今週のメインdeパツイチ2009
第14回ファンタジーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 ファンタジーステークス 京都・芝1400m  2歳牝オープン(GIII) 2009年11月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コルドバ りんどう賞 9着 前走がサッパリ。展開よほど嵌らぬと。 - -
2 ユメノキラメキ りんどう賞 3着 楽に行ければ粘る。展開次第で上位も。
2 3 ラナンキュラス りんどう賞 1着 昇級戦を快勝。ここは通過点にすぎない? -
4 ラブグランデー デ杯2歳S 5着 OPでちと頭打ち気味。入着はありそうだが... - -
3 5 インタレスティング ひまわり賞 3着 500万下特別で連敗。この辺りが壁か。 - -
6 ステラリード 函館2歳S 1着 重賞勝ちは評価もこの相手でどこまで? - -
4 7 パリスドール 小倉2歳S 4着 ききょうS10着が問題。距離よりも能力差か。 - -
8 キタサンスズラン 芝千四1:22.3 1着 決め手見劣る。入着はありそうだが... - -
5 9 オーロラナイト りんどう賞 5着 人気なりには走るが重賞では物足りぬ。 - -
10 タガノエリザベート デ杯2歳S 6着 嵌ればかなりの末脚使う。展開次第で出番。
6 11 カレンナホホエミ フェニックス 1着 能力認めるが200m延長が鍵。どこまで? - -
12 シーズバレンタイン サフラン賞 3着 控える競馬できたのは収穫。3着なら。 -
7 13 スイートエスケープ 芝千二1:08.3 1着 未勝利戦だがレコード勝ち。軽視禁物。 -
14 スプリングサンダー 新潟2歳S 5着 新潟2歳Sはやや展開に恵まれるも末脚評価。 -
8 15 グレナディーン りんどう賞 2着 前走ラナンキュラスに完敗。逆転は? -
16 ベストクルーズ 芝千六1:34.7 1着 新馬でラナンキュラスとハナ差の2着。注意。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回ファンタジーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回ファンタジーステークスの展望と予想とヨタ話
「真価」の巻

 秋のGIシリーズは先週の天皇賞秋で一段落しましたが...
 2歳馬にとってはこれからが勝負。第14回ファンタジーS。

 というわけで、このファンタジーステークス。2歳牝馬のGI・阪神ジュベナイルフィリーズへのステップレース。 ここ数年、一時期ほどの勢いはないのだが...それでもここの上位馬が本番でもそれなりに上位を確保するだけに見逃せない一戦。

 まぁ、そんなこんなで、次の一戦に向けての品定めとなるこのファンタジーステークスなのだが... 今年はこの馬がどういう結果を出すか、注目はそこ一点に絞られるんじゃないでしょうかねぇ。ラナンキュラス。 母はファレノプシスという良血馬。さらに、前走りんどう賞を楽勝しているように能力はかなりのものを秘めている様子。

 で、そんなラナンキュラスが阪神JFを目指しこのファンタジーステークスに出走。前走のりんどう賞と異なり、今回は重賞。 真価が問われる一戦になりそうだが...ねぇ。りんどう賞組はすでに勝負付け済んでいるし、直近の重賞・OP好走馬は不在。実績馬と言えば、夏場のフェニックス賞を勝ったカレンナホホエミ、 函館2歳ステークスを勝ったステラリードぐらい。これだったらすんなり勝ってしまっても不思議ではないでしょう。

<第14回ファンタジーステークス予想>

◎ラナンキュラス
○タガノエリザベート
▲ベストクルーズ
△ユメノキラメキ
△グレナディーン

 で、ラナンキュラス中心で。今回は順当に決まるんじゃないでしょうか。

結果

1着タガノエリザベート
2着ベストクルーズ
3着グレナディーン
4着ラナンキュラス
5着ユメノキラメキ

タイム:1分21秒2 3F:34.7秒
タガノエリザベート 牝2歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:10番2240円
複勝:10番540円、16番360円、15番260円
枠連:5-8 4080円 馬連:10-16 12740円
馬単:10-16 27990円
3連複:10-15-16 30360円
3連単:10-16-15 243520円
ワイド:10-16 3560円
    10-15 2450円 15-16 1050円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!いやー、飛んできましたね。タガノエリザベート。
 にしても、これで万馬券とは。ラナンキュラスがコケたにしても...ねぇ。

 でもって、ファンタジーステークスの結果。前述している通り、タガノエリザベートが勝ち、人気を集めたラナンキュラスが4着に敗れるという結果に。 ラナンキュラス、いいポジションにつけていたのだが、直線入ってから伸びが今一つ。最後方待機で一頭だけ別の競馬をしたタガノエリザベートに負けてしまうのは分からなくはないのだが、 ベストクルーズ・グレナディーンにすら先着できなかったのはどうなんでしょうねぇ?

 まぁ、それはともかく。勝ったのはタガノエリザベート。前走のデイリー杯2歳ステークスでは6着に敗れるものの出走馬中最速の33.8秒の末脚を使っているように、 かなりの末脚は持っている馬。そんなタガノエリザベートが今回も割り切って末脚勝負したところ、バッチリ嵌った、そんなところじゃないでしょうか。 出走馬の中でダントツの上がり3ハロン33.5秒を叩き出し、直線で全馬ごぼう抜き。これだけやれれば、この先も十分期待でき...そうな気がするが、 ききょうSの内容を考えると、こういう競馬じゃないと持ち味を発揮できないのかもしれませんな。中途半端に動いたりすると、末脚不発に終わってしまうのかも。 この辺りを克服できるかどうか、それが今後の鍵なんじゃないでしょうか。

 あと、人気背負って負けたラナンキュラス。こういう負け方はいけませんな。まぁ、まだ2歳馬なんだし、気まぐれで凡走してしまっただけなのかもしれんが... とりあえず、次でどこまで巻き返せるかどうか、でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。