今週のメインdeパツイチ2009
第21回かしわ記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第21回 かしわ記念 船橋・ダ1600m  4歳上オープン(JpnI) 2009年5月5日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゼンノパルテノン 東京スプ 1着 前走は評価も今回相手が強い。3着まで。 - -
2 2 アタゴビッグマン 二十四万石賞 2着 ダイオライト記念が負けすぎ。交流重賞では... - -
3 3 ディープサマー 東京盃 2着 ここ数戦今一つだが展開さえ嵌れば上位も。 -
4 4 シルクアヴァロン アクアマリン 1着 この条件ではさすがに力不足。出番は。 - -
5 ボンネビルレコード かしわ記念 1着 去年の勝ち馬。南関東での好走あるだけに。
5 6 エスポワールシチー マーチS 1着 この組み合わせなら上位狙える。押し切りも。 -
7 ドリームスカイ 東京ダービー 1着 去年秋以降の成績散々。一変あればいいが... -
6 8 フサイチジャンク 皐月賞 3着 頭打ち。ダで変わり身あればいいが果たして? - -
9 ケイエスショーキ 二十四万石賞 3着 この面子相手では分が悪い。入着も厳しいか。 - -
7 10 フェラーリピサ 根岸S 1着 黒船賞2着がちと気掛かり。巻き返しあれば。
11 カネヒキリ 川崎記念 1着 フェブラリーS3着も差は僅差。ここなら。 -
8 12 フリオーソ 川崎記念 2着 南関東なら相当走る。あとは展開次第で。
13 アジュディミツオー かしわ記念 2着 叩いて変わった。8歳だがまだやれそうで。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第21回かしわ記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第21回かしわ記念の展望と予想とヨタ話
「新旧交代?」の巻

 天皇賞(春)やNHKマイルカップがあったりするが...
 今週はこれも忘れるなよ。交流JpnI・第21回かしわ記念。

 でもって、このかしわ記念。前述の通り、ダートのJpnIということもあってかなり濃い面子が揃う一戦。 さすがに「勢揃い」とはいかないが、去年から今年にかけてGIを勝ちまくったカネヒキリを筆頭に、去年このレースを制したボンネビルレコード、 去年の帝王賞を勝ち、今年の川崎記念でもカネヒキリをいい勝負したフリオーソが出走。さらに、重賞好走あるエスポワールシチー・フェラーリピサ・ゼンノパルテノンや、 前走久々だったが2着に入った実績馬アジュディミツオーもいますからねぇ。ちょっと忘れがちなJpnIですが、その格通りの仕事はしそうな一戦になりましたな。

 ま、それはそれとして、かしわ記念の予想を。フェブラリーステークス"まで"の実績を考慮すれば、カネヒキリ・フリオーソでガチガチの決着になりそうなもんだが... フェブラリーステークスの結果を考えるとねぇ。これまで結果を出してきた馬が4歳馬にあっさり負けてしまっただけに、そろそろ新旧交代の季節なんでないのかと。 力つけてきたエスポワールシチーの逆転も十分あるでしょ。

 ただ、このエスポワールシチー、そのフェブラリーステークスでは4着止まりでしたからねぇ。現状ではここまでの馬なのかもしれませんな。 今回はカネヒキリを中心に据えるのが妥当でしょう。エスポワールシチーは次点ぐらいで。あとは南関東では良く走るフリオーソ・ボンネビルレコードとか、手堅く走るフェラーリピサかな。 前が止まればゼンノパルテノンにもチャンスはありそうだが...船橋でどこまで追い込めるかが問題。前に行く馬もかなりの能力あるだけに、そう簡単に崩れないだろうし...

<第21回かしわ記念予想>

◎カネヒキリ
○アジュディミツオー
▲エスポワールシチー
△フリオーソ
△ボンネビルレコード
△フェラーリピサ

 前走3着で人気落ちるなら妙味あるんだがなぁ、カネヒキリ。

結果

1着エスポワールシチー
2着カネヒキリ
3着フェラーリピサ
4着ボンネビルレコード
5着フリオーソ

タイム:1分35秒9 3F:36.3秒
エスポワールシチー 牡4歳
騎手:佐藤哲三 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:6番320円
複勝:6番120円、11番110円、10番170円
枠連:5-7 260円 馬連:6-11 280円
枠単:5-7 600円 馬単:6-11 660円
3連複:6-10-11 560円
3連単:6-11-10 2040円
ワイド:6-11 150円
    6-10 380円 10-11 250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても、ガチガチですけどね。
 馬単1点勝負とか、買い目絞って3連単ゲットなら悪くはないんだが...

 でもって、かしわ記念の結果。位置取りがいつもと違ったりしていたが、結局、人気馬が順当に上位を確保しましたな。 勝ったのは2番人気のエスポワールシチー。そして2着に1番人気のカネヒキリ、3着に4番人気のフェラーリピサがそれぞれ確保するという順当な結果。

 しかし、前述の通り、各馬位置取りが違っていましたな。内枠引いたエスポワールシチーや逃げて結果を出したフリオーソ辺りがこれまで通りハナにいくかと思ったが...行きませんでしたねぇ。 逆にこれまで控える競馬が多かったフェラーリピサが積極的な競馬。結局、ハナは大外のアジュディミツオー、そしてその後ろにフェラーリピサ、 あとはこれにフリオーソ・カネヒキリが続き、その後ろにエスポワールシチーがつけるという隊列に。

 で、3〜4コーナー付近から各馬スパート。中団にいたエスポワールシチーが一気に捲って先頭に進出。そしてじわりと上がっていったカネヒキリがその後ろ。 直線入ってエスポワールシチー・カネヒキリの一騎打ちになるかと思われたが、カネヒキリの伸びがイマイチでエスポワールシチーの独走態勢に。 最後、ようやくエンジンがかかったカネヒキリが差を詰めてくるも、結局差を詰め切れず。エスポワールシチーが押し切って1着でゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはエスポワールシチー。フェブラリーステークスではカネヒキリに及ばず4着止まりだったが、ここで逆転。 相手が肝心なところで動けなかった(動かなかった?)分勝てたと言えなくはないが、それを差し引いてもこの内容は評価していいんじゃないでしょうか。 逆に負けたカネヒキリ、2着に入ったとはいえ...ねぇ。そろそろ世代交代なんでしょうなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。