今週のメインdeパツイチ2009
第14回NHKマイルカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 NHKマイルカップ 東京・芝1600m  3歳オープン(GI) 2009年5月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゲットフルマークス 京王杯2歳S 1着 前2戦が今一つ。マイルも長い感あって... - -
2 ミッキーパンプキン アーリントン 3着 安定して走るが成績頭打ち気味。GIでは... - -
2 3 ジョーカプチーノ ファルコンS 1着 マイルでもそれなり。ただ前走以上となると。 - -
4 サンカルロ NZトロフィー 1着 少し時計かかる馬場がベスト?上がり勝負だと。 - -
3 5 ツクバホクトオー 新潟2歳S 2着 休み明け後の成績が物足りず。これ以上は... - -
6 アイアンルック 毎日杯 1着 前走の末脚を評価。今回GIだが勝ち負け。 -
4 7 ワンカラット 桜花賞 4着 今回牡馬相手だが桜花賞ぐらい走ればここでも。
8 スガノメダリスト クリスマスS 1着 前走敗因は休み明け&チグハグな競馬。一変も。 -
5 9 マイネルエルフ アーリントン 2着 前に行けばかなり粘る。前残りの展開なら。 -
10 グランプリエンゼル 橘S 1着 連勝は評価もパンチ不足の印象有。ここでは。 - -
6 11 ダイワプリベール 芙蓉S 1着 徐々に良化。芙蓉Sぐらい走ればチャンスも。 -
12 ラインブラッド マーガレット 1着 控える競馬で一変。だが今回相手強くなり... - -
7 13 レッドスパーダ スプリングS 2着 東京マイル2勝。展開の助けあれば上位も。 -
14 タイガーストーン さざんかS 1着 アーリントンC5着が問題。ここでは力不足か。 - -
15 ティアップゴールド NZトロフィー 2着 前走2着も内容悪くなく。連下なら十分ある。 -
8 16 ブレイクランアウト 共同通信杯 1着 共同通信杯強い内容。相手手頃なここなら。 -
17 アドバンスヘイロー ジュニアC 1着 前走は度外視していい内容。巻き返し期待。
18 フィフスペトル 朝日杯FS 2着 詰め甘いのが問題。それなりに走りそうだが... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回NHKマイルカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回NHKマイルカップの展望と予想とヨタ話
「ステップレース?」の巻

 今週から東京競馬場で怒濤のGIラッシュ。
 そんな東京一発目のGIはこれ。第14回NHKマイルカップ。

 で、このNHKマイルカップ。距離とか賞金・出走権の問題で日本ダービーを断念、もしくは最初から狙っていない馬が集うのがこのNHKマイルカップなのだが... 最近は皐月賞を使わずに、このNHKマイルカップからダービーに向かう馬もちらほら。実際、タニノギムレットやキングカメハメハ、ディープスカイがここ経由でダービーに向かい、そして結果を出していますからね。 NHK"マイル"カップと銘打っているだけに「3歳マイル王決定戦」と考えたくなるが、そうとも言えないのがこのNHKマイルカップ。

 しかし、今年のNHKマイルカップは純粋に「3歳マイル王決定戦」という位置付けでいいんじゃないでしょうか? 皐月賞を回避してこっちに出てきたブレイクランアウトやレッドスパーダといった馬もいることはいるが、ダービーを目標としている訳ではなさそうだし。 他の馬も「中距離からの距離短縮してでここへ」というよりも「短距離から距離延長でここへ」という馬ばかりだしさ。

 そんなこんなで、NHKマイルカップの予想を。重賞の勝ちっぷりからして「共同通信杯勝ちのブレイクランアウトか、毎日杯勝ちのアイアンルックか」という 二強対決の構図にしてしまいがちだが...実際のところ、この2頭、それほど抜けた存在ではないのかもしれませんな。ブレイクランアウトは共同通信杯を楽勝するも、 そこで破った相手がその後青葉賞で2・3着程度に終わるという微妙な結果だっただけに、レベル的には「?}な一戦だった可能性も。一方、アイアンルックはというと、 展開云々あったにせよアーリントンカップで4着に負けてますからね。この二強、それ相応に隙を抱えていると考えるのが妥当でしょう。

 となれば、他の馬にもチャンスは十分あるでしょう。NZトロフィー上位馬とか冬場の短距離〜マイルOP上位馬とかさ。 あと、牝馬だが桜花賞でブエナビスタ相手にいい勝負したワンカラットもアリでしょうな。人気が前述の2頭に集まるようなら、 ちょっと一捻りしてここいらの馬から勝負するのも妙味あるんじゃないでしょうか。

<第14回NHKマイルカップ予想>

◎アイアンルック
○アドバンスヘイロー
▲ブレイクランアウト
△ティアップゴールド
△ワンカラット
△フィフスペトル

 でも、末脚はこの2頭が圧倒的だからなぁ。上がり勝負だと他馬の出番ないかも...

結果

1着ジョーカプチーノ
2着レッドスパーダ
3着グランプリエンゼル
4着マイネルエルフ
5着フィフスペトル

タイム:1分32秒4 3F:35.2秒
ジョーカプチーノ 牡3歳
騎手:藤岡康太 厩舎:栗東・中竹厩舎
単勝:3番3980円
複勝:3番1120円、13番380円、10番2850円
枠連:2-7 1320円 馬連:3-13 14180円
馬単:3-13 39660円
3連複:3-10-13 318540円
3連単:3-13-10 2381660円
ワイド:3-13 3920円
    3-10 19610円 10-13 11750円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、ジョーカプチーノですか...
 距離はともかく、NZトロフィー3着で大方決着済と思ったんだが。

 でもって、NHKマイルカップの結果。勝ったのは10番人気のジョーカプチーノ。ゲットフルマークスが一頭飛ばす中、離れた2番手を追走。 ペース自体は前半3ハロン通過が34.3秒、1000m通過が0:57.2とかなりの速さだったが、馬場状態が良かったこともあって前に行った馬、そう簡単に止まりません。 逃げたゲットフルマークスはさすがに止まってしまったが、離れた2番手にいたジョーカプチーノ、そしてさらに離れたところで好位集団を形成していたレッドスパーダ・グランプリエンゼルは直線に入ってもその勢いは衰えず。

 こういう流れでも、東京の長い直線ならば瞬発力がある馬がそれなりに伸びてくるはずなのだが...ブレイクランアウトやアイアンルックといった末脚自慢の馬がまるで伸びず。 で、結局2番手追走から直線で力強く抜け出してきたジョーカプチーノの独走態勢になり、そのまま押し切り勝ち。2着以下も好位にいた馬がそのまま居残ってしまい、終わってみれば典型的な前残りの競馬に。

 という訳で、勝ったジョーカプチーノ。展開云々はあるだろうけど、この勝ちっぷりとNHKマイルカップレコードの1:32.4という結果は評価していいんじゃないでしょうか。 これまでの敗戦は、重馬場だったクロッカスSや前走のNZトロフィーみたいに時計のかかる馬場を苦手としたものだったのかもしれませんな。逆に、直線で伸びがイマイチだった人気のブレイクランアウト・アイアンルックはどうなんでしょうかねぇ? 単に不利が堪えただけかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。