今週のメインdeパツイチ2009
第47回アルゼンチン共和国杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 アルゼンチン共和国杯 東京・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2009年11月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンスアジョイ 小倉記念 1着 前2戦結果は出ないも末脚かなりもので。
2 エフティマイア オークス 2着 秋の成績物足りず。一変を望むのは... - -
2 3 トウカイトリック 天皇賞春 6着 最近詰め甘い競馬ばかり。入着まで。 - -
4 ハイアーゲーム 毎日王冠 3着 毎日王冠3着を評価。56kgだし展開向けば。 - -
3 5 モンテクリスエス ダイヤモンド 1着 この条件手堅く走る。あとは仕上がり次第。
6 ミヤビランベリ 目黒記念 1着 単騎逃げならかなりしぶとい。軽く扱うと。
4 7 トーホウアラン 朝日CC 3着 前走が負けすぎ。2走ボケならいいが... - -
8 アーネストリー 大原S 1着 重賞ではワンパンチ足りず。入着まで。 - -
5 9 スマートギア 京都大賞典 2着 菊花賞4着馬。前走ぐらいはやれる馬で。 -
10 ブレーヴハート ダイヤモンド 2着 今回条件ちと悪くなり。前走以上は。 - -
6 11 エアジパング ステイヤーズ 1着 長距離得意も時計不足。スピード勝負だと。 - -
12 トウショウウェイヴ オクトーバS 1着 東京得意。展開嵌れば重賞でも出番あり。 -
7 13 ヒカルカザブエ 阪神大賞典 2着 1000万下・準OP連勝時の勢い戻れば怖い。 -
14 サンライズマックス 天皇賞春 4着 休み明けの前走上々。今回手頃な条件で。 -
15 トーセンキャプテン 京都大賞典 3着 前走の3着悪くなく。立ち直った? -
8 16 ヴィーヴァヴォドカ フラワーC 1着 ここ数戦が散々。ハンデ50kgでも一変は... - -
17 ジャガーメイル 香港ヴァーズ 3着 去年の2着馬。GIでも好走あるしそろそろ。 -
18 ハギノジョイフル 目黒記念 3着 重賞では一押し足りず。時計掛からないと... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回アルゼンチン共和国杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第47回アルゼンチン共和国杯の展望と予想とヨタ話
「生まれ変わった?」の巻

 GI馬を続々輩出しついに「役立たずGII」返上か?
 夢はジャパンC・天皇賞春へ。第47回アルゼンチン共和国杯。

 まぁ、そうなんですよ。このアルゼンチン共和国杯、ここからジャパンカップ・有馬記念を狙うには丁度いいレースなのだが、 本番でまるで活躍しないのがこのアルゼンチン共和国杯組。で、その結果、GII馬によるGII馬の祭典と化してしまっていた このアルゼンチン共和国杯だったのだが...ようやくそこから脱出したようで。一昨年の勝ち馬アドマイヤジュピタが天皇賞春を勝ち、 去年の勝ち馬スクリーンヒーローがジャパンカップを勝つという結果に。

 そんなこんなで、GIへの登竜門として生まれ変わったこのアルゼンチン共和国杯。どの馬がここで結果を出しGIに向かうか注目...したいところだが、 今年はパンチ不足な感じが。それこそこれまで通り「GII馬の祭典」と言ってしまった方がいいレベルに。去年このレースで2着に入り、 香港ヴァーズ、天皇賞春でも好走したジャガーメイルや、天皇賞春4着のサンライズマックス、菊花賞4着のスマートギアなどのGI好走馬もいるが...ねぇ。 これらの馬、どこでも勝ちきれない競馬ばかりですからね。

 まぁ、この辺りがあまり期待できないなら他の馬に...という流れになるのだが、他の馬は他の馬で、それこそ「GII止まり」の馬ばかり。 トーホウアランとかミヤビランベリはGII勝っているものの、そこまでだし、モンテクリスエス・ダンスアジョイといった重賞勝ち馬も現状ではGIIで上位に入るのが精一杯。 ここを勝っても、GIとなるとどうなるんだかねぇ。さらに一昨年・昨年のアドマイヤジュピタ・スクリーンヒーローみたいな活きのいい条件勝ち上がり馬もいないしさ。

 ま、そんなことを言っていても仕方がない。アルゼンチン共和国杯の予想を。どの馬も似たり寄ったりで傑出馬不在といっていい一戦。 手堅く走るという点でジャガーメイルは外せそうにないが、他はどうなるか分からん。一波乱あっても不思議ではないでしょう。 重賞実績あるのにいつも人気がないミヤビランベリの前残りとか、叩き3戦目でそろそろ変わりそうなモンテクリスエス、 前2戦の着順は冴えないがかなりいい末脚使っているダンスアジョイの一発とかさ。

<第47回アルゼンチン共和国杯予想>

◎ジャガーメイル
○ミヤビランベリ
▲スマートギア
△モンテクリスエス
△ダンスアジョイ
△サンライズマックス

 まぁ、一波乱あるといってもそれなりの実績馬が上位に来るんだろうけどさ。

結果

1着ミヤビランベリ
2着アーネストリー
3着ヒカルカザブエ
4着サンライズマックス
5着ジャガーメイル

タイム:2分30秒9 3F:34.7秒
ミヤビランベリ 牡6歳
騎手:吉田隼人 厩舎:栗東・加藤敬厩舎
単勝:6番2510円
複勝:6番920円、8番410円、13番800円
枠連:3-4 3060円 馬連:6-8 13520円
馬単:6-8 34080円
3連複:6-8-13 121040円
3連単:6-8-13 922600円
ワイド:6-8 4690円
    6-13 7410円 8-13 4460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ミヤビランベリはズバリだったんだが...
 アーネストリーが抜けてアウト。これはちょっとなぁ。うーん。

 でもって、アルゼンチン共和国杯の結果。誰も行かないこともあって、今回はハナを奪って単騎逃げに持ち込んだミヤビランベリ、 直線では後続を引きつけつつも、これをなかなか抜かせず。結局、そのまま後続を完封してゴールへ。2着には前で競馬したアーネストリーが居残り。 終わってみればベタな前残りの競馬でしたな。差し・追込勢は3着争いに加わるのがやっとでした。

 しかし、勝ったミヤビランベリ。目黒記念を勝っているように、相応の能力あることに違いはないんだが...今回はそれ以上に鞍上の好騎乗が目立ちましたな。 他馬が積極的に行かないこともあって、単騎で逃げる形になったミヤビランベリ。序盤は後続を引きつけつつゆったりとした流れに。 しかし、向こう正面に入った辺りで後続を徐々に引き離し3コーナーの段階でかなりのリードを確保。そして、このままリードを保ちつつ直線へ...と思いきや、 一旦ペースを落とし「溜め」を作る形に。これがズバリでしたな。ペースを落としたもんで、直線入ったところで後続馬に追いつかれはしたものの、 脚を溜めたこともあってなかなか止まらず。で、結局、そのまま押し切り勝ち。

 逆に、この流れに泣いたのが、人気所のジャガーメイル・サンライズマックス。もう少し緩い流れで瞬発力勝負になれば、自慢の末脚でねじ伏せることができたんでしょうけど... この流れではさすがに間に合わなかったようで。ジャガーメイルは33.7秒、サンライズマックスは33.9秒の末脚を使うものの掲示板を確保するまで。 まぁ、ここで勝ちきれない辺り、能力の限界なのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。