今週のメインdeパツイチ2009
第4回ヴィクトリアマイル出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第4回 ヴィクトリアマイル 東京・芝1600m  4歳上牝オープン(GI) 2009年5月17日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ショウナンラノビア 卯月S 1着 前走強い内容だったが今回相手手強くて... - -
2 ブラボーデイジー 福島牝馬S 1着 前走は馬場に助けられた面有。ここでは。 - -
2 3 マイネレーツェル ローズS 1着 少し時計かかる方がいい。ガチの瞬発力勝負は... - -
4 ブーケフレグランス 難波S 1着 凡走多いが時計出る馬場なら一変の可能性も。 -
3 5 ザレマ 阪神牝馬S 2着 牝馬同士なら堅実に走るも詰めちと甘くて。 -
6 ウオッカ 天皇賞秋 1着 帰国初戦。去年みたいなことがなければ。 -
4 7 レッドアゲート フローラS 1着 ピリッとしない。重賞勝ちの東京で変わる? - -
8 チェレブリタ 京都牝馬S 1着 一発ある馬だが前走の9着が気掛かりで... - -
5 9 セラフィックロンプ 愛知杯 1着 休み明け後の2戦が負けすぎ。さすがに... - -
10 ムードインディゴ 秋華賞 2着 前走は馬場&休み明けで度外視。一変あれば。 -
6 11 ヤマニンメルベイユ クイーンS 1着 去年の4着馬。楽に行ければ去年以上も狙える。 -
12 ジョリーダンス 阪神牝馬S 1着 末脚未だ健在。東京マイルで好走ある馬だし。
7 13 リトルアマポーラ エリ女王杯 1着 去年秋の成績を素直に評価。叩き2戦目で。 -
14 カワカミプリンセス エリ女王杯 2着 牡馬相手に好走した前走を評価。ここなら。 -
15 サワヤカラスカル 阪神牝馬S 4着 前2戦を一応評価。展開次第で3着なら。 -
8 16 アルコセニョーラ 新潟記念 1着 東京では思ったほど走らず。だが展開次第で。 -
17 レジネッタ 桜花賞 1着 成績尻すぼみ。巻き返しに期待したいが... - -
18 ヤマニンエマイユ 阪急杯 8着 重賞で入着すらできない現状ではとてもとても。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第4回ヴィクトリアマイル枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第4回ヴィクトリアマイルの展望と予想とヨタ話
「今週...も?」の巻

 先週は3歳馬によるマイルGIでしたが...
 今週は古馬牝馬によるマイルGI。第4回ヴィクトリアマイル。

 でもって、今回のヴィクトリアマイル。去年同様ドバイからの帰国初戦となるウオッカの動向が気になるところ。 そんなウオッカ、去年は、相手がそれほど揃っていないこともあって順当勝ち...かと思いきや、 帰国後今一つ調整しきれなかったようで直線で思いの外伸びず2着止まり。

 で、今年も同じようにドバイ帰り初戦にこのヴィクトリアマイルを使ってきたのだが...どうなんでしょうねぇ。今年は遠征先での結果が今一つ。 去年よりも今回の相手関係は多少楽にはなるのは歓迎だが、どこまで巻き返せるんでしょうか。まぁ、去年みたいに調整不足なんてことがなければ、 この程度の相手だったら力でねじ伏せてしまうんでしょうけど。

 しかしだ。先週のNHKマイルカップの内容を考慮するとねぇ。能力がどうのこうの言う前に、そんな能力通りの決着になることすら危うかったりしますからね。 先週みたいに今週も前に行った馬が止まらなかったりするとまた一波乱あっても不思議ではないでしょう。さらに、週末は雨模様。馬場が渋ったら渋ったで、 瞬発力勝負したい馬が思うように力を発揮できない可能性も十分。

 先週みたいに馬場が軽く前が止まらない展開なら、前に行くヤマニンメルベイユや時計勝負で結果を出しているブーケフレグランス辺りの大駆けが見込めそうだし、 雨が降って馬場が渋ればマイネレーツェルやアルコセニョーラ、チェレブリタ、ブラボーデイジーといった多少時計が掛かる馬場での末脚勝負に強い馬の台頭もあるんじゃないでしょうか。 まぁ、この辺りの選択は当日の馬場状態やレース結果で判断するしかないんだろうけど...

<第4回ヴィクトリアマイル予想>

◎ウオッカ
○ブーケフレグランス
▲リトルアマポーラ
△ジョリーダンス
△カワカミプリンセス
△ザレマ

 とはいえ、ウオッカも最近先行して結果出してることを考えるとなぁ...

結果

1着ウオッカ
2着ブラボーデイジー
3着ショウナンラノビア
4着ザレマ
5着ジョリーダンス

タイム:1分32秒4 3F:33.8秒
ウオッカ 牝5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:6番170円
複勝:6番120円、2番1000円、1番550円
枠連:1-3 1200円 馬連:2-6 5310円
馬単:6-2 6410円
3連複:1-2-6 19770円
3連単:6-2-1 80580円
ワイド:2-6 2130円
    1-6 1030円 1-2 5370円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、ウオッカはこんなもんでしょうなぁ。
 しかし、2着以下が厳しい。1枠の2頭はさすがになぁ...

 でもって、ヴィクトリアマイルの結果。なんというか...拍子抜けするぐらいアッサリ勝ってしまいましたな。ウオッカ、2着に7馬身もの差をつけ完勝。 去年が去年だっただけに、海外遠征帰りの初戦でどこまでやれるか不安な面があったし、さらに今年の海外遠征結果が去年と比べかなり悪い内容だったことを考えると、 「年齢も年齢だし、そろそろ衰えが...」という懸念もあったが、蓋を開けてみればこれですからねぇ。杞憂でしたな。

 レース自体は、内枠引いたこともあってショウナンラノビアがハナへ。そして同じく内目の枠を引いたブーケフレグランス・ブラボーデイジーがこれを追走。 で、これら先行集団を見る形で好位から競馬したのが勝ったウオッカ。前半3ハロン通過が34.7秒、1000m通過が0:58.6とペース的にも波乱はなく、各馬能力は十分発揮できる流れに。

 で、あとはご存じの通り。好位にいたウオッカ、直線に入って前にいた先行集団を早め早めに料理し先頭に立つと、あとは一方的に差を広げるだけ。 結局、独走態勢になったウオッカ、2着に7馬身もの差をつけゴールへ。そして、前に行ったブラボーデイジー・ショウナンラノビアが後続の追撃をなんとか凌いで2・3着確保。

 そんなこんなで、終わってみれば先週のNHKマイルカップ同様前残りの競馬といっていい結果だったのだが...そういう展開利があったにしてもウオッカは別格でしたな。 出走馬の中ではダントツに速い上がり3ハロン33.4秒を叩き出す始末(ちなみに2番手がヤマニンエマイユの33.8秒、3番手が34.2秒のザレマ・ムードインディゴ)。 これでは他の馬、太刀打ちできませんわな。格の違いを散々見せつけられた一戦、まぁ、そんなところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。