今週のメインdeパツイチ2009
第26回マイルチャンピオンシップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 マイルチャンピオンシップ 京都・芝1600m  3歳上オープン(GI) 2009年11月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エヴァズリクエスト リディア賞 1着 スピード不足の感有。馬場渋らないと辛い。 - -
2 トレノジュビリー スプリンタS 6着 マイルはさすがに長いか。前走も案外で。 - -
2 3 マルカシェンク 富士S 2着 前走2着で復活した?だったら怖いが。 - -
4 カンパニー 天皇賞秋 1着 相手楽だが肝心なところでとりこぼす馬で... -
3 5 スマイルジャック 関屋記念 1着 前2戦今一つ。巻き返しに期待したいが... - -
6 ファイングレイン マイルCS 3着 去年の3着馬だが今年の成績が散々で。 - -
4 7 アブソリュート 富士S 1着 重賞勝ち評価。この相手なら勝ち負け。 -
8 フィフスペトル NHKマイルC 5着 前走案外。叩いて変わればいいが... - -
5 9 キャプテントゥーレ 皐月賞 1着 天皇賞秋が負けすぎの感有。嵌らぬと。 - -
10 スズカコーズウェイ 京王杯SC 1着 前走は馬体重増が堪えた?叩き3戦目で。
6 11 ザレマ 京成杯AH 1着 牡馬相手だがこの組み合わせなら上位も。 -
12 ヒカルオオゾラ エプソムC 2着 ここにきて崩れる。GIだしどこまで? - -
7 13 マイネルファルケ ダービー卿CT 2着 単騎逃げ目論む。楽に行ければ粘り怖い。
14 ストロングガルーダ ラジオNIKKEI 1着 前走案外も叩いて変われば出番ある。 -
15 サプレザ サンチャリS 1着 持ち時計上々。日本の競馬でも通用しそうで。
8 16 サンカルロ NZトロフィー 1着 休み明けまずまず。叩き2戦目で変われば。 -
17 ライブコンサート 安田記念 5着 前3戦が案外。安田記念ほどの結果は... - -
18 サンダルフォン 北九州記念 1着 末脚なかなか。展開さえ嵌ればこの距離でも。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第26回マイルチャンピオンシップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第26回マイルチャンピオンシップの展望と予想とヨタ話
「有終の美?」の巻

 今年のマイルチャンプはこのレースから誕生?
 マイル路線の総決算・第26回マイルチャンピオンシップ。

 というわけで、このマイルチャンピオンシップ。春のマイル路線はウオッカが全部持っていったこともあって、 このままウオッカが最優秀マイラーの座を確保するかと思いきや、秋になって状況が一転。 毎日王冠・天皇賞秋とカンパニーが立て続けにウオッカを破り最優秀マイラー候補に急浮上。

 そんなカンパニーが天皇賞秋に続いてGI連勝、そして最優秀マイラーの座を狙うべく、このマイルチャンピオンシップに参戦。 ここを勝てば、天皇賞秋・マイルCSのGI2勝、さらに春の覇者ウオッカを天皇賞秋で破っていることも評価され、最優秀マイラーの座がぐっと近くなることは確実。 さらにこのレースが現役最終戦。勝って有終の美を飾りたいところ。

 しかしだ。そのカンパニー。去年・一昨年の天皇賞秋や去年のマイルCSに今年の安田記念といった大舞台で差を詰め切れなかったり、 勝っていい筈の東京新聞杯で負けたりと、肝心なところであと一歩およばないのがこの馬。前々走・前走は「ウオッカを追う立場」だっただけに、 思い切ったやり方が出来たんだろうけど...今回は追われる立場。さらに、有終の美を飾るというプレッシャーまでありますからねぇ。 幸い、今回それほど強力なライバルがいないだけに、すんなり勝ってしまっても不思議ではないが...ねぇ。心情的に期待したいところだが、過信は禁物でしょう。

 でもって、その辺りを踏まえてマイルCSの予想。実績的にはカンパニーだが、前述の理由で印は薄めに。人気背負って馬券的な妙味もあまりないだろうしさ。 ここは一発狙いで他の馬で勝負しましょうか。中心は外国馬のサプレザ。ヨーロッパからの遠征馬となると、日本のスピード競馬に適応できるかどうかが問題となるのだが、 前走・前々走とマイル戦で1分34秒台を出しているように、スピードは問題ない筈。さらに鞍上がO.ペリエというのも心強い。強力な馬も今回はカンパニーしかいないし、なんとかなるんじゃないでしょうか。

 あとは、先週のエリザベス女王杯の再現という訳にはいかないだろうけど、楽に行かせるとかなり粘るマイネルファルケや、牝馬だが京成杯AHを勝っているザレマ、 休み明け2戦は馬体が絞りきれずぴりっとしなかったスズカコーズウェイの変わり身に期待しましょうか。

<第26回マイルチャンピオンシップ予想>

◎サプレザ
○マイネルファルケ
▲ザレマ
△カンパニー
△スズカコーズウェイ
△アブソリュート

 あとはオッズ次第だな。カンパニーに人気集中しないなら素直に買うのもアリ。

結果

1着カンパニー
2着マイネルファルケ
3着サプレザ
4着キャプテントゥーレ
5着アブソリュート

タイム:1分33秒2 3F:34.5秒
カンパニー 牡8歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:4番230円
複勝:4番120円、13番690円、15番290円
枠連:2-7 890円 馬連:4-13 6690円
馬単:4-13 9640円
3連複:4-13-15 20730円
3連単:4-13-15 106680円
ワイド:4-13 1960円
    4-15 550円 13-15 5890円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。いやー、やっぱりカンパニー来ちゃいましたか。
 まぁ、マイネルファルケが人気無かったんでいい配当にはなりましたが。

 でもって、マイルチャンピオンシップの結果。難なく勝ってしまいましたなぁ。カンパニー。 先行馬があまりいなかった上に、マイネルファルケが下馬評通り逃げたもんで、前半3ハロン通過が34.8秒、1000m通過が0:58.7と緩めのペース。 そんな中、カンパニーはというと、後方待機からの末脚勝負には持ち込まず中団からの競馬。まぁ、これだけのペースであればこういう位置取りが正解でしょうな。 直線に入ってもマイネルファルケが粘っていたが...普段より比較的前で競馬していた分これを余裕で捕らえることができました。結局、カンパニーが2着のマイネルファルケに1・1/4馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、カンパニーが有終の美を飾ったマイルチャンピオンシップ。まぁ、カンパニーは順当勝ちと言ったところでしょうか。 ただ、他の馬がなぁ。比較的人気所が上位を占めたもの、前に行ってそのままなだれ込んだだけ、という内容ですからねぇ。 着順的にはGI好走という結果だが、あまり過信しちゃいけないでしょう。それなりに評価していいのは、上がり3ハロン33.0秒という末脚使ったアブソリュートぐらいかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。