが500万下条件馬。 さらにこれらの500万下条件馬、連絡みどころか入着すら微妙な馬ばかり。これではとてもじゃないが太刀打ちできないでしょ。 今回はディアジーナがどういう結果を出すか、そこが見所でしょうなぁ。

 で、予想の方も、ディアジーナ中心になってしまうのは仕方がない。ただなぁ、問題はヒモ。前述している通り、微妙な500万下条件馬ばかりだからねぇ。 低レベルで拮抗しているもんだから、展開や条件次第でどの馬が来ても不思議ではないでしょ。とりあえず、赤松賞で2着に入ってるマジックシアター、 牝馬限定戦ばかりだが手堅く上位確保しているダイワバーガンディ、牡馬相手にそれなりに好走したロイヤルネックレス辺りで勝負してみますが...難しいなぁ、これは。

<第23回フラワーカップ予想>

◎ディアジーナ
○ダイワバーガンディ
▲ロイヤルネックレス
△マジックシアター
△アイアムマリリン
△パドブレ

 この面子でディアジーナがコケるようなことがあると大惨事になるな。

結果

1着ヴィーヴァヴォドカ
2着ディアジーナ
3着マジックシアター
4着ナリタシリカ
5着ダイアナバローズ

タイム:1分49秒3 3F:36.2秒
ヴィーヴァヴォドカ 牝3歳
騎手:村田一誠 厩舎:美浦・勢司厩舎
単勝:4番4360円
複勝:4番630円、16番110円、3番220円
枠連:2-8 600円 馬連:4-16 2950円
馬単:4-16 11350円
3連複:3-4-16 7440円
3連単:4-16-3 79110円
ワイド:4-16 1130円
    3-4 2650円 3-16 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、ディアジーナ飛んじゃいましたか。
 一応2着には来たが、1着が11番人気だったこともあって馬単万馬券に。

 でもって、フラワーカップの結果。1番人気のディアジーナやショウサンウルル、ナリタシリカ、ナンヨークイーン辺りがハナを奪おうと積極的に動くが、 内枠をひいたヴィーヴァヴォドカが1コーナーのコーナーワークでこのハナ争いを制し先頭へ。他の馬は「どうしてもハナ」という訳ではなかったようで、 ヴィーヴァヴォドカが先頭に立つとこれを無理に交わそうとはせず、隊列確定。

 そんなこんなで、比較的すんなり先手争いが済んだんで前半3ハロン通過が35.7秒、1000m通過が1:00.6とペースはあまり速くならず。 まあ、このペースだったら前に行った馬がそのまま残ってしまうのも仕方がないですな。逃げたヴィーヴァヴォドカ、4コーナーを回っても相変わらず先頭。 好位にいた1番人気のディアジーナが差を詰めてきていたが、直線入ったところでこれを逆に突き放してしまう始末。坂を登り切ったところで脚色が鈍ってしまったが、 あらかじめ奪っておいたリードがあったお陰でディアジーナの追撃を封じ1着でゴールへ。1番人気のディアジーナはこれにクビ差及ばず2着まで。

 という訳で、勝ったのはヴィーヴァヴォドカなのだが...今回は展開と相手に恵まれた感は否めませんな。ブエナビスタに対抗するなんて...ねぇ。 2着のディアジーナは一応2着に入ったものの、この相手に2着というのはどうなんでしょ?当初の予定通り、桜花賞を蹴ってオークスに向かうことになるんだろうけど... 案外ダメなのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。