今週のメインdeパツイチ2010
第45回京都牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 京都牝馬ステークス 京都・芝1600m  4歳上牝オープン(GIII) 2010年1月31日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネレーツェル ローズS 1着 重賞勝ちある馬だが良化スロー。様子見。 - -
2 2 プリマフォルツァ 牝1000万下 1着 末脚まずまずだが今回重賞だしどこまで? -
3 エリモファイナル ストークS 1着 ここ数戦いいところなく。重賞では... - -
3 4 クラウンプリンセス ポートS 1着 前2戦が問題。今回牝馬限定戦だが... - -
5 ワンカラット フィリーズ 1着 GIは悪くない内容だが前走が負けすぎで... -
4 6 ザレマ 京成杯AH 1着 成績尻すぼみ。ただ牝馬限定戦なら多少は。
7 ショウナンラノビア ヴィクトリア 3着 牝馬同士なら上位ある。斤量も重くないし。
5 8 ヒカルアマランサス 愛知杯 4着 あと一押し足りず。手堅く上位確保しそうだが。 -
9 チェレブリタ 京都牝馬S 1着 去年の勝ち馬。ただ凡走続きの現状では... - -
6 10 マイティースルー セレブ賞 1着 ここ数戦の末脚悪くなく。ただ京都だと?
11 サンレイジャスパー 府中牝馬S 8着 少しマシになるが「少し」だけ。出番なし。 - -
7 12 ブラボーデイジー ヴィクトリア 2着 前走2着で復活?もう少し様子見したい。 - -
13 レジネッタ 桜花賞 1着 GI馬だがOPでも苦戦する始末。どこまで? - -
8 14 レインダンス 京都金杯 3着 去年の2着馬。前走ぐらい走れば今年も... - -
15 ベストロケーション 市川S 1着 前走を評価。距離克服できれば一発も。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回京都牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第45回京都牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 ここ勝って有終の美を飾る?それとも現役続行?
 運命の分かれ道、第45回京都牝馬ステークス。

 まぁ、そんなこんなで、この京都牝馬ステークス。ここを使って引退・繁殖入りする馬もいれば、牝馬限定戦を使いつつ春の大一番・ヴィクトリアマイルへ向かう馬も。 それぞれの陣営にそれぞれの思惑があるのだが...ま、それはそれ。とりあえず、どういう形であれここで結果を出したい牝馬がこの京都牝馬ステークスに参戦。

 でもって、京都牝馬ステークスの予想。時期が時期なだけに有力馬はお休み...なのだが、中にはGI・重賞で結果を出した馬もちらほら。 桜花賞馬レジネッタやヴィクトリー2・3着のブラボーテイジー・ショウナンラノビアとかさ。GI・重賞で結果を出したものの近走が今一つで、 相手弱化のここでなんとか巻き返したい、そんな感じでここを使ってきたんでしょうかねぇ?

 まぁ、実績馬がそういう感じなので、信用できるかどうかは微妙なところ。この辺りは、近走成績安定しているショウナンラノビアをおさえておけばいいでしょう。 あとは、条件戦を勝ち上がったベストロケーション・マイティースルーとか、牝馬限定戦なら巻き返しありそうなザレマ、 前走は流れ向かなかったヒカルアマランサスといった重賞好走馬をマークしておけばいいでしょ。

<第45回京都牝馬ステークス予想>

◎ショウナンラノビア
○ベストロケーション
▲ザレマ
△マイティースルー
△ヒカルアマランサス

 ただ、一波乱あるのがこの京都牝馬ステークスだからなぁ...

結果

1着ヒカルアマランサス
2着ベストロケーション
3着ザレマ
4着ワンカラット
5着チェレブリタ

タイム:1分36秒4 3F:34.7秒
ヒカルアマランサス 牝4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・池江泰郎厩舎
単勝:8番330円
複勝:8番140円、15番370円、6番170円
枠連:5-8 670円 馬連:8-15 2790円
馬単:8-15 4470円
3連複:6-8-15 5210円
3連単:8-15-6 28940円
ワイド:8-15 900円
    6-8 390円 6-15 1410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。△○で来たことは来たんだが...
 できれば差さないで貰いたかった(泣)。ベストロケーション来てたのに。

 でもって、京都牝馬ステークスの結果。勝ったのは1番人気のヒカルアマランサス。これまでは好位から競馬することが多かったが、今回は思い切って最後方待機策。 まぁ、結果的にはこれが大正解でした。出走馬の中でダントツの上がり3ハロン33.6秒を叩き出し、直線だけで他の出走馬14頭すべてをぶった斬り。

 ペース自体は前半3ハロン通過が36.7秒、1000m通過が1:01.7と稍重という馬場状態を考慮しても緩めのペース。 となれば、前に行った馬が残ってしまうのは仕方がないところ。実際、ベストロケーション・ザレマがそのまま残って2・3着確保しているんだしさ。 ただ、今回は一頭だけ別の競馬をした馬がいて、その馬が勝った、そんなところじゃないでしょうか。

 まぁ、それはともかく。勝ったヒカルアマランサス。前走の愛知杯は「怪我の功名」といったところじゃないでしょうか。 その愛知杯は出遅れて後方からの競馬になってしまったが、最後いい脚を使って4着。そこで今回、末脚を生かす方向に持って行ったらそれがズバリ嵌ってこの結果。 溜めれば溜めた分だけいい脚使う、そんな馬だったんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。