今週のメインdeパツイチ2009
第54回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2009年12月27日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アンライバルド 皐月賞 1着 頭打ち。2戦2勝の中山で変わればいいが。 - -
2 ブエナビスタ オークス 1着 能力認めるが中山が鍵。どこまで追い込める? -
2 3 ミヤビランベリ AR共和国杯 1着 前走のレース運び評価。同型次第だが嵌れば。
4 マイネルキッツ 天皇賞春 1着 徐々に良化。中山もそれなりにこなす馬で。
3 5 コスモバルク OROカップ 1着 秋2戦がダメ。去年も2桁着順だったし... - -
6 エアシェイディ 有馬記念 3着 派手さはないが地味に走る。去年以上も?
4 7 マツリダゴッホ オールカマー 1着 一昨年の勝ち馬。中山走るだけに一変も。 - -
8 リーチザクラウン 日本ダービー 2着 大きくは負けていない。展開嵌れば... -
5 9 ドリームジャーニー 宝塚記念 1着 去年4着。秋2戦が案外も中山走るだけに。 -
10 スリーロールス 菊花賞 1着 菊花賞は展開嵌った感有。今回相手強いし。 - -
6 11 イコピコ 神戸新聞杯 1着 鳴尾記念4着が問題。神戸新聞杯ぐらい走れば... - -
12 テイエムプリキュア エリ女王杯 2着 冬場調子のいい馬。展開次第で前走の再現も? -
7 13 シャドウゲイト 金鯱賞 2着 重賞で2桁着順ばかり。一度使うがGIでは。 - -
14 セイウンワンダー 朝日杯FS 1着 手堅く走る馬。GI勝ちの中山だしここでも。
8 15 ネヴァブション AJC杯 1着 中山得意。AJC杯ぐらい走れば上位も。 - -
16 フォゲッタブル 菊花賞 2着 前走完勝も破った相手微妙。GIでどこまで? - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第54回有馬記念の展望と予想とヨタ話
「総決算?」の巻

 これで今年の競馬(中央分)も終了です。
 最後を飾るGIといえばやはりコレ、第54回有馬記念。

 という訳で、今年の競馬の総決算的GIであるこの有馬記念。ただ、総決算といっても、ジャパンカップ勝ちのウオッカは鼻出血の影響で出走できなかったり、 天皇賞秋馬カンパニーはマイルCSでとっとと引退したり、日本ダービー馬のロジユニヴァースはJC回避に続いてここも回避したりと、今年のGIで結果を出した馬を欠くメンバー構成に。 さらに、秋のGIで手堅く上位確保したオウケンブルースリは来年に向けて早々に休養、天皇賞秋2着のスクリーンヒーローはJC後故障してたことが分かり戦線離脱する等、脇を固めていた実績馬もいなくなってしまう始末。

 そんなこんなで、これら有力所を欠いてしまった分、「総決算」というにはちと物足りない今回の有馬記念ですが...まぁ、それでもかなりの有力馬は揃っているんで悪くはないんじゃないでしょう、 秋は散々な目にあったが、能力あるところは示せた3歳牝馬二冠馬ブエナビスタを筆頭に、天皇賞春馬マイネルキッツ、宝塚記念馬ドリームジャーニーといった春の古馬GIウイナー2頭、 一昨年の有馬記念勝ち馬で中山では滅法強いマツリダゴッホといった辺りがこの有馬記念に参戦。さらに、有馬記念で好走例多い菊花賞からは、 スリーロールス、フォゲッタブル、セイウンワンダー、イコピコ、リーチザクラウンと1〜5着馬が全部出走。

 さらにさらに、今回の有馬記念、これらの実績馬が揃っただけじゃなく、レースを引っかき回してくれる馬も多数出走。 エリザベス女王杯でクィーンスプマンテと共に逃げ、そしてそのまま残って大波乱の片棒を担いだテイエムプリキュアに、 目黒記念・アルゼンチン共和国杯を人気薄で逃げ切ったミヤビランベリ、秋は一貫して逃げる体勢をとったリーチザクラウンといった馬がいるだけに、 レース的にも見応えのあるものになるんじゃないでしょうか。

 しかしだ。予想するとなると、これらの要因が複雑に絡み合ってかなり難儀することに。これまでのレース内容を考慮すると、 3歳牝馬というハンデはあるもののブエナビスタから入ってしまいたくなるのだが...ねぇ。この有馬記念、展開的な紛れが生じやすい中山で行われますからねぇ。 しかも、前述しているように、逃げてレースを引っかき回す馬がいますからね。ヘタすると前走のエリザベス女王杯の再現、なんてことになる可能性も。 まぁ、救いがあるとすれば、今の中山、先週の段階で芝1600mで1:33.2という時計が出るくらい馬場状態が良いという点。 瞬発力勝負でカタをつけられる状態にはあるんで、アレな展開にさえならなければ、その末脚で他馬を一刀両断するくらいはできるでしょう。

