今週のメインdeパツイチ2010
第26回フェアリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 フェアリーステークス 中山・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2010年1月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ホッカイレシフェ 福島2歳S 8着 スピード不足か。時計かかる馬場じゃないと。 - -
2 メジロオードリー 芝千六1:36.1 1着 新馬戦の楽勝を評価。まだ上目指せそう。 -
2 3 コスモレニ サフラン賞 6着 今回重賞。前走以上はさすがに望めないか。 - -
4 カホマックス くるみ賞 1着 同型の出方次第。内枠引いて前に行ければ。 -
3 5 ディアアレトゥーサ 芝千六1:36.0 1着 前走の末脚を評価。この相手なら重賞でも。
6 セントアンズ 黒松賞 2着 前に行くとしぶとい。距離伸びるが侮れず。
4 7 ナリタブルースター 芝千六1:37.4 1着 前走は展開嵌った感否めず。今回同型いるし... - -
8 ロジフェローズ 芝千四1:23.9 1着 新馬戦上々の内容。この相手なら即通用か。
5 9 コスモネモシン 芝千八1:53.4 1着 凡走は不利あってのもの。能力はある。 -
10 ボンジュールメロン 芝千六1:37.2 1着 新馬勝ち平凡。重賞では通用しそうになくて。 - -
6 11 クラリン 500万下 7着 昇級戦が案外。重賞ではさすがに厳しいか。 - -
12 トーセンフリージア ホープフルS 15着 昇級戦が負けすぎ。このクラス荷が重そう。 - -
7 13 アプリコットフィズ 芝千六1:34.7 1着 新馬戦楽勝を評価。この相手なら重賞でも。 -
14 ミエノグレース ダ千二1:13.2 1着 芝こなせればそれなりに。穴で一考。 -
8 15 アドマイヤテンバ 芝二千2:03.0 1着 新馬・未勝利が平凡な印象。ここだと? - -
16 テイラーバートン 萩S 2着 OP好走素直に評価。今回相手も手頃だし。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第26回フェアリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第26回フェアリーステークスの展望と予想とヨタ話

 開催時期と距離が変更されて2年目。そろそろ変わる?
 桜花賞に向けての一戦、第26回フェアリーステークス。

 そんなこんなでこのフェアリーS。前述の通り、去年から開催時期が12月から1月に、距離が1200mから1600mに変更。 変更前は、3歳牝馬クラシックに向けた一戦というよりも、阪神JF敗北組の憂さ晴らしと言われても仕方がない重賞。 実際、「ここだけ」で終わってしまう馬ばかりで、クラシックにまるで直結しない重賞だったのがこのフェアリーステークス。 しかし、変更後はこの状況もそれなりに改善された様子。去年の勝ち馬ジェルミラルは、桜花賞・オークスで3着に入ってることだしさ。

 で、この流れに乗って、今年もクラシック戦線へ活躍馬を送り出してくれるんじゃないでしょうか。 今年の牝馬路線、勝ち馬が二転三転しているようにまだまだ勢力図が固まりきっていない状態。新興勢力が台頭する余地は十分あるでしょう。 さらに、今回のフェアリーステークス、新馬・未勝利勝ち馬がなかなかの粒ぞろいですからね。新馬戦を楽勝したアプリコットフィズや、 メジロドーベルの仔で新馬戦でいい末脚みせたメジロオードリーとかさ。あと、アドマイヤテンバ・ロジフェローズ・ディアアレトゥーサ辺りも、 着差はそれほどではないが内容自体は悪くないだけに、展開次第では十分勝負になるでしょう。今回のフェアリーステークスはこれらの新興勢力が主役かな?

<第26回フェアリーステークス予想>

◎メジロオードリー
○コスモネモシン
▲ディアアレトゥーサ
△アプリコットフィズ
△ロジフェローズ
△セントアンズ

 あと、一応実績評価してテイラーバートン・カホマックスも。

結果

1着コスモネモシン
2着アプリコットフィズ
3着テイラーバートン
4着メジロオードリー
5着トーセンフリージア

タイム:1分34秒8 3F:38.0秒
コスモネモシン 牝3歳
騎手:石橋脩 厩舎:美浦・清水英厩舎
単勝:9番6720円
複勝:9番650円、13番150円、16番130円
枠連:5-7 4210円 馬連:9-13 9020円
馬単:9-13 29320円
3連複:9-13-16 7320円
3連単:9-13-16 87200円
ワイド:9-13 2110円
    9-16 1950円 13-16 250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、○△という微妙な結果。
 穴予想が◎ズバリだっただけに、きちんと2着まで印が回っていれば...

 でもって、フェアリーステークスの結果。内枠を引いたこともあってカホマックスが楽にハナへ。ただ、ハナを奪った後もペースを落とさず大逃げ体勢へ。 しかし、前半3ハロン通過が33.8秒、1000m通過が0:56.8ではさすがに止まってしまいます。直線半ばまではリードを保っていたが、中山の坂を登り切ったところで後続に捕まりアウト。

 で、代わりにやってきたのが人気のアプリコットフィズ...だったが、脚色はその後ろにいたコスモネモシンの方が上。 先に動いた分、アプリコットフィズがリードしていたが、これをじわりじわり追い詰め逆転。結局、アプリコットフィズをクビ差交わし1着でゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはコスモネモシン。ややジリっぽいところある馬だが、今回はいい具合に展開が嵌りましたな。 前が飛ばしてペースが上がり、その結果、上がりを要する展開に。自身の使った脚が35.7秒。まぁ、この程度ならきっちり出せるんでしょうな。 ただ、これから先はどうなるんでしょうかねぇ?スピード勝負になってもついていけるのか、それが今後の課題でしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。