今週のメインdeパツイチ2009
第58回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 スプリングステークス 中山・芝1800m  3歳オープン(GII) 2009年3月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リクエストソング きさらぎ賞 2着 前走相手と展開が悪かった?巻き返しも。 -
2 フィフスペトル 朝日杯FS 2着 重賞実績評価も、それほど抜けた馬ではなく。 -
2 3 トップクリフォード すみれS 1着 今回は前走ほど楽できない?展開次第か。 - -
4 マイネルエルフ アーリントン 2着 前走フロック視できぬ。前で楽に競馬できれば... -
3 5 リスペクトキャット 全日本2歳 7着 前2戦が散々。芝使ってみるが一変は? - -
6 イグゼキュティヴ 札幌2歳S 2着 ラジオNIKKEIがちと物足りぬ。連下まで?
4 7 レッドスパーダ 500万下 1着 地味だが悪くない。この相手なら出番も。
8 セイクリムズン ヒヤシンスS 7着 芝でも大丈夫な馬だがヒヤシンスS7着が... - -
5 9 ツクバホクトオー 新潟2歳S 2着 前2戦が案外。ただ、叩き2戦目で変われば。 -
10 メイショウドンタク 若駒S 2着 若駒S2着も差のある2着。ちと足りないか。 - -
6 11 メイショウダグザ ヒヤシンスS 5着 今回芝だが展開嵌ればそれなりに。穴で。 -
12 アンライバルド 若駒S 1着 前走の楽勝評価。この相手なら重賞でも。 -
7 13 キタサンガイセン きさらぎ賞 5着 きさらぎ賞5着で決着済?嵌って3着までか。 - -
14 サンカルロ 東スポ杯2歳S 3着 東スポ杯2歳Sを評価。ここでも上位争い。 -
8 15 サイオン 500万下 1着 今回初芝だし重賞だし。だが時計かかれば... -
16 セイクリッドバレー ホープフルS 3着 ちと詰め甘い。時計かからないと辛いか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回スプリングステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第58回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話
「クラシック戦線異状なし?」の巻

 これで3歳牡馬クラシックの役者は揃う?
 皐月賞トライアル最終戦・第58回スプリングステークス。

 という訳で、このスプリングステークス。前述の通り、上位馬に優先出走権が与えられる皐月賞トライアルレースのなかでもっとも最後に行われるのがこのスプリングステークス。 ということで、このレースが終わると一通り有力所が揃う訳ですが...なんだかねぇ。弥生賞で決着がついてしまったようなもんですからね。 ここで誰が出走権ゲットしても大勢には影響しないんじゃないかと...

 そんなこんなで、皐月賞トライアルとしてはちと期待薄なスプリングステークスの予想を。実績的には朝日杯FS2着のフィフスペトルが抜けているんだが...良くも悪くも2着ですからね。 「どこでも相手なり」という可能性もあるだけに、過信は禁物。他の馬にもチャンスはあるでしょう。若駒Sを楽勝したアンライバルドとか、 重賞で好走しているマイネルエルフ・リクエストソングとかも十分あるでしょ。

 あと、注意しなければいけないのが馬場状態。雨が残っちゃうと先週みたいに散々な目に遭ってしまいますからね。 あまり馬場状態がよくないようだったら、ちょっと時計がかかった方が良さそうなマイネルエルフとか、ダート使ってるサイオン・メイショウダグザを狙ってみるのもアリでしょうな。

<第58回スプリングステークス予想>

◎アンライバルド
○マイネルエルフ
▲リクエストソング
△サンカルロ
△イグゼキュティヴ
△レッドスパーダ

 でも、アンライバルドも人気になるんだろうなぁ...

結果

1着アンライバルド
2着レッドスパーダ
3着フィフスペトル
4着サンカルロ
5着セイクリッドバレー

タイム:1分50秒8 3F:35.2秒
アンライバルド 牡3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:12番230円
複勝:12番130円、7番500円、2番170円
枠連:4-6 3240円 馬連:7-12 3090円
馬単:12-7 4130円
3連複:2-7-12 5410円
3連単:12-7-2 24710円
ワイド:7-12 1230円
    2-12 310円 2-7 1600円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。レッドスパーダ2着でちょいといい配当に。
 サンカルロがフィフスペトル差せていればもっと美味しかったんだがなぁ。

 でもって、スプリングステークスの結果。それなりに先行馬が揃っていた一戦だったが、先行争いはあまり激しくならず。 リスペクトキャット・レッドスパーダ・セイクリムズンが前に行くとこれを追いかける馬もおらず、すんなり決着。

 という感じで、それほど先手争いが行われなかったこともあって、前半3ハロン通過が36.6秒、1000m通過が1:02.6とペースは緩め。 馬群もバラけず一団のまま。で、あとは直線入って「よーいドン」の競馬に。前で競馬してそのまま粘り込みを計るレッドスパーダを中団から伸びたアンライバルドが捕らえそのままゴールへ。

 という訳で、展開的な云々はあったにせよ、これだけの勝ち方が出来れば十分じゃないでしょうか?アンライバルド。 この内容だったらロジユニヴァースに対抗することも可能でしょう。あと気になるところは3着のフィフスペトルか。 今回スパートが遅かったことが一因なんだろうけど、それにしても詰め甘いなぁ。相手なりに走るからマークは必要だけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。