今週のメインdeパツイチ2009
第39回高松宮記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第39回 高松宮記念 中京・芝1200m  4歳上オープン(GI) 2009年3月29日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモベル オーシャンS 2着 前走はうまく流れに乗れた感有。この条件では。 - -
2 ソルジャーズソング シルクロード 2着 嵌ればかなりの末脚使う。左回りも○で。
2 3 アポロドルチェ スプリンタS 5着 一叩きして一変。前が止まる展開なら。 -
4 スリープレスナイト スプリンタS 1着 一頓挫あってぶっつけ本番。仕上がり次第。 -
3 5 トウショウカレッジ 阪急杯 5着 末脚強烈。中京3勝だし前が止まれば... -
6 ウエスタンダンサー 京阪杯 1着 今回先行馬それほど多くなく。流れに乗れれば。
4 7 アーバンストリート シルクロード 1着 中京3勝。前残りにならなければ勝ち負け。 - -
8 ファリダット 阪神カップ 2着 母子制覇目指す。展開さえ嵌れば現実味も。 -
5 9 キンシャサノキセキ スプリンタS 2着 前走休み明け堪えた?叩き2戦目で一変期待。 -
10 ファイングレイン マイルCS 3着 休み明けの前走がさっぱり。叩いて変わる? - -
6 11 アイルラヴァゲイン 尾張S 5着 成績頭打ち。今回相手も揃うし出番は。 - -
12 ヘイローフジ シルクロード 4着 尾張Sぐらい走れば面白い。3着穴で一考。 -
7 13 ローレルゲレイロ 阪急杯 2着 粘り欠く競馬多く。行き切れても残れる? - -
14 ドラゴンファング 阪急杯 3着 前走差のある3着。現状ではこれが精一杯か。 - -
15 アーバニティ オーシャンS 1着 この連勝を評価。多少時計のかかる馬場も○。 - -
8 16 ビービーガルダン 阪急杯 1着 前走展開嵌った感あるが楽に行ければ今回も。 -
17 スプリングソング 京阪杯 3着 前走負けすぎも重賞好走時の勢い戻るなら。 -
18 ジョイフルハート 北海道SC 1着 スピードはあるが最近粘り足りず。厳しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第39回高松宮記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第39回高松宮記念の展望と予想とヨタ話
「冬の終わり?」の巻

 今週から春のGIシリーズスタートです。
 まずは、短距離王(女王?)決定戦・第39回高松宮記念。

 でもって、この高松宮記念。前述の通り、短距離王(女王も)を決める一戦なのだが...ここ数年、王者を名乗っていいのかどうだか微妙な結果が続きましたからねぇ。 群雄割拠といえば聞こえはいいかもしれないが、要は、どの馬もぱっとせず微妙なレベルで拮抗していた状態。 群雄割拠というより「冬の時代」と言う方が合っていた、それがここ最近までの短距離路線。

 しかし、去年秋頃から新旧交代が発生し、この状況はかなり改善されたようで。夏、連勝した勢いで一気にスプリンターズステークスを制したスリープレスナイトや、 秋〜冬の短距離重賞で結果を出したビービーガルダン・アーバンストリート・アーバニティ・ファリダットといった新興勢力が台頭。これらの馬が今回きっちり結果を出せば、 冬の時代も終わるんでしょうなぁ。

 で、予想の方もこれらの馬中心で。ただ、展開的に一波乱ありそうな気が。この手の条件になると、どうしても逃げたい馬が何頭かいたりするのだが、今回はこの手の馬が少ないですからねぇ。 例年だと、先行激化→ハイペース→前崩れ→差し・追込馬台頭という流れになったりするんだが、今年はそこそこ落ち着いたレースになりそうですな。 アーバンストリート・アーバニティ・ファリダットといった末脚勝負の馬は届かないかも...

<第39回高松宮記念予想>

◎スリープレスナイト
○スプリングソング
▲キンシャサノキセキ
△ビービーガルダン
△ソルジャーズソング
△ウエスタンダンサー

 という訳で、比較的前で競馬できる馬中心で。

結果

1着ローレルゲレイロ
2着スリープレスナイト
3着ソルジャーズソング
4着トウショウカレッジ
5着コスモベル

タイム:1分08秒0 3F:34.9秒
ローレルゲレイロ 牡5歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:13番760円
複勝:13番230円、4番180円、2番910円
枠連:2-7 730円 馬連:4-13 1750円
馬単:13-4 4410円
3連複:2-4-13 35840円
3連単:13-4-2 191140円
ワイド:4-13 740円
    2-13 5690円 2-4 3220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ローレルゲレイロでしたか。
 前に行く馬狙いは正解だったんだが、この馬が押し切っちゃうとは...

 でもって、高松宮記念の結果。それなりに行きたい馬が揃った一戦だったが、大外枠を引いたこともあってジョイフルハートがハナへ。 で、その後ろに人気のローレルゲレイロ・スリープレスナイトが追走。しかし、ローレルゲレイロ、ハナに立ちたかったこともあって、しばらくこれを追走しハナを奪取。 そんなこんなで、ハナ争いが長引いたもんで前半3ハロン通過が33.1秒とそれなりのペースに。

 となれば、末脚勝負の馬にもチャンスが巡ってきそうなもんだが...実際は、前に行ったローレルゲレイロ・スリープレスナイトがそのまんま居残り。 こういうペースだったにも関わらず、前に行った馬は最後まで失速せず。逆に追撃する差し・追込馬は思ったほどの脚を使えず3着争いに加わるのがやっとでした。

 まぁ、そんなこんなで、勝ったのはローレルゲレイロ。前走の阪急杯でビービーガルダンに完敗してしまっただけに、どこまでやれるか疑問だったが...問題なかったですな。 どちらかというと「良化の過程」と考えるのが正解だったんでしょうな。逆に、ぶっつけの分詰めが甘くなったのがスリープレスナイトなんでしょう。今回の高松宮記念、 この辺りの臨戦過程がそのまま勝敗に結びついた、まぁ、そんなところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。