今週のメインdeパツイチ2010
第60回東京新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 東京新聞杯 東京・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2010年1月30日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エーシンフォワード ファイナルS 1着 前2戦評価もこの相手手強く。どこまで? - -
2 レッドスパーダ NHKマイルC 2着 3戦目で一変。GI2着ある東京マイルで。 -
2 3 アブソリュート 富士S 1着 去年の勝ち馬。東京マイル合うだけに。 -
4 トライアンフマーチ 皐月賞 2着 GI好走馬が立ち直った。ただ今回相手手強く。 -
3 5 スマイルジャック 関屋記念 1着 前走より相手楽だがこの相手も手強く。 - -
6 マイネルファルケ マイルCS 2着 GI2着を評価。東京開幕週だし展開次第で。
4 7 キャプテンベガ 東京新聞杯 2着 去年の2着馬。相手なりには走る馬で。
8 アップドラフト ポートS 2着 OPでそこそこ好走も重賞では荷が重く。 - -
5 9 ストロングガルーダ ラジオNIKKEI 1着 休み明け後が散々。しばらく様子見か。 - -
10 チョウカイフライト 中日新聞杯 3着 前走の末脚悪くなく。東京走るだけに。
6 11 ティアップゴールド オーロC 5着 オープンでなんとか入着までの馬。厳しい。 - -
12 タマモサポート 安田記念 10着 成績低迷。去年より悪い状況では... - -
7 13 リザーブカード 富士S 4着 ここ数戦今一つだが東京なら多少は。 -
14 プロヴィナージュ 秋華賞 3着 秋華賞3着馬がようやく条件脱出。侮れず。 -
8 15 グッドキララ 京都金杯 4着 前2戦悪くなく。末脚生かせる展開なら。 -
16 ライブコンサート 京都金杯 1着 いい時の走り戻った?前走ぐらい走れば。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回東京新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第60回東京新聞杯の展望と予想とヨタ話

 ダート路線は今週の根岸Sで一通り役者が揃うが...
 短距離路線はこれからが本番。第60回東京新聞杯。

 というわけで、この東京新聞杯。距離自体はマイルだが、高松宮記念へのステップと考えていい一戦。 去年ここを使って本番に挑んだローレルゲレイロがきっちり高松宮記念で結果を出しているんだしさ(といっても、途中で阪急杯を使っていますが...)

 で、今年も同じような傾向に...なるかと思いきや、今年は今年でマイラーが揃った真っ当なマイル重賞になってしまいました。 阪神カップや京阪杯といった短めの距離からここにアプローチしてくる馬がいても不思議ではないのだが...今年は皆無。 逆に中距離路線から距離短縮でここに挑んできた馬をちらほら見かけるメンバー構成に。

 そんなこんなで、マイル重賞らしいメンバーが揃った今回の東京新聞杯。まぁ、距離こなせるかどうかという不確定要素がない分、予想は楽。 とりあえず、去年の勝ち馬アブソリュートや、NHKマイルC2着のレッドスパーダに皐月賞2着のトライアンフマーチ、マイルCS2着のマイネルファルケといったGI好走馬、 京都金杯勝ちのライブコンサート、関屋記念勝ちのスマイルジャック辺りを狙っていけばいいでしょう。ただ、どの馬も「ダメなときはダメ」な馬だからなぁ...過信は禁物。

 あと、注意しなければいけないのが展開。今週は東京開幕週です。去年みたいに馬場が悪化しているならそうでもないのだが、開幕週ということで時計がでるのがこの東京新聞杯。 一見ペースが速くても「馬場状態を考慮すればそうでもなかった」という状態になりがち。そして、前に行った馬が最後まできっちり脚を使ってそのまま前残り...なんてことがよくあるのが東京開幕週。 特に今回、レッドスパーダやマイネルファルケといった強力な先行勢がいますからねぇ。この辺りを楽に行かせると簡単に残ってしまうんじゃないでしょうか。

<第60回東京新聞杯予想>

◎レッドスパーダ
○チョウカイフライト
▲アブソリュート
△マイネルファルケ
△キャプテンベガ
△トライアンフマーチ

 まぁ、瞬発力勝負になればアブソリュートも突っ込んでくるんだろうけど...

結果

1着レッドスパーダ
2着トライアンフマーチ
3着エーシンフォワード
4着マイネルファルケ
5着リザーブカード

タイム:1分32秒1 3F:33.9秒
レッドスパーダ 牡4歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:2番450円
複勝:2番170円、4番180円、1番290円
枠連:1-2 430円 馬連:2-4 950円
馬単:2-4 2040円
3連複:1-2-4 3580円
3連単:2-4-1 14840円
ワイド:2-4 420円
    1-2 760円 1-4 1120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても人気通りの決着でしたけどね。
 マイネルファルケがもう一踏ん張りしてくれれば良かったんだが...

 でもって、東京新聞杯の結果。レコードには0.1秒及ばなかったが、やはり開幕週ということもあって随分早い時計での決着になりました。 そんなスピード決着を制したのが2番人気のレッドスパーダ。道中は、逃げたマイネルファルケを少し離れた2番手で追走。 で、直線で難なく抜け出し2着に1・1/2馬身の差をつける余裕の勝利。

 レース自体は、前述している通りスピード決着となったのだが...やはりというか前が止まりませんでしたな。 逃げたマイネルファルケのペースは、前半3ハロン通過が34.8秒、1000m通過が0:58.2。時計的にはそれなりのペースにだったが、 今の馬場状況を考慮するとどちらかというと緩い流れ。これでは前に行った馬が残ってしまうのも仕方がないでしょう。 実際、2番手にいたレッドスパーダが勝っちゃうし、2・3着馬もこのレッドスパーダ付近にいた馬。 逃げたマイネルファルケも最後バッタリ止まったりせず4着確保しているんだしさ。

 まぁ、それはともかく。勝ったのはレッドスパーダ。NHKマイルカップもそうだったが、時計勝負だったら滅法強い、 そんな感じの馬なのかもしれませんな。逆にちょっと時計がかかると怪しくなりそうな気がするけどな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。