今週のメインdeパツイチ2009
第14回アンタレスステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 アンタレスステークス 京都・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2009年4月26日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ボランタス 川崎記念 5着 重賞でもそこそこ走るが今回相手手強くて。 - -
2 ダイショウジェット マーチS 2着 今回得意の京都も相手揃った感あって。 - -
2 3 スターシップ 下総S 1着 前走は展開嵌った感有。この相手では。 -
4 ウォータクティクス アルデバラン 1着 今回も楽に先手取れそう。押し切り勝ちも。
3 5 ワンダースピード 名古屋GP 1着 京都5勝。平安Sぐらい走れば勝ち負け。
6 マコトスパルビエロ 平安S 3着 京都の成績案外。平安Sぐらい走ればいいが。 - -
4 7 メイショウシャフト 関越S 1着 最近2ケタ着順多く。京都得意がさすがに... - -
8 フォーティファイド 甲南S 1着 今回さらに相手強くなる。これまで通りには。 -
5 9 エプソムアーロン ドンカスタS 1着 この相手ではさすがに分が悪く。3着まで。 - -
10 サトノコクオー マーチS 3着 末脚評価も京都でどこまで追い込める?
6 11 アドマイヤダンク 桶狭間S 1着 この連勝悪くない。流れに乗れれば上位も。
12 ロールオブザダイス 佐賀記念 2着 交流重賞ならともかく中央の重賞では... - -
7 13 ダイナミックグロウ 阿蘇S 1着 同型強力。行き切れても粘れるかどうか... - -
14 アロンダイト JCダート 1着 復帰後の成績が冴えず。一変は期待薄? - -
8 15 ユウキタイティ マーチS 6着 OPが壁っぽく。重賞では入着がやっとか。 - -
16 メイショウトウコン JCダート 2着 手堅く走るがちと詰め甘くなった感あって。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回アンタレスステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回アンタレスステークスの展望と予想とヨタ話
「1.5流」の巻

 春の古馬ダート路線もそろそろ大詰めに?
 春の大一番・帝王賞へのステップ、第14回アンタレスS。

 そんなこんなで、このアンタレスステークス。フェブラリーステークスがついこの前終わった感があるが...もうすでに春なんですよね。 再来週のGWには船橋でかしわ記念があるし、帝王賞まで残り2ヶ月を切ったし。フェブラリーステークスが終わって一息いれた有力所が戻ってきて、ダート路線が活気づく、 それがこの時期のダート重賞。

 とはいえ、GIでやりあう馬は大体がかしわ記念に行っちゃうんで、そこまでメンバーが揃わないのがこのアンタレスステークス。 実績的には「1.5流の馬が勢揃い」といった感じのメンバー構成に。あとは、賞金が足りないもんでGIに参戦できない準OP勝ち上がり&OP好走馬とかさ。

 でもって、そんな1.5流の馬が集うアンタレスステークスの予想を。時々波乱もあったりするが、別定戦になってからは実績馬が手堅く上位に入ってくるのがこのアンタレスステークス。 手堅く勝負するなら重賞勝ち馬やGI好走馬から入るのが妥当でしょう。あと注意しないといけないのが逃げ・先行馬。平坦な京都コースということもあって、 そこそこ能力ある馬が前で競馬するとそのまま残ってしまいますからねぇ。今回は、前で競馬できる実績馬ワンダースピードや、逃げ切りありそうなウォータクティクス辺りを攻めてみましょうか。

<第14回アンタレスステークス予想>

◎ワンダースピード
○アドマイヤダンク
▲ウォータクティクス
△サトノコクオー
△メイショウトウコン

 能力的にはメイショウトウコン・サトノコクオーもアリなんだが、展開がなぁ...

結果

1着ウォータクティクス
2着ワンダースピード
3着ボランタス
4着マコトスパルビエロ
5着ダイショウジェット

タイム:1分47秒8(R) 3F:36.3秒
ウォータクティクス 牡4歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:4番420円
複勝:4番190円、5番120円、1番820円
枠連:2-3 610円 馬連:4-5 730円
馬単:4-5 1630円
3連複:1-4-5 12420円
3連単:4-5-1 51740円
ワイド:4-5 330円
    1-4 3580円 1-5 2220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 ただ、2着争いがここまで際どくなるとは。あぶねぇ。

 でもって、アンタレスステークスの結果。内枠を引いたこともあってスンナリ先頭に立つことが出来たウォータクティクス。 ペース自体は前半3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:00.6とそれなりのペースで逃げたものの、前日の重馬場が残ったこともあってそう簡単に止まりません。 道中一息入れたもんで一時的には後続馬との差が縮まったりしたが、直線に入ったところで後続馬を突き放しそのままゴールへ。さらに、こういう馬場だったこともあって、 従来の日本レコードを0.6秒も更新するおまけ付き。

 そんなこんなで、勝ったのはウォータクティクス。6連勝で重賞制覇。今回は枠順や馬場条件に助けられた面あったのは確かだが、この勢いは素直に評価していいんじゃないでしょうか。 少なくともエスポワールシチーと同じぐらいの活躍は見込めそうですな。あと、2着のワンダースピード。とりあえず結果は出したが、苦しい内容でしたな。 行きっぷりが悪かったりして万全の状態ではなかったんだろうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。