今週のメインdeパツイチ2009
第20回東京スプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 東京スプリント 大井・ダ1200m  4歳上オープン(JpnIII) 2009年4月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フジノウェーブ 東京盃 1着 地元大井なら勝ち負け。中央勢相手でも。
2 ゼンノパルテノン コーラルS 1着 ハマればいい末脚使うが...大井だと? - -
2 3 アグネスジェダイ 北海道SC 3着 前走まずまずだが衰えた感は否めなくて。 - -
4 ガブリン 千葉S 1着 能力あるが仕掛け所が問題。展開次第か。 -
3 5 トップサバトン 東京シティ盃 2着 楽に行ければ前走の再現も可能。注意。
6 マルヨスポット サマーCh 5着 交流重賞での成績物足りず。ここでは。 - -
4 7 ディープサマー 東京盃 2着 東京盃2着を評価。2戦目で一変あれば。
8 ブローザウインド オーバルSP 2着 展開嵌ってようやく入着程度の馬では。 - -
5 9 マルカジーク ウインターSP 4着 前走が負けすぎ。この条件では出番なしか。 - -
10 ディアヤマト ウインターSP 1着 たまに大駆けある馬。3着なら可能性も。 -
6 11 ステキシンスケクン 京成杯AH 3着 ダートよりもここ数戦の凡走が気掛かりで。 - -
12 ポートジェネラル 多摩川OP 3着 黒船賞で決着済。よほど展開嵌らぬと。 - -
7 13 リンカーンスター スプリングC 8着 後方をついて回るだけ。ここでは出番なし。 - -
14 ベルモントサンダー スパーキング 1着 叩き2戦目。上積みあれば交流重賞でも。
8 15 サンキューウィン 大師OP 5着 ビリ争いばかり。出てきただけっぽく。 - -
16 ビクトリーテツニー カペラS 1着 末脚強烈だが大井でどこまで追い込める? -

以上登録16頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第20回東京スプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第20回東京スプリントの展望と予想とヨタ話
「前哨戦?」の巻

 短距離〜マイル路線の馬にとって春の目標はかしわ記念。
 そんなかしわ記念へのステップ、第20回東京スプリント。

 まぁ、そんなこんなでこの東京スプリント。前述の通りかしわ記念のステップということもあってそれなりの馬が揃った一戦に。 とはいえ、距離がスプリントということもあって、ここの結果がそのままかしわ記念に結びつく訳ではありませんけどね。参考程度にしておくのが妥当かな。

 まあ、それはそれとして東京スプリントの予想を。カペラSを勝ったビクトリーテツニーや、千葉Sを好内容で勝ったガブリン、OPで好走しているゼンノパルテノン等、 中央勢がそれなりに揃ってはいるが...この程度だったら地元南関東勢でもいいんじゃないでしょうか。東京盃1・2着のフジノウェーブ・ディープサマーや、 前走フジノウェーブと僅差の競馬をしたトップサバトン、南関東の短距離重賞で結果出してるベルモントサンダーとかさ。

<第20回東京スプリント予想>

◎フジノウェーブ
○ベルモントサンダー
▲ガブリン
△トップサバトン
△ディープサマー
△ビクトリーテツニー

 あとは展開。今回の中央勢、後ろから行く馬が多いんで...

結果

1着ゼンノパルテノン
2着ガブリン
3着フジノウェーブ
4着ポートジェネラル
5着ビクトリーテツニー

タイム:1分11秒6 3F:36.9秒
ゼンノパルテノン 牡7歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・松永昌厩舎
単勝:2番710円
複勝:2番170円、4番170円、1番120円
枠連:1-2 480円 馬連:2-4 2300円
枠単:1-2 980円 馬単:2-4 4550円
3連複:1-2-4 2120円
3連単:2-4-1 17320円
ワイド:2-4 760円
    1-2 510円 1-4 360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ゼンノパルテノン無印ではなぁ。
 ガブリンもフジノウェーブも差を詰めてきてはいたんだが...

 でもって、東京スプリントの結果。まぁ、能力差があったもんで最後はひっくり返ってしまったが、ほぼ前残りの競馬といっていいんじゃないでしょうか。 逃げたのは高知のポートジェネラル。これまでも逃げて結果を出しているだけに、ハナを奪って逃げるのは妥当なところ。だけど、もう少し他の馬が絡んでいっても不思議ではなかったんだがなぁ。

 そんなこんなで、すんなりポートジェネラルが逃げたこともあって、前に行った馬、最後まで踏ん張ります。逃げたポートジェネラルはさすがに捕まってしまったが、 これに代わって好位にいたゼンノパルテノンが先頭へ。内からフジノウェーブ、外からガブリンが伸びてきたが、これを振り切り1着でゴールへ。

 というわけで、勝ったのはゼンノパルテノン。まぁ、今回は展開に恵まれた感は否めませんけどね。割り引き必要でしょう。 あとはそれ相応の能力を発揮した結果でしょうな。5着に負けたとはいえビクトリーテツニーもきちんと末脚使っていることだしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。