今週のメインdeパツイチ2009
第12回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2009年10月24日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドスパーダ NHKマイルC 2着 東京で先手取るとかなり粘る。押し切りも。 -
2 トーセンクラウン スピカS 1着 前2戦が散々。重賞では出番なさそうで。 - -
2 3 アブソリュート 東京新聞杯 1着 休み明けも重賞実績考慮すればいきなりでも。 -
4 マイネルスケルツィ 京成杯AH 3着 相手なりに走る。ここでも手堅く入着か。 - -
3 5 エイシンドーバー 安田記念 3着 前2戦負けすぎ。立て直しているなら怖いが... - -
6 ストロングガルーダ ラジオNIKKEI 1着 前2戦を評価。古馬が相手だが十分通用。 - -
4 7 ケイアイライジン プリンシパル 1着 京成杯AH4着も内容上々。OP勝ちの東京で。 -
8 ライブコンサート 安田記念 5着 伸び悩む。安田記念ぐらい走ればいいが。 - -
5 9 ナスノストローク 米子S 3着 たまに大駆けあるが重賞ではさすがに... - -
10 マイケルバローズ 朱鷺S 1着 一昨年の2着馬。前走一変。スランプ脱出か? -
6 11 マイネルファルケ ダービー卿CT 2着 東京でも走る馬。楽に行かせると居残りも。
12 リザーブカード 富士S 2着 前2戦大敗も立て直していれば去年ぐらいは。
7 13 サイレントプライド 富士S 1着 去年の勝ち馬。調子戻しつつあるしそろそろ。
14 ダンスインザモア ディセンバ 5着 2桁着順ばかり。変わる気配なさそうで... - -
15 ティアップゴールド NZトロフィー 2着 NHKマイルカップがイマイチ。パンチ不足か。 - -
8 16 ザレマ 京成杯AH 1着 牡馬相手でもそれなり。ただこの相手だと? - -
17 マルカシェンク 京都金杯 2着 去年13着。近走イマイチだし出番は... - -
18 サンカルロ NZトロフィー 1着 NHKマイルCは8着入線も降着。力はある。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第12回富士ステークスの展望と予想とヨタ話
「裏街道入り口?」の巻

 秋の短距離路線、スプリントの次はマイル戦。
 マイルチャンピオンシップへのステップ、第12回富士ステークス。

 さて、そんなこんなで各種GIが次々と開催されている昨今ですが...マイル路線もぼちぼちスタート。スプリンターズステークスから距離延長でマイルCSに挑む馬や、 毎日王冠・天皇賞秋から距離短縮でマイルCSに挑む馬もいるが、純粋にマイル路線を歩んでマイルCSに挑む馬も当然いる訳でして。

 で、そんな馬たちのステップレースがこの富士ステークス。天皇賞秋・スワンSはそれぞれ2000m、1400mと本番と異なる距離であるのに対し、この富士Sは本番と同じ1600m。 さらに、その天皇賞秋・スワンSは中2週で使うことになるのに対し、この富士Sは中3週と比較的楽なローテーション。好条件が揃ったステップレースなだけに、 ここを使った馬が本番でも良績を残...してもいい筈なのだが、なんだかイマイチなのがこの富士ステークス。どちらかというと、京阪杯や鳴尾記念、 阪神カップに京都金杯といった、主流から外れたところで結果を出す馬ばかりを輩出するのがこの富士ステークス。

 でもって、今年もその傾向は変わりそうにないですなぁ。GIで好走している馬も何頭かいるが、ほとんどが「GIII止まり」の馬でしょうな。 ここで結果を出してマイルCSに向かっても、結果を出せるかどうか微妙。結局、GIIIでちょこちょこ稼ぐ日々に逆戻り、なんてことになりがちな馬ばかり。

 まぁ、それはそれとして。予想の方を。別定戦ということもあって、比較的実績馬で順当に決まるのがこの富士ステークス。 極端に抜けた馬がいないが、まぁ、それなりに結果を出している馬で勝負していけばいいでしょう。叩き2戦目でさらなる上積み見込めるケイアイライジンとか、 NHKマイルC2着のレッドスパーダ、NHKマイルCでは8着入線も降着してしまったNZトロフィー勝ち馬サンカルロとかさ。 あと、去年の1・2着馬サイレントプライド・リザーブカードも悪くはないでしょう。

<第12回富士ステークス予想>

◎ケイアイライジン
○マイネルファルケ
▲レッドスパーダ
△サンカルロ
△リザーブカード
△サイレントプライド

 あとは前残り期待でマイネルファルケ。東京は結構良績ある馬だしさ。

結果

1着アブソリュート
2着マルカシェンク
3着マイケルバローズ
4着リザーブカード
5着ザレマ

タイム:1分33秒3 3F:35.0秒
アブソリュート 牡5歳
騎手:田中勝春 厩舎:美浦・宗像厩舎
単勝:3番1120円
複勝:3番470円、17番940円、10番2290円
枠連:2-8 1890円 馬連:3-17 25590円
馬単:3-17 51870円
3連複:3-10-17 160550円
3連単:3-17-10 2192750円
ワイド:3-17 5470円
    3-10 12580円 10-17 22410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いい狙いしてたんだがなぁ。
 無印のマルカシェンクが来ちゃうんではねぇ。

 でもって、富士ステークスの結果。馬群を巧みに捌いて進出してきたアブソリュートが直線半ばで先頭に。 最後、外からマルカシェンク、マイケルバローズが伸びてきたが、これを振り切って1着でゴールへ。 東京新聞杯に続く東京マイル重賞制覇となりました。

 しかしなぁ、人気勢がここまで崩れちゃうとは。前半3ハロン通過が34.4秒、1000m通過が0:58.3と波乱を引き起こすペースでもなかったのだが...ねぇ。 前に行った1番人気のレッドスパーダ、見せ所なく馬群に沈み15着。2番人気のケイアイライジンは勝ったアブソリュートと同じような位置にいるも、 そのアブソリュートほどの伸びはなし。結局、馬群からは抜け出せず3番手集団のなかのまま。7着という結果に。

 まぁ、それはともかく。勝ったのはアブソリュート。前述している通り、東京新聞杯・富士ステークスと東京のマイル重賞を2つ制覇。 ただ、今年の春の成績を考えると「ここまでの馬」っぽいからなぁ。マイラーズカップ5着、安田記念13着ではさすがにねぇ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。