 とはいえ、やはり展開的な不安がつきまとうのが事実。ここは思い切って穴狙ってみるのも手なんじゃないでしょうか。 去年のアドマイヤモナークやエアシェイディのように、人気薄の大駆けが多いのがこの有馬記念。 ブエナビスタやドリームジャーニーといった後ろから行く有力馬を警戒して、他の有力所が動くに動けない状態になれば、 それこそエリザベス女王杯の再現なんてこともあるだろうしさ。テイエムプリキュアが大逃げしたりとか、 そこまでいかなくても、ミヤビランベリがAR共和国杯みたいに絶妙なペース配分で逃げたりすると、これらの馬が残ってしまう可能性もあるでしょ。

 まぁ、そこまでアレな展開になることはなくても「不振続きの馬が得意の中山で一変」というパターンの馬も過去多々あることだし、 その手の馬には注意必要でしょう。中山に良績あるマツリダゴッホ・ネヴァブション・エアシェイディ・アンライバルド辺りとかさ。

<第54回有馬記念予想>

◎ブエナビスタ
○ミヤビランベリ
▲ドリームジャーニー
△セイウンワンダー
△エアシェイディ
△マイネルキッツ

 あとは天気。土曜の雨の影響が残るならちょっと考え直さないと。

結果

1着ドリームジャーニー
2着ブエナビスタ
3着エアシェイディ
4着フォゲッタブル
5着マイネルキッツ

タイム:2分30秒0 3F:36.0秒
ドリームジャーニー 牡5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:9番400円
複勝:9番150円、2番140円、6番380円
枠連:1-5 510円 馬連:2-9 740円
馬単:9-2 1510円
3連複:2-6-9 5460円
3連単:9-2-6 18890円
ワイド:2-9 320円
    6-9 830円 2-6 1400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!人気馬同士の決着でしたがそこそこの配当に。
 にしても、エアシェイディいい仕事しますなぁ。3着に入って好配当演出。

 でもって、有馬記念の結果。何だかんだあったが、結局、1番人気の組み合わせで決まってしまいましたなぁ。 勝ったのは2番人気のドリームジャーニーで2着に1番人気のブエナビスタという順当な決着に。ただ、11番人気のエアシェイディが去年同様3着に入ったもんで、 3連複・3連単はやや波乱となったが...まぁ、それでも3連単万馬券止まりですからね。比較的平穏な結果だったんじゃないでしょうか。

 ただ、レース自体は割と混沌としたレースに。スタートで人気のドリームジャーニーが出遅れ最後方からの競馬になってしまうし、 リーチザクラウンがこれまでと同じように飛ばしていったもんで、前半1000m通過が0:58.6、その後もペースは思ったほど落ちず、割と厳しめの流れに。 さらに、向こう正面で菊花賞馬スリーロールスが故障して競走中止。

 そんな中、勝ったドリームジャーニーはというと、出遅れて最後方に下がってしまったこともあって、しばらくは最後方を追走。 ただ、こういう流れでしたからねぇ。無理に前を追っかけなかったのが正解。今回は比較的前で競馬した1番人気のブエナビスタが直線で前を交わして先頭に踊り出そうとしたが、 4コーナー付近から上がっていったドリームジャーニーがこれをきっちりマーク。直線半ばでブエナビスタを捕らえると、一騎打ちに持ち込むまでもなく抜き去り先頭へ。 ブエナビスタも食い下がるが、差を詰めるほどの余力はなかったようで、結局、ドリームジャーニーがリードを保ったままゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったドリームジャーニー。春の宝塚記念、秋の有馬記念と春秋グランプリを制覇。とはいえ、今回は出遅れ・展開がいい具合にハマった、 そんなところじゃないでしょうか。ほどほどのポジションにいたブエナビスタが2着に入っているが、勝ったドリームジャーニーに加え3・4着エアシェイディ、フォゲッタブルともに かなり後方から競馬した馬が上位を占めていますからねぇ。今回の有馬記念、一言で言ってしまえば「前崩れの競馬」だったんじゃないでしょうか。 リーチザクラウンがここまで積極的に飛ばしていかなかったら、ここまで前崩れにならなかっただろうし、ゲートを問題なく出てほどほどのポジション取りができていたら、 最後ここまでの脚を使えなかったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。