今週のメインdeパツイチ2009
第13回スパーキングレディーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 スパーキングレディーカップ 川崎・ダ1600m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2009年7月15日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマトマリオン TCK女王盃 1着 能力あるが展開が鍵。仕掛け所次第。
2 2 ラヴェリータ 関東オークス 1着 前走圧勝評価も今回古馬が相手なのが...
3 3 ミスジョーカー マリーンC 8着 交流重賞で入着出来ず。ここでは辛い。 - -
4 4 クィーンオブキネマ ギャラクシー 2着 前2戦が負けすぎも相手楽だし一変も。
5 ダンシングパール 高知A2 2着 この条件では厳しい。入着すら望めぬ。 - -
5 6 オグリオトメ 菜の花特別 3着 2桁着順連発。この条件では出番なし。 - -
7 ベルモントプロテア マリーンC 5着 前走の5着が精一杯の感有。ここでは。 - -
6 8 シスターエレキング エンプレス杯 2着 交流重賞の好走を評価。中央勢相手でも。
9 ヴィクトリーパール ローレル賞 1着 3歳になってからの成績が散々。出番は。 - -
7 10 アンペア エーデル賞 1着 前走3着で立ち直ったか。軽視は禁物。 -
11 メイショウバトラー マリーンC 1着 斤量負担増も前走ぐらい走ればここも。 -
8 12 マイネプレリュード 弥生特別 8着 自己条件で全く歯が立たず。ここでは。 - -
13 トキノミスオース ロジータ記念 1着 牝馬限定戦なら多少は走る。だが入着まで。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回スパーキングレディーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第13回スパーキングレディーカップの展望と予想とヨタ話
「ニューカマー」の巻

 もう夏ですが...春のダート牝馬路線の総仕上げ?
 古馬・3歳馬勢揃い。第13回スパーキングレディーカップ。

 という訳で、このスパーキングレディーカップ。牝馬限定の交流重賞ということもあって、 ヤマトマリオンやメイショウバトラーといったこの条件ではお馴染みの馬が出走してくるのは、まぁ「お約束」という奴なのだが... この頃から3歳馬もぼちぼち出てきます。この辺りがどこまでやれるのか、そこが鍵。

 ...といってみたものの、今回の出走馬のレベルを考えると3歳馬も狙わないとダメでしょうなぁ。 古馬の有力所はヤマトマリオンとメイショウバトラーぐらい。逆に3歳馬は関東オークスを楽勝したラヴェリータですからね。 斤量差もあることだし、マークはしておかないと...

 で、あとは順序。思い切ってラヴェリータから入ってもいいんだが、一応重賞実績を考慮してヤマトマリオンから入りましょうか。 流れに乗れないと取りこぼしてしまうかもしれませんが。で、相手にラヴェリータ、そしてメイショウバトラー...と言いたいところだが、 馬券的な妙味がないんで、一発狙いでアンペアとかクィーンオブキネマ入れてみましょうか。

<第13回スパーキングレディーカップ予想>

◎ヤマトマリオン
○アンペア
▲ラヴェリータ
△メイショウバトラー
△クィーンオブキネマ
△シスターエレキング

 ただ、オッズがあまりにも偏るならば、見送るのもアリかな。

結果

1着ラヴェリータ
2着クィーンオブキネマ
3着メイショウバトラー
4着ベルモントプロテア
5着アンペア

タイム:1分39秒7 3F:38.8秒
出走取消:13番
ラヴェリータ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松元茂厩舎
単勝:2番140円
複勝:2番100円、4番150円、11番120円
枠連:2-4 720円 馬連:2-4 700円
枠単:2-4 850円 馬単:2-4 1060円
3連複:2-4-11 670円
3連単:2-4-11 2640円
ワイド:2-4 230円
    2-11 160円 4-11 450円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。にしても、この配当ではなぁ。
 軸馬は散々だし○が来ても単勝140円では苦しいッス。

 でもって、スパーキングレディーカップの結果。3歳馬だったが、何の問題もありませんでしたな。勝ったのはラヴェリータ。 古馬相手、さらに重賞勝ち馬ということもあって54kgと3歳馬にしては背負わされたりしたが、蓋を開けてみれば2着に3/4馬身の差をつけ勝利。

 レース自体は、クィーンオブキネマが逃げ、それをシスターエレキング・メイショウバトラーが追走。そしてその後ろに勝ったラヴェリータ。 3・4コーナーの勝負所でシスターエレキングが後退し、メイショウバトラー・ラヴェリータが2番手集団に。そして、中団につけていたヤマトマリオンが外から捲って進出。

 で、これら人気所が直線で一騎打ち...になるかと思いきや、逃げたクィーンオブキネマが止まらず独走態勢のまま。伸びてきたのは内にいたラヴェリータだけ。 で、あとはこの2頭の争いに。クィーンオブキネマもかなり粘ったが、最後ラヴェリータがぐいっと抜け出しそのままゴールへ。 3着にはベルモントプロテア・アンペアを振り切ったメイショウバトラーが確保。

 しかしなぁ、古馬勢もそれなりの実績馬が揃っていたにも関わらず、こうもあっさり3歳馬にやられちゃうとはねぇ。 これで一気に世代交代の波が押し寄せてくるのかも...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。