今週のメインdeパツイチ2009
第55回東京大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 東京大賞典 大井・ダ2000m  3歳上オープン(JpnI) 2009年12月29日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブルーラッド 浦和記念 1着 前走楽勝も展開嵌った感有。ここ正念場。 -
2 2 セレン 京成盃GM 1着 仕掛け所次第。流れに乗れれば上位も。 -
3 3 ロールオブザダイス 赤富士S 1着 この条件では荷が重く。展開嵌らぬと。 -
4 ゴールデンチケット JCダート 3着 復調しているなら注意必要。前走以上も。 -
4 5 サイレントスタメン 東京ダービー 1着 嵌ればかなりの末脚使う。展開次第で。 -
6 ケイエスショーキ 名古屋GP 8着 前走全く相手にならず。ここでは出番なし。 - -
5 7 セイリュウザクラ サラ大賞典 1着 前2戦の圧勝評価も今回相手一気に強化で。 - -
8 ヘキレキ 足摺きらり 1着 名古屋GPビリ。交流重賞では通用しない。 - -
6 9 ボンネビルレコード 帝王賞 4着 得意の南関東。有力所が落ち目なだけに。
10 フリオーソ 帝王賞 2着 単騎逃げできそう。ノーマークの逃げなら。
7 11 ヤマトマリオン TCK女王盃 1着 今年の成績芳しくなく。今回牡馬相手で。 - -
12 トウホクビジン 浦和記念 6着 前走の中央条件戦が問題。その程度の馬で。 - -
8 13 ヴァーミリアン JBCクラ 1着 前走8着気掛かりだが大井なら大威張り。 -
14 サクセスブロッケン フェブラリS 1着 詰め甘い。今回相手手頃だが取りこぼしも。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回東京大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第55回東京大賞典の展望と予想とヨタ話
「敗者復活」の巻

 有馬記念の負けはこのレースで取り戻せ!
 今年最後の大レース、交流GI・第55回東京大賞典。

 でもって、この東京大賞典。今年最後の大レース、と同時に、今年のダート路線の締めくくりとなる一戦。 ただ、「締めくくり」といっても時節の区切りとして丁度いいだけで、ダート路線自体は来年の川崎記念、そしてフェブラリーステークスと続きますけどね。 今回の東京大賞典、そういう意味ではこれらレースのうちの一つと捉えるのが妥当でしょうな。

 で、今回の東京大賞典。去年は各種GI勝ち馬が揃い「頂上決戦」的な色合いが濃かったが、今年はどちらかというと「JCダートの敗者復活戦」といった方がしっくりくるメンバー構成に。 JCダートで有力視されながら負けたヴァーミリアン・サクセスブロッケン、3着で本賞金加算できなかったゴールデンチケットがダート戦線に返り咲くべくこの東京大賞典に出走。

 しかし、その目論見通りいくかどうかは微妙なところ。実績的には問題ないのだが...ヴァーミリアンは前走のJCダートが負けすぎの感あるし、 サクセスブロッケンは地方だと詰めがかなり甘くなるのが問題。JCダート上位のエスポワールシチー・シルクメビウスといったライバルがいないのは歓迎だが、盤石とはいえないでしょう。 この2頭が何かしらピリっとしない状況なら、前走以前に今一つな結果あるがJCダート3着評価できるゴールデンチケット、重賞連勝で勢いあるブルーラッド、 南関東では相変わらず手堅く走るボンネビルレコード・フリオーソ辺りにもチャンスは十分あるでしょう。まぁ、ヴァーミリアンはこの条件できっちり変わってきそうだし、とりあえずこの馬から入ってみますが...

<第55回東京大賞典予想>

◎ヴァーミリアン
○フリオーソ
▲ゴールデンチケット
△サクセスブロッケン
△ボンネビルレコード

 一発狙うならフリオーソ。有力所が後方で牽制しあえば逃げ切りも...

結果

1着サクセスブロッケン
2着ヴァーミリアン
3着ロールオブザダイス
4着セレン
5着ゴールデンチケット

タイム:2分05秒9 3F:37.0秒
サクセスブロッケン 牡4歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:14番290円
複勝:14番120円、13番120円、3番460円
枠連:8-8 290円 馬連:13-14 280円
枠単:8-8 290円 馬単:14-13 650円
3連複:3-13-14 4120円
3連単:14-13-3 11310円
ワイド:13-14 160円
    3-14 1470円 3-13 1340円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても、ガチガチの決着ではなぁ。
 この組み合わせだったら、3着まできっちり当てないとさすがに...

 でもって、東京大賞典の結果。前走がアレな感じがあったが、この条件になればきっちり巻き返しますな。 サクセスブロッケンとヴァーミリアン。実績馬2頭で順当に決着。勝ったのはサクセスブロッケン。 ヴァーミリアンとの一騎打ちをハナ差制し久々の勝利。

 レース自体は、フリオーソがハナ争いを制して単騎で逃げる展開。行く馬がすんなり行ったもんだから落ち着いた流れに。 しかし、それも長く続かず。向こう正面で一旦ペースを落としたフリオーソだったが、ここで一気に勝負に出たのが人気の一角を担ったゴールデンチケット。 中団から一気に押し上げ、逃げたフリオーソを抜き去り先頭へ。

 終わってみれば、ここでどう動いたかがそのまま勝敗に直結する形に。前を追っかけじわりじわりと差を詰めていったのヴァーミリアン、 ここで動かず脚を溜めていたのがサクセスブロッケン。直線入った段階では先に行ったヴァーミリアンが後続を突き放すかの勢いだったが、 さすがに動くのが速かったのか、前に行った馬、最後まで持たず。で、前が伸び悩んだところをついてサクセスブロッケンが進出。 ヴァーミリアンもしぶとく食い下がったが、結局交わされ2着。3着以下も、逃げ残りを計るゴールデンチケットだったが、ロールオブザダイス・セレンにまとめて交わされ5着。 今回の東京大賞典、ゴールデンチケットにかき乱されて先行馬があと一踏ん張りできなかった、まぁ、そんな内容だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。