今週のメインdeパツイチ2010
第55回ダイオライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 ダイオライト記念 船橋・ダ2400m  4歳上オープン(JpnII) 2010年3月10日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルマニセス 園田A1A2 2着 地元でちょっと及ばない競馬続く。ここでは... - -
2 2 フサイチセブン アルデバラン 2着 OPでの走り評価。実績馬揃うが十分通用。
3 3 デュヴァル 高知D4 1着 園田で全く歯が立たなかった馬。厳しい。 - -
4 フリオーソ 川崎記念 2着 前走2着を評価。南関東ならまだまだやれる。
4 5 セレン 東京大賞典 4着 末脚なかなか。東京大賞典ぐらい走れば。 -
6 ケイエスショーキ だるま夕日 3着 交流重賞での成績が散々。入着あれば。 - -
5 7 エイシンインパール 東海クラウン 3着 地元で嵌ってようやく入着までの馬。辛い。 - -
8 サイレントスタメン 東京ダービー 1着 末脚不発のレース続く。復活あればいいが... - -
6 9 マコトスパルビエロ JBCクラ 2着 この条件手堅く走る。あとは仕上がり次第。
10 ロールオブザダイス 東京大賞典 3着 前走が案外。来る来ないは展開次第か。 -
7 11 ファンドリコンドル 高知B4 1着 川崎記念ビリ、報知ASブービーではさすがに。 - -
12 トウホクビジン 佐賀記念 5着 今回相手手強く。入着すら厳しい状況で。 - -
8 13 マイネルアワグラス 名古屋GP 3着 末脚戻ってきた。今の調子なら連対できる。
14 ナイキハイグレード 羽田盃 1着 今回休み明け2戦目。一変あればここでも。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回ダイオライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第55回ダイオライト記念の展望と予想とヨタ話

 フェブラリーステークスが終わって一休み...とはいかないぞ。
 春の大一番・帝王賞に向け有力馬再始動、第55回ダイオライト記念。

 と言う訳で、このダイオライト記念。前述している通り、川崎記念・フェブラリーステークスと冬の大一番は一通り終了。 で、次の目標であるかしわ記念・帝王賞に向けての一戦...となるのだが、まぁ、その目標はまだまだ先ですからね。参考程度でいいんじゃないでしょうか。

 しかし、今回のダイオライト記念。妙にメンバーが揃いましたな。中央勢からは、JBCクラシック2着のマコトスパルビエロや東京大賞典3着で平安S勝ちのロールオブザダイス、 地元勢からは南関東の代表格・フリオーソを筆頭に東京大賞典4着のセレン、東京ダービー馬サイレントスタメン、羽田盃馬ナイキハイグレードといった実績馬が出走。 「参考程度」といったが、これだけメンバーが揃うのであれば十分前哨戦として機能するんじゃないでしょうか。

 ま、この辺りは結果が出てから考えれば良い訳で。とりあえずダイオライト記念の予想を。手堅く前述した実績馬を狙っていけばいいのだが... 今回はそれなりにメンバー揃っていますからねぇ。連勝は止まったがOPで2着と一応の結果を出したフサイチセブンや立ち直ったマイネルアワグラスも十分通用していいでしょう。 実績馬といっても大きいところで勝ちきれなかった馬ばかりなんだしさ。

<第55回ダイオライト記念予想>

◎フサイチセブン
○マイネルアワグラス
▲マコトスパルビエロ
△ロールオブザダイス
△フリオーソ

 という訳で中心はフサイチセブン。前走は相手が悪かったとも言えるし。

結果

1着フサイチセブン
2着マイネルアワグラス
3着マコトスパルビエロ
4着セレン
5着フリオーソ

タイム:2分31秒3 3F:37.9秒
フサイチセブン 牡4歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・松田国厩舎
単勝:2番310円
複勝:2番160円、13番350円、9番170円
枠連:2-8 3410円 馬連:2-13 4520円
枠単:2-8 5190円 馬単:2-13 6890円
3連複:2-9-13 5160円
3連単:2-13-9 31170円
ワイド:2-13 1020円
    2-9 330円 9-13 1030円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。フサイチセブン、ズバリでしたなぁ。
 さらに2着マイネルアワグラスでなかなかいい配当ゲット。

 でもって、ダイオライト記念の結果。中央勢や地方勢がそれなりに揃った一戦だったが、勝ったのはフサイチセブン。これで重賞初制覇。 逃げたフリオーソを追いかける形で2番手を追走。直線に入っても逃げたフリオーソが一杯になってしまったのと対照的に勢いは衰えず。 結局、後続を寄せ付けず2着のマイネルアワグラスに2・1/2馬身差をつけ完勝。

 という訳で、勝ったのはフサイチセブン。前述している通りこの勝利で重賞初制覇となったフサイチセブンだが... なかなかのメンバーが揃った前走のアルデバランSで2着に入っていることを考えれば、これくらいはやれる馬だったんでしょうな。 流れにもうまく乗れて後続馬を完封。逆にイマイチだったのが、フリオーソとロールオブザダイス。特にロールオブザダイスは上位陣とかなり離された6着ですからねぇ。 前走の佐賀記念もそうだが、ちょっと調子落ちしてきたのかも...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。