今週のメインdeパツイチ2009
第11回東京ジャンプステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 東京ジャンプステークス 東京・芝3300m  3歳上オープン(J.GIII) 2009年6月13日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ニホンピロファイブ 障・オープン 1着 今回は前走ほど楽できそうになく。様子見。 - -
2 2 クールジョイ 京都ハイJ 3着 前走3着で立ち直った?もう少し様子見。 - -
3 3 リワードプレザン 中山GJ 2着 長期休養明け3戦目。そろそろ出番か?
4 バトルブレーヴ 阪神ジャンプ 2着 前2戦が負けすぎの感有。ちと厳しいか。 - -
4 5 エイシンボストン 障・オープン 1着 OPでまずまずの走り。重賞でもそれなりに。
6 マウントフォンテン 障・オープン 8着 ここ数戦サッパリ。一変を期待するのは... - -
5 7 ハイヤーザンヘブン 障・オープン 3着 ハナ奪っても重賞では粘りきれそうになく。 - -
8 オープンガーデン 中山GJ 3着 能力あるが展開が鍵。前崩れにならないと。 -
6 9 ノボライトニング 東京ハイJ 7着 最近大敗ばかり。叩き2戦目だが一変は? - -
10 ミヤビペルセウス 阪神SJ 3着 ちと詰めが甘い。仕掛け所が難しく。 - -
7 11 スズカスペンサー 京都ハイJ 2着 重賞でもあっさり連対。この勢いなら。 -
12 ジャイアンツエール 障・オープン 1着 たまに一発ある馬だが重賞ではさすがに。 -
8 13 コウヨウウェーブ 春麗ジャンプ 1着 東京に良績集中。楽に行ければ押し切りも。
14 ヘンリーゴンドーフ 障・オープン 1着 能力はまずまずも仕掛け所が問題で。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回東京ジャンプステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第11回東京ジャンプステークスの展望と予想とヨタ話
「グレードダウン」の巻

 秋までにちょいと一稼ぎしたい馬が集結?
 春のジャンプ路線の締めくくり、第11回東京ジャンプステークス。

 でもって、この東京ジャンプステークス。去年までは、J.GIIの東京ハイジャンプだったが、京都ハイジャンプと京都ジャンプステークスが春と秋でトレードしたように、 この東京ハイジャンプも秋の東京オータムジャンプとトレード。まぁ、その結果グレードが下がってしまいましたが。

 で、この東京ジャンプステークス。去年までは、中山グランドジャンプ終了後の次の目標としてそれなりに機能し、それ相応の有力馬を集めていたのだが... グレードダウンしたのが微妙に影響したのか面子がやや貧素に。中山グランドジャンプ使った余力で京都ハイジャンプを使い、あとは一休みして秋に備える、 そんなパターンでここを回避した有力馬もいるのかもしれませんなぁ。

 まぁ、それはともかく、東京ジャンプステークスの予想を。面子が貧素といっても一応重賞好走馬もいることだし、手堅く勝負するならこの辺りから入ればいいのだが... どの馬も勝ち切るほどの結果を出していないのがなぁ。京都ハイジャンプで2・3着とか、そんな緩い内容ばかり。まぁ、入障して[2-1-0-0]、 重賞初挑戦となった京都ハイジャンプできっちり2着確保したスズカスペンサーは、まだ上積みありそうだし期待していいんだろうけど、他はどうなんだろう? ここは、オープンできっちり結果を出しているエイシンボストン・コウヨウウェーブ・ヘンリーゴンドーフの方が良いのかも。

<第11回東京ジャンプステークス予想>

◎スズカスペンサー
○コウヨウウェーブ
▲エイシンボストン
△ヘンリーゴンドーフ
△リワードプレザン

 あとは叩き3戦目でそろそろ一変ありそうなリワードプレザンとか。

結果

1着エイシンボストン
2着オープンガーデン
3着ミヤビペルセウス
4着バトルブレーヴ
5着ジャイアンツエール

タイム:3分37秒4 3F:40.7秒
エイシンボストン 牡7歳
騎手:西谷誠 厩舎:栗東・松永昌厩舎
単勝:5番550円
複勝:5番200円、8番300円、10番360円
枠連:4-5 2430円 馬連:5-8 2700円
馬単:5-8 4820円
3連複:5-8-10 10310円
3連単:5-8-10 55380円
ワイド:5-8 830円
    5-10 1150円 8-10 1610円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。軸馬がさっぱりではなぁ。
 エイシンボストンは一応来たけど、他の馬がまるでダメでした。

 でもって、東京ジャンプステークスの結果。前走オープン勝ちのエイシンボストンが連勝で重賞制覇。 そしてペガサスジャンプ勝ち馬で中山グランドジャンプ3着のオープンガーデンが2着を確保。 まぁ、結果を出している馬がここでも結果を出すのは不思議でもなんでもないのだが...スズカスペンサー、負けすぎだよなぁ。見所なく11着に敗北。

 レース自体は、2番手集団から駒を進めたエイシンボストンが2周目入った辺りで徐々に進出。あとは、直線に入ったところで前にいたバトルブレーヴを交わし、独走態勢に。 オープンガーデンもこれについてきたが...追いつくことが出来ず。結局、エイシンボストンがそのまま押し切って1着でゴール。2着はオープンガーデン、3着以下は好位にいた組が居残り。

 そんなこんなで、勝ったのはエイシンボストン...なのだが、どういう評価するべきか難しいところ。中山グランドジャンプ3着馬を破ったり、 3着以下に5馬身もの差をつけていることを考えれば上々の内容なのだが、出走馬のレベルが今一つだっただけなのかもなぁ...



インデックストップへ


Visiter'z : (since 2000/05/25)
注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。