今週のメインdeパツイチ2009
第10回ジャパンカップダート出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 ジャパンカップダート 阪神・ダ1800m  3歳上オープン(GI) 2009年12月6日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エスポワールシチー 南部杯 1着 休み明けの前走完勝。好スタート切れれば。 -
2 サクセスブロッケン フェブラリS 1着 前走負けすぎ。一変あればいいのだが... - -
2 3 アドマイヤスバル JBCスプ 1着 スマートファルコンに敗北有。少々足りない。 - -
4 ヴァーミリアン JBCクラ 1着 前走思いの外苦戦。相手揃うここだと... - -
3 5 マコトスパルビエロ JBCクラ 2着 前走は太め残りだったか。使って絞れれば。
6 メイショウトウコン JCダート 2着 去年の2着馬も近走冴えない競馬ばかりで。 - -
4 7 ティズウェイ ジョッキーC 3着 格下と見られそうだが持ち時計まずまずで。 -
8 ダイショウジェット 武蔵野S 2着 GIではちと足りない感あるが嵌れば上位も。 -
5 9 ゴールデンチケット 兵庫CS 1着 スーニに先着有。ただ前2戦で決着済っぽく。 - -
10 ボンネビルレコード 帝王賞 3着 前走が負けすぎ。南関東じゃないとダメ? - -
6 11 ラヴェリータ スパーキング 1着 武蔵野S5着悪くなく。嵌れば一発も? -
12 シルクメビウス JDダービー 2着 武蔵野Sは案外も前走の楽勝を評価して。
7 13 スーニ JBCクラ 1着 能力はそれなりだがこの距離実は長い? - -
14 ワンダースピード 東海S 1着 前走僅差の3着。ヒモなら可能性も。
8 15 マルブツリード 阿蘇S 1着 前3戦の内容が散々。この条件では。 - -
16 ワンダーアキュート 武蔵野S 1着 前走も楽勝。大外枠微妙だがここでも。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回ジャパンカップダート枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第10回ジャパンカップダートの展望と予想とヨタ話
「政権交代」の巻

 先週に引き続き、今週もジャパンカップ。
 ダートのジャパンカップ、第10回ジャパンカップダート。

 というわけで、このジャパンカップダート。前述している通り、ダートのジャパンカップなのだが...有力視されていたサマーバードが故障で回避し、 海外勢はティズウェイ1頭のみという寂しい構成に。まぁ、このティズウェイ、ダ1600mを1:34.0で勝っているだけに軽視するのは禁物だが... 現状では国内勢同士の争い、と考えていいんじゃないでしょうか。

 でもって、そんな国内勢の内訳。実績的にはヴァーミリアンがダントツなのだが、去年秋からはカネヒキリに立て続けに敗れたり、フェブラリーSで掲示板を外したりする始末。 その後、帝王賞・JBCクラシックと連勝したのだが...「ライバルが故障等で次々と戦線離脱し、手薄になったところを勝った」というタナボタ的連勝だったと言えなくもない内容だっただけに、 素直にこの連勝を喜べないのが実情。まぁ、手堅く走っているだけに、相手が手薄であれば前2走のようにきっちり仕事するのだが...ねぇ。今回は相手が相手ですからね。 長らくダート界に君臨していたヴァーミリアンだが、そろそろ流行ものの「政権交代」があってもいいんじゃないでしょうか。

 で、その候補となるのが、今年のフェブラリーSで結果を出した4歳勢、そして台頭著しい3歳勢でしょうな。4歳勢ではフェブラリーSを勝ったサクセスブロッケン、 かしわ記念・南部杯を勝ったエスポワールシチー、3歳勢では重賞を楽勝で連勝したワンダーアキュート、JBCスプリント勝ちのスーニ、そのスーニを兵庫チャンピオンシップで破ったゴールデンチケット、 JDダービー2着でユニコーンS勝ちのシルクメビウスといった実績馬がこのJCダートに出走。ヴァーミリアンも極端に衰えている訳ではないので、それ相応に健闘しそうだが... さすがにこれだけの馬が揃うとなると、これらを防ぎきることは困難なんじゃないでしょうか。今回はこれらの馬から勝負するのが正解なのかも。

 あとは、その順序。前走負けすぎのサクセスブロッケン、オープンで勝ちきれなかったゴールデンチケット、前走JBCスプリント勝ちも相手が手薄だった&この距離長い感あるスーニを外すと、 残りはエスポワールシチー・ワンダーアキュート・シルクメビウスの3頭。これでも十分なのだが、前走JBCクラシックで太め残りながらもヴァーミリアンに肉薄したマコトスパルビエロも、 絞れてくれば上位に食い込んでくる可能性は大。これを加えて4頭。あとは、展開に左右される点、大きいところでは詰めが甘い点を減点してシルクメビウスを2・3着候補に降格させれば、 まぁ、それなりには馬券にはなるんじゃないでしょうか。

<第10回ジャパンカップダート予想>

◎エスポワールシチー
○マコトスパルビエロ
▲ワンダーアキュート
△ワンダースピード
△シルクメビウス

 あと、2・3着ならワンダースピードもアリかな。前走悪くないんだし。

結果

1着エスポワールシチー
2着シルクメビウス
3着ゴールデンチケット
4着サクセスブロッケン
5着アドマイヤスバル

タイム:1分49秒9 3F:37.1秒
エスポワールシチー 牡4歳
騎手:佐藤哲三 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:1番310円
複勝:1番150円、12番390円、9番890円
枠連:1-6 1020円 馬連:1-12 1940円
馬単:1-12 3160円
3連複:1-9-12 32660円
3連単:1-12-9 131960円
ワイド:1-12 870円
    1-9 2340円 9-12 5720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。きっちり勝ちましたな、エスポワールシチー。
 出来れば3連単当てたかったんだが...ゴールデンチケットはなぁ。

 でもって、ジャパンカップダートの結果。きっちり新旧交代が行われましたなぁ。勝ったのは4歳馬エスポワールシチー。 そして2・3着には3歳馬のシルクメビウス・ゴールデンチケット。そして、サクセスブロッケンは4着、ヴァーミリアンは8着という結果に。

 レース自体は、ティズウェイ・ワンダーアキュート・マコトスパルビエロ等それなりに行きたい馬が揃った一戦だったが、内枠を引いたエスポワールシチーがハナを譲らず。 で、結局、これを無理に交わして行く馬もおらず隊列確定。そんなこんなで、あっさり先手争いが決着したもんで、前半3ハロン通過が36.3秒、1000m通過が1:00.7とあまりペースは速くならず。 このペースでは残ってしまうのは仕方がありませんな。逃げたエスポワールシチー、向こう正面でマコトスパルビエロが捲ってきたが、これも退け先頭のまま直線へ。 直線に入っても、ペースが比較的緩めだったこともあってまだ十分余力あり。で、結局、そのまま後続を寄せ付けずゴールへ。

 しかしなぁ、ここまで分かりやすく新旧交代が行われるとはねぇ。サクセスブロッケンはともかく、ヴァーミリアンが掲示板すら確保できないとは。 まぁ、フェブラリーSも掲示板外しているだけに、その時と同じといえば同じですが...まぁ、こんなもんなんでしょうかねぇ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。