今週のメインdeパツイチ2009
第45回新潟記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 新潟記念 新潟・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2009年8月30日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レオマイスター ラジオNIKKEI 1着 七夕賞が今一つ。再びスランプに陥った? - -
2 マルカシェンク 京都金杯 2着 休み明けの関屋記念が負けすぎ。一変は... - -
2 3 ダンスアジョイ 小倉記念 1着 前走フロック視できぬ。連勝あっても。 -
4 イケトップガン 但馬S 1着 重賞では今一つ。嵌って入着までか。 - -
3 5 ホッコーパドゥシャ 小倉記念 2着 前2戦を評価。ここでも手堅く上位確保か。 -
6 サンライズベガ 日本海S 1着 今回相手ぐっと強くなり。展開嵌らぬと。 - -
4 7 マイネレーツェル ローズS 1着 前走の末脚悪くなく。直線長い新潟なら。
8 メイショウレガーロ 函館記念 3着 今回は前2走ほど楽できぬ。押し切りは... -
5 9 スノークラッシャー メトロS 1着 重賞3着ある馬だが55kgではちと辛いかも。 - -
10 ダイシンプラン 博多S 1着 小倉記念は流れに乗れず。巻き返しあれば。 -
6 11 アルコセニョーラ 七夕賞 2着 末脚は相変わらず。展開嵌れば連覇も?
12 デストラメンテ 七夕賞 5着 前2走一応評価も時計掛からぬと出番は。 - -
7 13 ウェディングフジコ パールS 1着 51kgは魅力だが重賞ではちと足りない? - -
14 セラフィックロンプ マーメイド 6着 多少マシになるも牡馬相手ではさすがに。 - -
15 ハギノジョイフル 目黒記念 3着 今回相手手強く。嵌って入着までか。 - -
8 16 エアシェイディ 有馬記念 3着 58kgなら問題なし。あとは仕上がり次第。 -
17 トウショウシロッコ AJC杯 3着 この条件なら上位争い可能。ヒモで。
18 エリモハリアー 小倉記念 5着 前走の末脚一応評価。ただこの相手だと? -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回新潟記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第45回新潟記念の展望と予想とヨタ話
「逆転」の巻

 サマー2000シリーズはこのレースで終了。
 サマー2000シリーズ最終戦・第45回新潟記念。

 ってな訳で、この新潟記念でサマー2000シリーズ終了。現在、北海道シリーズでポイントを稼いだサクラオリオンがトップ。 だが、札幌記念でのポイント上積みが足りず、ここの結果次第では他の馬の逆転も十分可能。小倉記念を勝ったダンスアジョイや、 七夕賞・小倉記念とポイントを稼いだホッコーパドゥシャ、七夕賞2着のアルコセニョーラとかさ。

 しかし、この新潟記念も先週の札幌記念同様、壁が存在しています。七夕賞や小倉記念組が大半を占め、順当にシリーズ参加馬同士の決着になるかと思いきや、 GI好走あるエアシェイディに、メトロポリタンSで小倉記念勝ちのダンスアジョイに先着したスノークラッシャー、準OPを勝ち上がったサンライズベガといった別路線組もかなり充実。 まぁ、先週の札幌記念に比べれば小粒だが、シリーズで結果を出した馬を阻むには十分。今回はこの辺りの取捨が鍵になりそうですな。

 で、この辺りを踏まえて新潟記念の予想を。シリーズ上位馬で勝負したいところだが、小倉記念を勝ったのが16番人気のダンスアジョイですからねぇ。 能力ある馬が順当に勝った、と評価するのはちと辛いところ。この結果を鵜呑みにするのはちょっとねぇ。だったら別路線組で勝負するのもアリなんじゃないでしょうか。 休み明け&58kgだが実績評価してエアシェイディとか。あとは七夕賞・小倉記念敗北組の巻き返しも。

<第45回新潟記念予想>

◎エアシェイディ
○マイネレーツェル
▲アルコセニョーラ
△ダンスアジョイ
△トウショウシロッコ
△ホッコーパドゥシャ

 当たればいい配当になりそうなんで、なんとかしたいが...

結果

1着ホッコーパドゥシャ
2着サンライズベガ
3着メイショウレガーロ
4着エアシェイディ
5着アルコセニョーラ

タイム:1分59秒6 3F:33.5秒
ホッコーパドゥシャ 牡7歳
騎手:江田照男 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:5番990円
複勝:5番350円、6番340円、8番760円
枠連:3-3 4880円 馬連:5-6 4590円
馬単:5-6 9080円
3連複:5-6-8 36460円
3連単:5-6-8 196790円
ワイド:5-6 1550円
    5-8 4720円 6-8 3840円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、微妙な結果だ。
 近走の成績考えれば、買えなくはない組み合わせだが...

 でもって、新潟記念の結果。前に行く馬も一応いたことはいたのだが...積極的に主導権を奪いに行こうとしたり、追いかけようとする馬がいなかったこともあって、 前半3ハロン通過が36.6秒、1000m通過が1:01.8というかなり緩いペースに。

 となれば、あとは直線での追い比べ勝負になるのは仕方がないところ。さらに今回は直線長い新潟外回りコースですからねぇ。 前に行ったメイショウレガーロ・サンライズベガが逃げ込みを計るも、これをホッコーパドゥシャ・エアシェイディ・アルコセニョーラといった人気所が追撃。 最後の最後でホッコーパドゥシャが抜け出したサンライズベガを捕らえ1着でゴールへ。そして、逆転でサマー2000シリーズの覇者に。

 ...しかしなぁ、ここまでペースが緩くなるとは。ホッコーパドゥシャはなんとか間に合ったが、位置取りが後ろ過ぎたエアシェイディ、 馬群を捌くのに苦労したアルコセニョーラは間に合わず掲示板確保まで。もう少しペースが速ければこの辺りも間に合っていたんでしょうけど...ねぇ。 今回はこのペースがすべて、そんなところじゃないでしょうか。ただ、こういうペースだったにも関わらず、まるで粘れなかった人気のデストラメンテ・ダイシンプランはどうなんでしょ? しばらく様子見するのが無難かな...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。