今週のメインdeパツイチ2009
第11回兵庫ジュニアグランプリ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 兵庫ジュニアグランプリ 園田・ダ1400m  2歳オープン(JpnII) 2009年11月23日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アースサウンド 500万下 1着 前走R勝ち。ここでも押し切り勝ち狙う。
2 2 フジノビッグマン 笠松2組 3着 スピード足りず。よほど展開嵌らぬと。 - -
3 3 タガノバロット 兵庫若駒賞 1着 地元勢ではこの馬が一番手。上位争いも。
4 4 ナリタスプリング プラタナス賞 1着 前走完勝。この相手なら十分勝ち負け。 -
5 5 ラブミーチャン 500万下 1着 重賞好走馬破った前走評価。ここなら。
6 エーシンシャウラ 秋風ジュニア 3着 相手強くなって頭打ちに。ここでは。 - -
6 7 タマモコントラバス 500万下 5着 前走5着も完敗。この条件では荷が重く。 - -
8 パリスドール ひまわり賞 1着 前2走が物足りず。ダートで変わる? -
7 9 フィオーレハーバー 兵庫若駒賞 4着 展開嵌れば上位あるが、今回同型が... -
10 フジペガサス 高知E8 1着 中央で全く歯が立たず。能力不足か。 - -
8 11 アートオブビーン 園田プリン 1着 能力はまずまず。牝馬だがそれなりには。
12 ハイパーフォルテ 園田一組2歳 1着 今回相手一気に強くなり。入着あれば... - -

以上登録16頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第11回兵庫ジュニアグランプリ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第11回兵庫ジュニアグランプリの展望と予想とヨタ話
「Next」の巻

 2歳芝路線は東スポ杯2歳Sで一段落。次はいよいよ本番ですが...
 ダート路線もそろそろ。全日本2歳優駿へのステップ、第11回兵庫ジュニアG。

 まぁ、そんなこんなでこの兵庫ジュニアグランプリ。前述している通り、全日本2歳優駿の前哨戦となる重賞なのだが...それだけでは済みませんぜ。 去年のスーニのように来年の3歳ダート路線を担う有力馬を輩出するのがこの重賞。次の全日本2歳優駿だけじゃなく来年を占う上で重要な一戦、それがこの兵庫ジュニアグランプリ。

 で、今年はどうなのかと言われると...まぁ、期待していいんじゃないでしょうか。北海道交流重賞組は不在だが、中央のダート500万下を好内容で勝ち上がった アースサウンド、ナリタスプリング、ラブミーチャンといった馬がこの兵庫ジュニアグランプリに参戦。ラブミーチャンは前走レコード勝ち。 2・3着馬とは僅差だったが、それ以下は大きく突き放す内容。ナリタスプリングはプラタナス賞で2着に1・1/4馬身差をつけ完勝しているし、 ラブミーチャンは中央に挑戦した前走で小倉2歳S4着のサリエルを破って1着に入っているように、各馬ともそれなりに評価できる勝ち方してますからね。

 まぁ、それはそれとして。兵庫ジュニアグランプリの予想を。とりあえず、前述の3頭でいいでしょう。あとはその順序。 プラタナス賞を完勝したナリタスプリングを軸に持ってきたいところだが、ここはアースサウンド中心で。 1枠1番を引いたことだし楽にハナ奪って単騎逃げに持ち込めそう。前走みたいにかなりのペースで逃げてもそれなりには踏ん張る馬だけに、 押し切りあっていいんじゃないでしょうか。で、あとは無難にナリタスプリング・ラブミーチャンを。地元のタガノバロット・アートオブビーンも気になるところだが、これは次点候補ですな。

<第11回兵庫ジュニアグランプリ予想>

◎アースサウンド
○ラブミーチャン
▲ナリタスプリング
△タガノバロット
△アートオブビーン

 あとはオッズ。うまく人気が分散されれば妙味あるんだが...

結果

1着ラブミーチャン
2着アースサウンド
3着ナリタスプリング
4着タマモコントラバス
5着フィオーレハーバー

タイム:1分27秒5 3F:37.8秒
ラブミーチャン 牝2歳
騎手:濱口楠彦 厩舎:笠松・柳江厩舎
単勝:5番440円
複勝:5番120円、1番100円、4番100円
枠連:1-5 1000円 馬連:1-5 790円
馬単:5-1 1850円
3連複:1-4-5 180円
3連単:5-1-4 2620円
ワイド:1-5 160円
    4-5 150円 1-4 100円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!ラブミーチャン、来ましたねぇ。
 とはいえ、上位がこれだけ人気ではあまり妙味が...

 でもって、兵庫ジュニアグランプリの結果。かなり強力な中央馬が揃った一戦だったが、そんな中央馬を退け笠松のラブミーチャンが勝利。 やはり中央勝ちは伊達ではなかったようで。内にアースサウンドがいたが、ハナ争いを制して先頭へ。4コーナーの段階では2番手につけていたアースサウンドに交わされそうな勢いだったが、 直線に入ってから怒濤の粘り。結局、そのままアースサウンドを封じて1着でゴール。

 しかし、ラブミーチャンがここまでやれるとは。まぁ、逆に中央勢がその成績の割には見かけ倒しだった可能性もあるが、この勝ちはとりあえず評価していいでしょう。 今後も注意必要。また、2着に負けたとはいえアースサウンドも3着に3馬身の差をつけてますからね。それなりに力はあるんでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。