今週のメインdeパツイチ2009
第14回クラスターカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 クラスターカップ 盛岡・ダ1200m  3歳上オープン(JpnIII) 2009年8月14日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウバトラー マリーンC 1着 近走評価。今回牡馬相手もそれなりには。
2 2 ニシノデュー 飛騨牛C 6着 中央OPで好走していた頃の勢いなく。辛い。 - -
3 3 メタモルキング 早池峰賞 2着 流れに乗れればそれなりに走るが重賞では... -
4 トーホウライデン 早池峰賞 3着 マーキュリーCで決着済。交流重賞では。 - -
4 5 コパノオーシャンズ 北九州短距離 3着 未勝利以来のダート。こなせれば出番も。
6 タマモホットプレイ 京王杯SC 4着 プロキオンS5着を評価。ここなら連も。
5 7 リワードパットン 姫路港50周年 3着 兵庫GTの結果がさっぱり。力の差あって。 - -
8 トーセンブライト 黒船賞 1着 仕掛け所が問題。黒船賞ぐらい走れば... -
6 9 ゼンノスカイブルー 磯ノ木特別 6着 前走ビリではどうにもならん。今回重賞だし。 - -
10 ジョインアゲン 古代ハス特別 1着 マーキュリーCでビリ。力不足の感否めず。 - -
7 11 オウシュウクラウン シアンモア記 3着 流れに乗って着を拾う程度の馬。ここでは。 - -
12 フリーモア 早池峰賞 1着 中央所属時の成績が散々。多くは望めぬ。 - -
8 13 バンブーエール JBCスプ 1着 今回相手手薄。59kg背負うが順当勝ちか。 -
14 ダンストンリアル 岩鷲賞 1着 南部杯6着馬。嵌れば3着ぐらいはある? -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回クラスターカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回クラスターカップの展望と予想とヨタ話
「主役は誰?」の巻

 お盆の交流重賞シリーズ二戦目は盛岡で行われる短距離戦。
 JBCスプリントへの布石となるか?第14回クラスターカップ。

 というわけで、このクラスターカップ。北海道スプリントカップやプロキオンSからこのクラスターカップ、 もしくは月曜のサマーチャンピオン経由で東京盃、南部杯、そしてJBCスプリントへというダート短距離路線の一環として行われる重賞。 そんなこんなで、それなりにはメンバーが揃う一戦だが...まぁ、大一番までまだ時間があるし、サマーチャンピオンというよく似た条件の重賞も直近にあるということで、 豪華メンバーにはならず「それなり」止まりなのがこのクラスターカップ。

 しかし、今年はそれなり以上のメンバー構成にはなったんじゃないでしょうか。去年のJBCスプリント馬バンブーエールに、黒船賞を圧勝したトーセンブライトが出走。 この2頭以外が揃っていないのが残念だが、まぁ、今回のクラスターカップ、秋に向けて、この2頭がどれだけやれるかが分かるだけでも十分価値はあるんじゃないでしょうか。

 でもって、予想もこの2頭が軸。ただ、トーセンブライトは展開に左右されるのが問題。黒船賞みたいにきっちり捲りきってくれるなら問題はないが、 前2戦みたいに中途半端な競馬になっちゃうとなぁ。これだったら、好位から競馬できるメイショウバトラー・コパノオーシャンズでも出番はあるんじゃないでしょうか。 あと、比較的前で競馬するようになってぼちぼち走るようになったタマモホットプレイも。

<第14回クラスターカップ予想>

◎バンブーエール
○タマモホットプレイ
▲トーセンブライト
△コパノオーシャンズ
△メイショウバトラー

 バンブーも前走の3着が不安だが...この相手だったらなんとかなるでしょ。

結果

1着バンブーエール
2着トーセンブライト
3着メイショウバトラー
4着タマモホットプレイ
5着リワードパットン

タイム:1分10秒0 3F:35.3秒
出走取消:5,9番
バンブーエール 牡6歳
騎手:松岡正海 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:13番110円
複勝:13番100円、8番100円、1番100円
枠連:5-8 150円 馬連:8-13 160円
馬単:13-8 210円
3連複:1-8-13 220円
3連単:13-8-1 420円
ワイド:8-13 110円
    1-13 140円 1-8 150円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、当たりは当たりなんだが...
 この配当ではなぁ。3連単を1点勝負で的中させるぐらいじゃないと。

 でもって、クラスターカップの結果。こういう結果になるのは仕方ないと言えば仕方がないのだが...もうちっとなんとかならんかったんかなぁ。 終わってみれば1〜4番人気が1〜4着をその人気通りに占める結果に。コパノオーシャンズが出走していたならばもう少し変わっていたんだろうけど、出走取消。 で、前述の通り3連単ですら420円というガチガチの決着に。

 レース自体は、バンブーエールが積極的な競馬でハナへ。前に行く馬は他にもいたんだが...バンブーが積極的に出て行ったもんで、控える競馬に。 ここで何かが絡んでいけばもう少し展開は変わったんだろうけど...結局誰も最後まで競りかけず。そして、そのままバンブーエールが押し切り勝ち。 トーセンブライトも差を詰めてきてはいたんだが、及ばず2着まで。

 そんなこんなで、ガチガチの決着だった今回のクラスターカップ。この結果は素直に受け止めていいでしょう。「ほぼ能力通り」といっていい結果。 だた、1・2着のバンブーエール・トーセンブライトが3着のメイショウバトラーをあまり突き放せなかったのはどうなんでしょ? レースのレベル自体は「?」なのかもしれんなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。