今週のメインdeパツイチ2009
第45回七夕賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 七夕賞 福島・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2009年7月12日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミストラルクルーズ 七夕賞 2着 去年の2着馬。前2戦今一つも一変あれば。 -
2 トウショウシロッコ AJC杯 3着 この条件なら巻き返しあっていい。ヒモで。 -
2 3 ドリームフライト オリオンS 1着 オープン・重賞で2桁着順ばかり。一変は... - -
4 レオマイスター ラジオNIKKEI 1着 福島で重賞勝ちある馬。前走ぐらいはやれる。
3 5 エリモハリアー 函館記念 4着 去年の成績今一つ。今回久々だし様子見。 - -
6 カンファーベスト ダービー卿CT 5着 前2戦がさっぱり。一変を期待するのは... - -
4 7 イケトップガン 但馬S 1着 重賞でも好走ある馬。ハンデも53kgだし。 -
8 アルコセニョーラ 新潟記念 1着 ローカル場得意。53kgだし展開向けば。
5 9 シルバーブレイズ ジューンS 1着 準OPでの走りを評価。ハンデ手頃で重賞でも。
10 ナイアガラ 米子S 7着 多少の上積みは見込めそうだがこの相手では。 - -
6 11 デストラメンテ むらさき賞 1着 前走は嵌った感あって。相手強化のここでは。 - -
12 グラスボンバー 福島記念 3着 この条件手堅く走る。去年以上も狙える。
7 13 ホッコーパドゥシャ 福島民報杯 1着 前走のエプソムCが案外。重賞では厳しいか? - -
14 ミヤビランベリ 目黒記念 1着 去年の勝ち馬。去年よりハンデ+4kgも怖い。 -
8 15 シャドウゲイト 金鯱賞 2着 前走2着で復活?もう一戦みたいところだが。 - -
16 ワンモアチャッター 小倉記念 8着 後方追走からちょろっと伸びる競馬ばかりでは。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回七夕賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第45回七夕賞の展望と予想とヨタ話
「届かぬ願い?」の巻

 願いは嵐の前に散ってしまうのか?
 波乱を呼ぶハンデ重賞。第45回七夕賞。

 そんなこんなで、この七夕賞。前述の通り、一時期は1番人気が何十連敗して波乱続きのレースだったのがこの七夕賞。 ここ数年は比較的人気所も適度に絡んで平穏な結果が続いたが...去年は大波乱。7番人気のミヤビランベリが勝ち、 2着に11番人気のミストラルクルーズが入ったもんで3連単は35万馬券という大荒れの結果に。

 で、今年の七夕賞。去年の流れを引き継いで荒れるのか、それとも比較的無難な決着で一昨年までの流れを取り戻すのか、 どっちに乗るかが今回の七夕賞のポイントなんだろうけど...難しいところですなぁ。出走メンバーをみても、実績馬で順当に決まっても不思議ではないし、 思わぬ馬が大駆けしても不思議ではないし。そんなどっちつかずの七夕賞。

 ただ、先週辺りから「大外を回って突っ込んでくる」ことが多くなってきましたからねぇ。この七夕賞、人気のあるなしに関わらず 逃げ馬が逃げ残ることが多いレースなのだが、今年はそこまで期待はできないんじゃないでしょうか?去年の勝ち馬ミヤビランベリ、 金鯱賞2着のシャドウゲイト辺りが先手取るんでしょうけど、今回はこの辺りはおさえにして差し・追込馬で勝負するのが正解なのかもしれませんな。 ラジオNIKKEI賞や阿武隈Sで差して結果を出したレオマイスターや、新潟記念・福島牝馬Sで一発カマしたアルコセニョーラ、中日新聞杯でいい脚使ったイケトップガンとかさ。

<第45回七夕賞予想>

◎レオマイスター
○シルバーブレイズ
▲イケトップガン
△アルコセニョーラ
△グラスボンバー
△ミヤビランベリ

 あと、ハンデ妙味あるシルバーブレイズも。

結果

1着ミヤビランベリ
2着アルコセニョーラ
3着ホッコーパドゥシャ
4着トウショウシロッコ
5着デストラメンテ

タイム:2分00秒2 3F:35.3秒
ミヤビランベリ 牡6歳
騎手:北村友一 厩舎:栗東・加藤敬厩舎
単勝:14番460円
複勝:14番180円、8番270円、13番200円
枠連:4-7 740円 馬連:8-14 2090円
馬単:14-8 3970円
3連複:8-13-14 3780円
3連単:14-8-13 21170円
ワイド:8-14 880円
    13-14 500円 8-13 920円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。それなりに来たんだが...
 人気所だし、印薄めでタテ目になっちゃうんではなぁ。うーむ。

 でもって、七夕賞の結果。荒れる荒れないの流れで言えば、荒れない決着でしたな。勝ったのは1番人気のミヤビランベリ。 去年みたいに単騎逃げで押し切る形ではなかったが、今年もきっちり仕事して七夕賞連覇達成。2着以下も4番人気のアルコセニョーラ、 2番人気のホッコーパドゥシャという人気馬同士の決着に。

 レース自体は、ドリームフライト・ナイアガラが逃げ、それを追いかける形でミヤビランベリ。しかし、これも途中まで。 外を回ったこれらの馬を尻目に最内を回ったグラスボンバーが3〜4コーナーでのコーナーワークで一気に先頭へ。 で、そのグラスボンバー、その勢いのまま後続を突き放しにかかるが...やはり今の福島、外を回った馬の方が有利。 ミヤビランベリやアルコセニョーラ、ホッコーパドゥシャといった外を回った馬に逆襲され終了。

 で、これらの外を回った馬から抜け出してきたのが、勝ったミヤビランベリ。ここ数戦同様好位追走から抜け出して1着でゴールへ。 福島開催最終週ということもあって、多少時計がかかったことも幸いしたんでしょうな。57kg背負っても余裕の処理。 まぁ、今回は「順当勝ち」といったところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。