今週のメインdeパツイチ2010
第13回TCK女王盃出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 TCK女王盃 大井・ダ1800m  4歳上牝オープン(JpnIII) 2010年1月20日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマトマリオン TCK女王盃 1着 去年の覇者だがここ数戦が物足りなくて... - -
2 2 ウェディングフジコ ターコイズS 1着 ダートでも好走ある馬。あとは展開次第。
3 3 チャームナデシコ GスパーT 1着 前走が負けすぎもこの条件なら巻き返し。 -
4 クロスウォーター 新春盃 3着 地元で手堅く走るが交流重賞ではさすがに。 - -
4 5 フサイチミライ トゥインクル 1着 手堅く走る。前が止まる展開なら出番も。 -
6 テイエムヨカドー クイーン賞 2着 クイーン賞2着評価も前走案外。巻き返し? - -
5 7 コスモプリズム ロジータ記念 3着 この条件でも展開次第で出番あり。穴で。
8 ラインジュエル TCKディス 2着 クイーン賞10着も地元重賞での好走を評価。 -
6 9 ツクシヒメ 関東オークス 2着 関東オークス2着を評価。ここでも好勝負。
10 カンタカ くろうま賞 1着 この条件では荷が重い。あって入着まで。 - -
7 11 ユキチャン クイーン賞 1着 立ち直りつつある。だが、油断は禁物。 -
12 トウホクビジン 新春特別 1着 牝馬限定ならもう少しやれる。3着なら。 -
8 13 ベルモントプロテア トゥインクル 2着 成績尻すぼみ。しばらく様子見必要か。 - -
14 ダイナマイトボディ 兵庫クイーン 1着 前2戦が負けすぎ。この条件では辛いか。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回TCK女王盃枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第13回TCK女王盃の展望と予想とヨタ話

 この後、川崎記念・フェブラリーSとダートの大一番が続きますが...
 それはあまり関係ないようで。牝馬限定戦・第13回TCK女王盃。

 というわけで、このTCK女王盃。前述している通り、ダート路線はこれから大きいレースが待ち受けているのだが...牝馬は牝馬でやることがあるようで。 先月のクイーン賞から続く南関東牝馬限定重賞シリーズ、その第二戦がこのTCK女王盃。ここを勝ってダートGIへ...というより、この牝馬限定シリーズの一貫としてここを使ってきた、 まぁ、そんなところでしょうか。

 で、今回のTCK女王盃。例年クイーン賞上位馬が手堅く結果を残すレースなだけに、クイーン賞1・2着のユキチャン、テイエムヨカドーがここでも順当に上位を確保... といきたいところだが、今回相手が相手だからねぇ。そうすんなり決まらないんじゃないでしょうか。中央勢もクイーン賞とは違い、ウェディングフジコ・チャームナデシコといった新顔が出走してきているし、 南関東勢も東京シンデレラマイルやTCKディスタフといった主要なレースの上位馬が揃っているしさ。

 でもって、予想の方もこれらを考慮してクイーン賞組はちと薄め。中心はウェディングフジコ。ここ数戦は芝で結果を出しているが、条件戦を走っていた頃はダートがメイン。 そして比較的前で競馬できるのも○。あとは関東オークスや黒潮盃、TCKディスタフを評価してツクシヒメ、流れに乗れれば上位狙えるチャームナデシコ・コスモプリズムを。

<第13回TCK女王盃予想>

◎ウェディングフジコ
○コスモプリズム
▲ツクシヒメ
△チャームナデシコ
△ユキチャン

 あと、ユキチャンも一応おさえで。

結果

1着ユキチャン
2着ウェディングフジコ
3着コスモプリズム
4着ツクシヒメ
5着チャームナデシコ

タイム:1分52秒9 3F:38.6秒
ユキチャン 牝5歳
騎手:今野忠成 厩舎:川崎・山崎尋厩舎
単勝:11番270円
複勝:11番120円、2番220円、7番240円
枠連:2-7 1640円 馬連:2-11 1450円
枠単:7-2 2990円 馬単:11-2 2820円
3連複:2-7-11 5160円
3連単:11-2-7 22560円
ワイド:2-11 500円
    7-11 550円 2-7 1570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、当たりは当たりなんだが...
 ウェディングフジコ突き抜けられなかったのがなぁ。うーん。

 でもって、TCK女王盃の結果。割といい狙いはしていたんだが...結局勝ったのはユキチャン。クイーン賞に続いてこのTCK女王盃も制覇。 今回も前走同様好位からの競馬。トウホクビジンやダイナマイトボディを先に行かせ、自身はこの後ろを追走。あとは、前をじっくり料理して直線入ったところで先頭へ。

 ただ、今回は他の馬もかなりの面子揃いだったこともあって、ここから苦戦。捲ってきたコスモプリズム・ツクシヒメが外から、 そして最内からウェディングフジコが進出。一時はこれらの馬に交わされてしまう勢いだったが...最後一踏ん張りしてこれらを抜かせず。 ウェディングフジコをクビ差振り切って1着でゴールへ。

 というわけで、重賞連勝したユキチャン。一時期成績低迷していたが、この連勝で復活したと考えていいんじゃないでしょうか。 今回それなりの相手を破っていることだしさ。ただ、勝ったとはいっても差はあまりないからなぁ。展開次第で他の馬の逆転もあるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。