今週のメインdeパツイチ2009
第56回日本テレビ盃出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 日本テレビ盃 船橋・ダ1800m  3歳上オープン(JpnII) 2009年9月23日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フリートアピール 船橋記念 2着 大きいところでは勝てず。ここでは。 - -
2 2 ニシノデュー 飛騨牛カップ 6着 ケツ争いばかり。この条件では出番なし。 - -
3 3 フサイチギガダイヤ 千葉日報賞 1着 スランプ脱出した感あるが交流重賞では。 -
4 オグリオトメ JBCカウント 2着 地元笠松で何とか入着ある程度の馬では。 - -
4 5 フェラーリピサ 根岸S 1着 この相手なら大丈夫。休み明けでも。
6 フサイチバルドル 黒船賞 3着 黒船賞3着も大きく開いた3着で。辛い。 - -
5 7 クレイアートビュン サンタアニア 2着 流れに乗れれば交流重賞でも上位食い込みも。
8 リワードパットン クラスターC 5着 前走で決着済。これ以上は望めぬ。 - -
6 9 ボンネビルレコード 帝王賞 3着 南関東実績を素直に評価。ここなら。
10 トップサバトン さきたま杯 3着 前走負けすぎ。この距離長いのかも? -
7 11 ケイエスショーキ 高知A2 4着 前3戦が散々な内容。ここでは厳しい。 - -
12 マコトスパルビエロ マーキュリー 1着 前走スマートファルコンを撃破。ここも。 -
8 13 トウホクビジン 東海ダービー 2着 前々走の中央条件戦が散々。重賞では... - -
14 マルブツリード 阿蘇S 1着 嵌ればそれなりに走る。交流重賞でも。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回日本テレビ盃枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第56回日本テレビ盃の展望と予想とヨタ話
「順当勝ち?その2」の巻

 秋のダートGIに向け有力馬始動。第56回日本テレビ盃。
 エルムステークスとよく似た条件だが...こっちも悪くない組み合わせ。

 でもって、この日本テレビ盃。前述しているとおり、今週月曜には同じダ1800mの重賞・エルムステークスがあり、 なかなか濃い面子が揃ったのだが...この日本テレビ盃もそれなりの馬が登場。GIでも好走あるフェラーリピサ・ボンネビルレコードが、 秋のGI目指しこのレースで始動。さらに、前走のマーキュリーカップで向かうところ敵なしのスマートファルコンをブッちぎったマコトスパルビエロがいますからねぇ。 エルムS同様、秋を占う上で大事な一戦であることには違いないでしょ。

 で、予想の方も、これらの馬中心で仕方がないでしょう。嵌れば南関東のクレイアートビュン・トップサバトン辺りも通用しそうだが... 通用しても2・3着が関の山なんじゃないでしょうか。そんなこんなで、今回の日本テレビ盃、前述の3頭(フェラーリピサ、ボンネビルレコード、マコトスバルビエロ)で勝負するのが妥当でしょう。

 あとはこの中での順序付けですな。前走の勝ちっぷりや、フェラーリピサ・ボンネビルレコードが今回休み明けだということを考慮するとマコトスバルビエロでいい気もするが... 前走は展開ハマった&相手(スマートファルコン)が不調だった感があるからなぁ。破った相手&勝ちっぷりでかなり評価されそうだが、過信は禁物でしょう。 馬券的な兼ね合いもあることだし、休み明けでもフェラーリピサ・ボンネビルレコードで勝負する方が良いのかも。

<第56回日本テレビ盃予想>

◎フェラーリピサ
○クレイアートビュン
▲ボンネビルレコード
△マコトスパルビエロ
△マルブツリード

 でも、フェラーリピサ・ボンネビルレコードに人気集まるとなぁ...

結果

1着マコトスパルビエロ
2着フェラーリピサ
3着ボンネビルレコード
4着トップサバトン
5着フリートアピール

タイム:1分50秒9 3F:38.3秒
マコトスパルビエロ 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:12番230円
複勝:12番100円、5番100円、9番120円
枠連:4-7 210円 馬連:5-12 210円
枠単:7-4 330円 馬単:12-5 430円
3連複:5-9-12 210円
3連単:12-5-9 750円
ワイド:5-12 100円
    9-12 160円 5-9 170円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。実績馬3頭で順当に決まりましたな。
 しかし、この配当ではなぁ。1点勝負で3連単的中させないと...

 でもって、日本テレビ盃の結果。前述の通り、マコトスパルビエロ・フェラーリピサ・ボンネビルレコードという実績馬3頭でガチガチの決着。 レース自体もこの3頭だけで行われたといっても過言ではない内容。一応、ハナはフサイチギガダイヤが奪ったが、早々にフェラーリピサに奪回されそこまで。 で、フェラーリピサが逃げ、それを見る形でマコトスパルビエロ、そしてボンネビルレコードが中団よりやや前でこれを追走する展開に。

 で、直線入ったところでこれら3頭が先頭集団を形成。初期段階ではフェラーリピサが抜け出しそのまま押し切るかと思われたが...直線半ばで脚色が鈍り、 これをマコトスパルビエロが捉え先頭に。で、そのままゴールへ。2着はフェラーリピサ。最後ボンネビルレコードも伸びてはいたが、前2頭には及ばず。結局、3着止まり。

 そんなこんなで、勝ったのはマコトスパルビエロ。これで重賞連勝となった訳だが...今回はフェラーリピサをマークする立場だった分、 楽に競馬できたといえなくはない内容。ただ、この連勝は素直に評価していいんじゃないでしょうか。前走のスナークファルコン、 今回のフェラーリピサとなかなかの相手を破ってきている訳だしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。