今週のメインdeパツイチ2009
第11回ジャパンダートダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 ジャパンダートダービー 大井・ダ2000m  3歳オープン(JpnI) 2009年7月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キタサンアース 九州ダービー 4着 地元重賞で入着までの馬。この条件では。 - -
2 2 アラベスクシーズ 北海優駿 1着 この相手ではさすがに。あって3着までか。 -
3 3 テスタマッタ 出石特別 1着 能力は通用しそうだが距離と展開が問題で。 -
4 4 スーニ 全日本2歳 1着 前走2着に敗れるもそれは展開の差。逆転も。 -
5 ワンダーアキュート あおぎりS 1着 人気以上に走る馬。嵌ればそれなりに。 -
5 6 グロリアスノア ユニコーンS 2着 重賞で結果出す。ただ今回さらに相手強化で。
7 ロマ 若竹賞 1着 重賞での結果が今一つ。今回牡馬相手だし... - -
6 8 シルクメビウス ユニコーンS 1着 重賞勝ち評価も大井では仕掛け所が課題で。 -
9 ダイナマイトボディ 東海ダービー 1着 中央挑戦の前走が負けすぎ。ここでは。 - -
7 10 サイレントスタメン 東京ダービー 1着 相手強化が問題。前崩れならチャンスだが。
11 カゲワフマセナイ 耶馬渓特別 1着 単騎で行けてもこの相手ではどこまで。 - -
8 12 ゴールデンチケット 兵庫CS 1着 外枠がちと気になるが兵庫CSぐらい走れば。
13 トウホクビジン 東海ダービー 2着 交流重賞で入着すら厳しい馬。この条件では。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回ジャパンダートダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第11回ジャパンダートダービーの展望と予想とヨタ話
「どっち?」の巻

 これで春シーズン終了...といっても、すっかり夏競馬モードですが。
 締めくくりは3歳ダート王決定戦・第11回ジャパンダートダービー。

 まぁ、そんなこんなでこのジャパンダートダービー。前述の通り、3歳ダート王決定戦ということもあって、 3歳ダート路線で活躍した馬が勢揃いするのがこのJDダービー。今年も兵庫CS1・2着のゴールデンチケット・スーニに、 ユニコーンS1・2着のシルクメビウス・グロリアスノア、東京ダービー勝ちのサイレントスタメンといった3歳ダート路線の主役がここに集結!

 というわけで、3歳ダート王決定戦に相応しい一戦となった今回のジャパンダートダービー。前述の実績残している馬中心でいいのだが、問題はその順序。 ある程度直接対決していればいいのだが、それぞれ別々の路線で戦っていたもんで今回初対決というケースが多いからなぁ。接点がほどんどない兵庫CS組とユニコーンS組の能力比較が今回のポイントですな。

 あとは展開。今回の有力所、後ろから行く馬も多いですからねぇ。ユニコーンS勝ちのシルクメビウスや東京ダービー勝ち馬のサイレントスタメンとかさ。 前崩れになれば問題ないんだろうけど...実際は「前に行ったゴールデンチケットが止まらない」なんてことになりそうな気が。今回はゴールデンチケットから入って、 好位から競馬できるスーニ・グロリアスノアへ、という順序で買うのが正解かな。差し・追い込み勢は3着までと考えるのが妥当かも。

<第11回ジャパンダートダービー予想>

◎ゴールデンチケット
○ワンダーアキュート
▲スーニ
△グロリアスノア
△シルクメビウス
△サイレントスタメン

 スーニが早め早めの競馬するなら逆転も望めそうだが...さて?

結果

1着テスタマッタ
2着シルクメビウス
3着ゴールデンチケット
4着グロリアスノア
5着ワンダーアキュート

タイム:2分04秒5 3F:37.3秒
テスタマッタ 牡3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:3番1180円
複勝:3番270円、8番140円、12番140円
枠連:3-6 3110円 馬連:3-8 2720円
枠単:3-6 6560円 馬単:3-8 6950円
3連複:3-8-12 3480円
3連単:3-8-12 28130円
ワイド:3-8 670円
    3-12 650円 8-12 260円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。そっち来ちゃったか...
 ゴールデンチケットは残ったんだが、3着ではなぁ。うーん。

 でもって、ジャパンダートダービーの結果。勝ったのはスーニでもゴールデンチケットでもシルクメビウスでもなく、テスタマッタ。 ダート使うようになって一変。500万下から3連勝で一気に頂点まで上り詰めてしまいました。

 レース自体はゴールデンチケットが逃げ、それをスーニ・ワンダーアキュート・グロリアスノアが追走。まぁ、この辺りは想定の範囲内なのだが、 ここ数戦後ろから行く競馬で結果を出していたシルクメビウス・テスタマッタも今回は早め早めの競馬。この先頭集団のすぐ後ろを追走。 結果的に言えばこれが正解でしたな。直線入ったところで逃げたゴールデンチケットがそのまま押し切りを計ろうとするも、これを射程距離圏内におさめていたテスタマッタ・シルクメビウス、 一伸びして残り200mを過ぎた辺りでこれをあっさり料理。あとはこの二騎の争いに...なるかと思われたが、シルクメビウスが思ったほど伸びずテスタマッタの独走態勢に。 結局、テスタマッタがシルクメビウスを突き放し2馬身の差をつけ勝利。

 しかしなぁ、兵庫CS組でもユニコーンS組でもなく、全く別路線から参戦してきたテスタマッタが勝っちゃうとはなぁ。 結果的には「ユニコーンS組>兵庫CS組」なんだろうけど...テスタマッタが勝ったことを考慮すると、この2つの組、 結果は出していたが極端に抜けた存在ではなかったんでしょうなぁ。夏場に力をつけてきた馬が一気に台頭して勢力図を塗り替える、 なんてこともあるんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。