今週のメインdeパツイチ2009
第57回クイーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 クイーンステークス 札幌・芝1800m  3歳上牝オープン(GIII) 2009年8月16日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネカンナ 中山牝馬S 5着 去年の秋以降トーンダウン。一変は望めぬか。 -
2 2 レジネッタ 桜花賞 1着 牝馬同士ならもう少しやれる。巻き返しも。 -
3 3 ピエナビーナス うずしおS 5着 準OPで頭打ち。重賞では出番なさそうで。 - -
4 ヤマニンメルベイユ クイーンS 1着 去年の勝ち馬。ただ去年より近走の成績悪く。 - -
4 5 フミノサチヒメ クイーンS 3着 近走散々だが去年3着のパターンあるだけに。 -
6 ザレマ ヴィクトリア 4着 前走大敗が気掛かりだが今回相手手頃で。
5 7 レインダンス 京都牝馬S 2着 前走が負けすぎ。再びスランプに陥った? - -
8 アメジストリング 垂水S 2着 ここにきて好走連発。スランプ脱出したか。
6 9 レッドアゲート マーメイドS 5着 前走のビリが問題。どこまで立て直す? - -
10 アドマイヤスペース 愛知杯 4着 去年の4着馬。ただ近走イマイチなのが... - -
7 11 スペルバインド 京都牝馬S 6着 前走は休み明けと展開堪えた。一変ある。
12 スペシャルフロート 新潟日報賞 6着 前走多少マシになるがこの条件では辛い。 - -
8 13 スイングロウ 牝1000万下 1着 昇級後の成績が散々。叩き3戦目だが... - -
14 ムードインディゴ 秋華賞 2着 良化スローだがそろそろ出番あっていい頃で。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回クイーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第57回クイーンステークスの展望と予想とヨタ話
「実りの秋?」の巻

 お盆休みに差し掛かり、夏競馬も終盤戦突入。
 秋に向け有力馬もぼちぼち始動。第57回クイーンステークス。

 という訳で、このクイーンステークス。サマーシリーズみたいに何らかのインセンティブがある重賞ではないのが、 ここ経由で秋華賞やエリザベス女王杯に向かう牝馬が多数出走してくるため、それなりのメンバーが揃う重賞。 秋の牝馬GI戦線を占う上で大事な一戦、それがこのクイーンS。

 ...なのだが、年々地位低下している気が。一時期はGI馬も多数出走するレースだったのに、最近はそうでもない様子。 さらに、ここで結果を出しても秋の牝馬GIに繋がらなかったりするしさ。秋に向けてというよりも、ローカル重賞の色合いが濃くなっているのが実情。

 でもって、今年も微妙なメンバー構成。去年みたいに3歳馬だらけという妙なメンバー構成という訳ではなく、単に微妙なメンバー。 何せ、前走2桁着順の馬が6頭もいますからねぇ。結果出している馬探しても、前走連対している馬はアメジストリングだけ。掲示板確保まで範囲を広げてもスペルバインドが加わる程度。 こういうメンバー構成では秋云々なんて言えませんなぁ。

 まぁ、それはそれとして予想の方を。前述しているように、前走成績が芳しくない馬ばかりが揃った一戦。 ポイントは「どこまで巻き返せるか」でしょうな。今回は「前走たまたま崩れただけ」のザレマを狙ってみましょうか。 あと、着順自体は冴えなかったが、立ち直りつつあるムードインディゴ・レジネッタもこのメンバー構成だったら巻き返しあるでしょう。 あとはそれなりに結果を出しているアメジストリング、スペルバインドも。

<第57回クイーンステークス予想>

◎ザレマ
○スペルバインド
▲ムードインディゴ
△レジネッタ
△アメジストリング

 しかしなぁ、こういうメンバー構成だもんでまともに決着しない気が...

結果

1着ピエナビーナス
2着ザレマ
3着アメジストリング
4着ムードインディゴ
5着マイネカンナ

タイム:1分48秒2 3F:35.9秒
ピエナビーナス 牝5歳
騎手:古川吉洋 厩舎:栗東・南井厩舎
単勝:3番5870円
複勝:3番990円、6番150円、8番240円
枠連:3-4 1220円 馬連:3-6 11240円
馬単:3-6 28480円
3連複:3-6-8 19930円
3連単:3-6-8 176620円
ワイド:3-6 2420円
    3-8 3380円 6-8 550円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ピエナビーナスは厳しいッス。
 印打った馬、上位には来たんだが...1着がこれではなぁ。

 でもって、クイーンステークスの結果。前述の通り、勝ったのはピエナビーナス。2着に1番人気のザレマが入ったが、このピエナビーナスが11番人気だったこともあって波乱の決着に。 3・4着のアメジストリングやムードインディゴなら分からんでもないのだが...まさかピエナビーナスが勝ってしまうとはねぇ。

 レース自体はこれといって波乱のない展開。前半3ハロン通過が35.5秒、1000m通過が1:00.1とちと遅めだったが、時計かかかりだしていることを考慮すればこんなもの。 前に行った馬も後ろから行った馬も力を出せる展開。そんな中、好位にいた1番人気のザレマがじわり進出し先頭に立とうとするが...最内でじっとしていたピエナビーナスがこれを内から交わし先頭に。 あとは後続を突き放してゴールへ。2着にはなんとか粘りきったザレマ、3・4着には差を詰めてきたアメジストリング、ムードインディゴがそれぞれ確保。

 しかしなぁ、ピエナビーナス。2着のザレマに1馬身の差をつけ完勝したが、内でじっとしていた分勝てた、といったところでしょう。 まぁ、ハマればかなりの脚使う馬だけにこれだけやれる下地はあったのかもしれないが...どうなんでしょ?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。