今週のメインdeパツイチ2010
第19回アーリントンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 アーリントンカップ 阪神・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2010年2月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フラガラッハ 京成杯 4着 重賞でもそこそこ結果出した。展開次第で。 -
2 ニシノメイゲツ 朝日杯FS 5着 ここなら巻き返しあっていい。勝ち負け。 -
2 3 ザタイキ 500万下 1着 新馬・500万下と難なく連勝。ここでも。 -
4 モエレデフィニット ヒヤシンスS 6着 前走まずますだが今回は芝の重賞で。 - -
3 5 ノボクン 500万下 1着 嵌れば飛んでくる馬。前崩れなら芝でも。 -
6 パラダイスラビーダ 若駒S 8着 若駒S8着で決着済。この条件では苦しい。 - -
4 7 コスモセンサー 京王杯2歳S 5着 地味だがそれなりに走る馬。連下なら。 -
8 タニノエポレット ベゴニア賞 5着 前走が負けすぎ。相手は楽になるがどこまで? - -
5 9 ダノンハラショー 萩S 4着 OP好走の内容考えればもう少しやれていいが... -
10 キョウエイアシュラ 函館2歳S 2着 トーンダウン。巻き返しに期待したいが... - -
6 11 シゲルモトナリ クロッカスS 2着 クロッカスS2着を評価。嵌れば重賞でも通用。
12 ペガサスヒルズ 500万下 1着 芝でも大負けしておらず。それなりには。 -
7 13 レト 黒松賞 1着 前走が案外。マイルはちょっと長いのかも... -
14 マカニビスティー ヒヤシンスS 5着 ダートメインだが嵌ればいい脚使うだけに。 -
8 15 ムーンテンダー はこべら賞 3着 芝・ダート云々の前に重賞では辛い。 - -
16 ドビュッシー ダ千四1:26.0 1着 芝・ダート問わない馬だが重賞では苦しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回アーリントンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第19回アーリントンカップの展望と予想とヨタ話

 ここ勝って皐月賞?それともNHKマイルカップ?
 各陣営の思惑が交差するマイル戦・第19回アーリントンカップ。

 そんなこんなで、このアーリントンカップ。ぼちぼちクラシックへのトライアルレースが始まる頃ですが、 このアーリントンカップはどこかへの優先出走権もないふつーの重賞。そういうこともあって、比較的緩いメンバー構成になりがちなのがこのアーリントンカップ。 しかし、だからといって軽視は禁物。実際、ディープスカイやロジックといったGI馬を輩出しているんだしさ。

 で、今年も地味ながらまずまずの顔ぶれ。朝日杯FS5着で芙蓉S勝ちのニシノメイゲツや、新馬・500万下を完勝したザタイキ、 初重賞は今一つだったが慣れてくれば通用しそうなコスモセンサー・フラガラッハとかさ。この辺りがここで結果を出せば、まぁ、それなりには期待していいんじゃないかと。

 でもって、予想の方もこれらの馬中心。ただ、それほど抜けた存在ではないので展開次第では他の馬も入り込んでくる可能性大。今回はこの手の馬をうまくく拾えるかどうか、 そこが鍵になりそうですな。結果出しているのはダートだが嵌れば飛んできそうなマカニビスティー、ノボクンとかさ。

<第19回アーリントンカップ予想>

◎ニシノメイゲツ
○マカニビスティー
▲ザタイキ
△フラガラッハ
△シゲルモトナリ
△コスモセンサー

 まぁ、それほど波乱はないんじゃないでしょうか。

結果

1着コスモセンサー
2着ザタイキ
3着レト
4着シゲルモトナリ
5着フラガラッハ

タイム:1分34秒8 3F:35.2秒
コスモセンサー 牡3歳
騎手:石橋脩 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:7番1760円
複勝:7番360円、3番110円、13番660円
枠連:2-4 1140円 馬連:3-7 1260円
馬単:7-3 4530円
3連複:3-7-13 9090円
3連単:7-3-13 63090円
ワイド:3-7 630円
    7-13 3580円 3-13 1030円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。コスモセンサーちょっと人気なかったが...
 ザタイキが圧倒的人気だったんでねぇ。単で買えればいいんだけど。

 でもって、アーリントンカップの結果。そこそこ前に行く馬いたのだが「どうしてもハナ」という馬もいなかったもんで、 コスモセンサーがハナを奪ったところで先行争い終了。ペースもそれほど上がらず前半3ハロン通過が36.3秒と緩めのペースに。

 結局、こういうペースだったもんだから、前に行った馬が残ってしまいましたな。逃げたコスモセンサー、 4コーナーでレト・シゲルモトナリ・フラガラッハに並ばれるものの、直線入ったところでこれを突き放し独走態勢に。 最後、1番人気のザタイキが伸びてくるも、開いた差を詰めきることは出来ず、コスモセンサーがザタイキに1・1/2馬身の差をつけ押し切り勝ち。

 そんなこんなで、典型的な前残りの競馬だっただけにどう評価していいのかイマイチ掴み辛い一戦となってしまいました。 こういう流れの中、突っ込んできたザタイキは一応評価するが...ここは差し切るぐらいの結果を出して欲しかった。 もう少し切れる脚があれば届いたんだろうけど、現状はこんなもんなのかもしれませんなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。