今週のメインdeパツイチ2009
第40回マイラーズカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第40回 マイラーズカップ 阪神・芝1600m  4歳上オープン(GII) 2009年4月18日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リトルアマポーラ エリ女王杯 1着 今回は牡馬が相手。だが展開さえハマれば...
2 2 アブソリュート 東京新聞杯 1着 OP・重賞連勝は評価もこの相手になると... - -
3 3 スーパーホーネット マイルCS 2着 休み明けだが実績を素直に評価。勝ち負け。
4 4 オースミグラスワン 大阪ハンC 3着 末脚は衰えておらず。前崩れなら連対も。 -
5 5 カンパニー 中山記念 1着 相手揃うがこの程度なら大丈夫。連覇も視野に。
6 6 ヒカルオオゾラ エプソムC 2着 前走の準OP楽勝を評価。重賞でも十分やれる。 -
7 7 ビービーガルダン 阪急杯 1着 距離よりも高松宮記念16着が問題。一変は? -
8 タマモサポート 京都金杯 1着 楽に行ける組み合わせ。直線長いが展開次第で。
8 9 ライブコンサート 六甲S 1着 小倉大賞典が負けすぎの感。この相手では辛い。 - -
10 スマイルジャック 日本ダービー 2着 前走3着の評価次第。復活したと考えるなら。 - -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回マイラーズカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第40回マイラーズカップの展望と予想とヨタ話
「少数精鋭」の巻

 短距離〜マイル路線、高松宮記念の次は安田記念が目標に。
 そんな安田記念へのステップ、第40回マイラーズカップ。

 でもって、このマイラーズカップ。前述の通り安田記念へのステップレース...なのだが、安田記念までの間隔が開きすぎていることもあって、 メンバーはそれほど揃わないのがこのマイラーズカップ。大抵の馬は、本番と同じ東京コースで行われる京王杯スプリングカップとか使いますからね。

 まぁ、そんなこんなでこのマイラーズカップ。前述の理由なのかどうかは分からんが、頭数が10頭と今一つ揃いませんでした。 しかし、その頭数の割には妙に濃い馬が揃ったんでいいとしますか。去年のマイルCS2着馬スーパーホーネットに去年のエリザベス女王杯馬リトルアマポーラ、 去年このレースを制したカンパニーに、東京新聞杯勝ちのアブソリュート、京都金杯勝ちのタマモサポート、阪急杯勝ちのビービーガルダンといった実績馬が参戦。 この面子だったら安田記念のステップレースとして十分機能するんじゃないでしょうか。

 ま、それはそれとして、マイラーズカップの予想を。実績馬中心で勝負したいところだが、スーパーホーネット・リトルアマポーラは今回休み明け。 実力でねじ伏せられないこともないが...やはり減点は必要でしょう。ここは順当に使われているカンパニーから入ってみましょうか。 あと、前に行く馬が少ないんでタマモサポートの前残りにも注意必要ですな。直線が長いから大丈夫と思っていると、そのまま押し切られてしまうのがオチですからね。

<第40回マイラーズカップ予想>

◎カンパニー
○タマモサポート
▲スーパーホーネット
△リトルアマポーラ
△ヒカルオオゾラ

 阪急杯ぐらい走ればビービーガルダンもアリなんだが、前走が...

結果

1着スーパーホーネット
2着カンパニー
3着スマイルジャック
4着オースミグラスワン
5着アブソリュート

タイム:1分33秒9 3F:33.7秒
スーパーホーネット 牡6歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:3番240円
複勝:3番130円、5番180円、10番480円
枠連:3-5 530円 馬連:3-5 550円
馬単:3-5 900円
3連複:3-5-10 4900円
3連単:3-5-10 14010円
ワイド:3-5 260円
    3-10 1140円 5-10 1650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。安いことは安いんだが...
 思ったよりもつきましたな。これで馬単900円なら悪くはないでしょ。

 でもって、マイラーズカップの結果。終わってみれば実績馬同士の手堅い決着でしたな。勝ったのはスーパーホーネット。 今回休み明け、暮れの香港以来の競馬だったがきっちり結果を出しました。そして2着には、去年の覇者かつ前走中山記念を勝ったカンパニー。

 レース自体はというと、積極的に行く馬が少なかったこともあって、ビービーガルダン・タマモサポートが前に行って先行争いはすんなり決着。 この後もこの2頭を交わそうとする馬もいなかったもんで、前半3ハロン通過が36.2秒、1000m通過が1:00.2とマイル戦にしては異様に遅いペースになってしまいました。

 そんなこんなで、長い阪神の直線で雌雄を決することに。こういうペースだったら前に行った馬が残っても不思議ではないのだが... あまりにもペースが緩かったもんで「瞬発力がすべて」みたいな結果になってしまいましたな。逃げたビービーガルダン・タマモサポートも34.3秒で上がっているんだが、 他の馬が32-33秒台の末脚使っちゃうんじゃ、さすがに厳しかったようで。直線入った段階でそれなりにアドバンテージ持っていればもう少し抵抗できたのかもしれんが、それもなかったし。

 そんな中、勝ったスーパーホーネットはというと、後方集団から抜け出しじわじわ進出。残り100m付近で好位追走から先頭に躍り出ていたスマイルジャックを交わし先頭へ。 連れてカンパニー・オースミグラスワンも上がってきたが、スーパーホーネットに並びかけるまでには至らず。スーパーホーネット、2着のカンパニーにクビ差をつけ1着でゴールへ。

 というわけで、勝ったのはスーパーホーネット。今回休み明けだったが、何の問題もありませんでしたな。順当勝ち。 2着のカンパニーは今回は後ろからの競馬。まぁ、元々後ろから行く競馬をやってたんで、これはこれで妥当なところでしょうな。これも自分の仕事をきっちりやった、 といった感じでしょうな。あとは、3着のスマイルジャック。日本ダービー2着以降スランプに陥っていたが、前走の3着に続いてここでも3着。しかも、相手強化されたここで あれだけの接戦に持ち込めたのは評価していいでしょう。ほぼ復活したみたいですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。