今週のメインdeパツイチ2009
第27回ニュージーランドトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第27回 ニュージーランドトロフィー 中山・芝1600m  3歳牡牝オープン(GII) 2009年4月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ケイアイテンジン 500万下 1着 芝の前走完敗。現状ではダート向きっぽく。 - -
2 ゴールドエンデバー 500万下 1着 距離も芝も重賞も問題。この条件では辛い。 - -
2 3 ジョーカプチーノ ファルコンS 1着 前走の末脚は素直に評価。重賞連勝も視野に。
4 オメガユリシス 福島2歳S 1着 前走悪くないが今回マイル。距離克服できる? -
3 5 サンカルロ クロッカスS 1着 重賞でも堅実に走る。ただ詰めが甘いのが... -
6 スペシャルクイン 牝500万下 1着 今回牡馬相手だし芝だし。さすがに出番は。 - -
4 7 アドバンスヘイロー ジュニアC 1着 前走案外。OP勝ちの中山で変わればいいが。 -
8 ジョーメテオ つばき賞 1着 前走は流れに乗れず。単騎逃げなら前残りも。
5 9 マイネルエルフ アーリントン 2着 前走今一つもアーリントンCぐらい走れば。
10 アイアンデューク クロッカスS 3着 末脚はかなりのもの。距離さえ克服できれば。
6 11 ダイワプリベール 芙蓉S 1着 共同通信杯12着が問題。一変に期待したいが... - -
12 リスペクトキャット 500万下 1着 今年の成績が散々。しばらく出番なさそうで。 - -
7 13 ツクバホクトオー 新潟2歳S 2着 休み明け後の成績が今一つ。頭打ちか。 - -
14 ティアップゴールド 500万下 1着 中京2歳S7着が問題。重賞では力不足か。 - -
8 15 スガノメダリスト クリスマスS 1着 どこでも手堅く走る馬。重賞でもそれなりに。 -
16 パドブレ ダリア賞 1着 良化スロー。一変を期待するのはさすがに... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第27回ニュージーランドトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第27回ニュージーランドトロフィーの展望と予想とヨタ話
「断念?」の巻

 来週の皐月賞よりも、NHKマイルカップ?
 NHKマイルカップトライアル・第27回NZトロフィー。

 というわけで、このニュージーランドトロフィー。前述の通り、NHKマイルカップへの優先出走権が与えられるトライアルレースなのだが... どちらかというと、距離とか賞金とかそういう諸般の問題で皐月賞を断念した馬ばかりが出てくるのがこのニュージーランドトロフィー。

 まぁ、そんなこんなで今年も同じような傾向に...なるかと思ったが、短距離〜マイル路線に的を絞った馬が多数出走。 きちんとNHKマイルカップのステップとして機能しそうな一戦になりました。

 でもって、そんなニュージーランドトロフィーの予想。短距離〜マイル路線で結果を出している馬が揃っているのだが...抜けている馬がおらず混戦模様。 荒れることが多いレースだけに、今年も一波乱ありそうな雰囲気。前走の敗北で人気落としそうなマイネルエルフ・ジョーメテオ・アドバンスヘイロー・ダイワプリベールや、 重賞勝ち馬にも関わらず距離が問題視されそうなジョーカプチーノ、出遅れ癖があるためなかなか結果を出せなかったジョーカプチーノ辺りで一発狙ってみるのもアリでしょうな。

<第27回ニュージーランドトロフィー予想>

◎ジョーカプチーノ
○アイアンデューク
▲マイネルエルフ
△ジョーメテオ
△スガノメダリスト
△サンカルロ

 とはいえ、どの馬が人気になるかが読めないからなぁ、どうともいえん(笑)

結果

1着サンカルロ
2着ティアップゴールド
3着ジョーカプチーノ
4着マイネルエルフ
5着アイアンデューク

タイム:1分33秒8 3F:35.4秒
サンカルロ 牡3歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・大久保洋厩舎
単勝:5番260円
複勝:5番130円、14番260円、3番240円
枠連:3-7 910円 馬連:5-14 1510円
馬単:5-14 2410円
3連複:3-5-14 3870円
3連単:5-14-3 16950円
ワイド:5-14 590円
    3-5 540円 3-14 1320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ティアップゴールドはきついなぁ...
 そこそこ穴っぽい馬には印打っていたんだが、あと一歩及ばず。

 でもって、ニュージーランドトロフィーの結果。荒れるかと思ったが、比較的無難な結果になりましたな。 勝ったのは1番人気のサンカルロ。2着に5番人気のティアップゴールドが入ってちょいと高配当になったが、 3着・4着には3番人気のジョーカプチーノ、4番人気のマイネルエルフがそれぞれ人気順で入り3連複・3連単はそれほど荒れず。

 レース自体はというと、ファルコンSでは控える競馬で結果を出したジョーカプチーノ・オメガユリシスがなんと先頭へ。 ジョーカプチーノは元々前で競馬する馬だっただけに、こういう位置取りしても不思議ではないんだが...オメガユリシスがついていくとはねぇ。 まぁ、内枠引いたこともあって楽に先手取れただけかもしれませんが。逆に、ハナを奪いにいっても不思議ではないジョーメテオ・リスペクトキャットは後ろからの競馬に。 そんなこんなで、思わぬ隊列になってしまったのだが...ペース自体は前半3ハロン通過が34.9秒とあまり波乱はナシ。このくらいのペースだったら、前に行った馬、最後まで粘ります。

 そんな中、勝った1番人気のサンカルロ。道中は、後方を追走するも終始最内をロスなく立ち回り。そして4コーナーでのコーナーワークで先行集団の後ろまで一気に進出。 あとはちょっと外目に持ち出して、ロスなく立ち回った分溜まっていた末脚を炸裂させ、粘る先行勢を一蹴。最終的にこれら先行勢に2馬身の差をつけ完勝してしまいました。

 そんなこんなで、今回のニュージーランドトロフィー。まぁ、上位陣の能力については素直に認めていいんじゃないでしょうか。 あと、気になるのが2番人気のアドバンスヘイロー。OPでの成績考慮すればもっとやれていい筈なんだが、前走のアーリントンカップ同様今一つの内容でした。 スランプに陥っちゃったのかもなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。