今週のメインdeパツイチ2009
第14回エルムステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 エルムステークス 新潟・ダ1800m  3歳上オープン(GIII) 2009年9月21日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウォータクティクス アンタレスS 1着 東海S大敗問題も度外視してもう一度勝負。
2 2 キングブレーヴ 北山S 1着 前走が負けすぎ。流れに乗れないと。 - -
3 ネイキッド しらかばS 3着 成績頭打ち。今回相手手強いし出番は。 - -
3 4 トーセンブライト 黒船賞 1着 交流重賞で安定して結果出す。軽視禁物。
5 ドンクール マリーンS 7着 低迷続く。さすがにこれ以上の上積みは。 - -
4 6 シルククルセイダー 関越S 1着 前走は展開ハマった感有。ここでは。 - -
7 マチカネニホンバレ マリーンS 1着 前走の大敗が問題。ここが限界なのか?
5 8 ナムラハンター 灘S 1着 前走楽勝評価も今回相手強化が問題で。 -
9 サンライズバッカス JCダート 4着 以前ほどの勢いないが展開向けば上位も。 -
6 10 トシナギサ 柳都S 1着 単騎逃げで3連勝。ただ今回同型が鍵で。 - -
11 ナンヨーヒルトップ しらかばS 5着 叩き2戦目で上積み見込めるが重賞では。 - -
7 12 ナナヨーヒマワリ 門松S 5着 末脚多少はあるがこの条件では厳しい。 - -
13 アロンダイト JCダート 1着 多少持ち直したがこれ以上は無理っぽい? - -
8 14 クリールパッション 大雪ハンデ 1着 休み明け後の成績評価。これなら重賞でも。 -
15 トランセンド レパードS 1着 ダートでは底見せず。53kgだしここも。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回エルムステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回エルムステークスの展望と予想とヨタ話
「順当勝ち?」の巻

 函館開催お休みのあおりで今年は新潟での開催。
 各種秋のダートGIへのステップ、第14回エルムステークス。

 ということで、今年のエルムステークス。前述の通り、札幌じゃなくて新潟での開催に。これを歓迎したのかどうかは分からんが、 とにかく今年のエルムステークス、かなり濃い面子に。GI勝ちあるアロンダイト・サンライズバッカスに、アンタレスS勝ちのウォータクティクス、 去年の2着馬で今年は黒船賞を楽勝したトーセンブライトがこのエルムステークスで激突。

 しかし、主役はこれら実績馬ではありません。今回の主役は、トランセンド、でしょうな。芝では今一つだったが、ダートでは向かうところ敵なし。 条件戦、レパードSを楽勝してここへ。今回、古馬の有力所と初対決になるが...3歳馬ということで53kgで出走できるんだし、なんとかなるでしょう。

 ただなぁ、馬券になるかどうか微妙。このトランセンド、これまでの楽勝が評価され、かなり人気背負うことは確実。 ここは一捻りして別の馬で勝負するのも手でしょう。底見せない魅力あるトランセンドだが、相手強化や揉まれる展開でこれまで通り事が運ばない可能性もあるんだしさ。 ここ数戦頭打ち気味のアロンダイト・サンライズバッカスは厳しいかもしれんが、一時期強い競馬をしていたウォータクティクス・マチカネニホンバレがここで立ち直れば、 トランセンドを返り討ち、なんてこともあるんじゃないでしょうか。今回はこれに期待してみましょうか。

<第14回エルムステークス予想>

◎ウォータクティクス
○クリールパッション
▲トランセンド
△トーセンブライト
△マチカネニホンバレ

 あと、いつも堅実に走るのに人気にならないトーセンブライトにも注意。

結果

1着マチカネニホンバレ
2着ネイキッド
3着クリールパッション
4着トランセンド
5着ナムラハンター

タイム:1分51秒1 3F:36.0秒
出走取消:1番
マチカネニホンバレ 牡4歳
騎手:北村宏司 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:7番480円
複勝:7番230円、3番1280円、14番510円
枠連:2-4 6530円 馬連:3-7 14290円
馬単:7-3 23270円
3連複:3-7-14 40350円
3連単:7-3-14 241320円
ワイド:3-7 2810円
    7-14 1140円 3-14 5690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ネイキッドはねーよ。
 他は悪くなかったんだがなぁ…クリールとかさ。

 でもって、エルムステークスの結果。勝ったのはマチカネニホンバレ。前走の大敗が気がかりだったが...きっちり巻き返しました。 今回は前走みたいに馬群に揉まれないよう2番手からの競馬。で、直線入ったところで人気のトランセンドと一騎打ちに...なるかと思いきや、 トランセンドではなく内から抜け出してきたネイキッドとの一騎打ちに。で、結局このネイキッドと並んだままゴールへ。 かなり際どい内容だったが、クビの上げ下げでこれをハナ差退け1着に。

 そんなこんなで、勝ったのはマチカネニホンバレ。まぁ、連勝時の勢いを考えれば重賞でもこれ位はやれていい馬。 ただ、今回は揉まれないよう競馬したからすんなり勝てたんでしょうけど...ねぇ。前走みたいに揉まれる競馬だとどうなんでしょ? それが今後の課題でしょうな。あと、人気のトランセンド。いいポジションにつけていたが、直線の伸びが今ひとつで4着という結果に。 古馬の壁というよりも何か別のものが敗因の気がしますなぁ。ちょっと様子見必要ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。