今週のメインdeパツイチ2010
第44回フィリーズレビュー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 フィリーズレビュー 阪神・芝1400m  3歳牝オープン(GII) 2010年3月14日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アマファソン 野路菊S 4着 昇級後は後方から差を詰めるだけの競馬で... - -
2 ロジフェローズ 春菜賞 1着 きちっと走ればかなり強い筈。折り合い次第。
2 3 レディアルバローザ 500万下 1着 大きく崩れず。今回重賞だがそれなりには。 - -
4 モトヒメ 福島2歳S 1着 距離短くなるのは歓迎。大駆けタイプだけに。 -
3 5 サウンドバリアー エルフィンS 9着 前走そこそこ脚使う。前崩れになれば。 -
6 テイラーバートン クイーンC 3着 詰め甘い。手堅く上位は確保しそうだが... -
4 7 カレンチャン 萌黄賞 1着 前走完勝も相手強化のここではどこまで? - -
8 ステラリード 函館2歳S 1着 大きくは負けていないが頭打ちっぽくて。 - -
5 9 ソムニア 函館2歳S 3着 叩き2戦目。一変あれば函館2歳Sぐらいは。 -
10 ケイアイデイジー 500万下 1着 ラブミーチャンに敗北有。今回芝だが... - -
6 11 ニシノモレッタ ききょうS 2着 前々走度外視すれば悪くなく。ヒモで一考。 -
12 エリモエポナ 500万下 3着 芝は大丈夫だったとしても相手強化が問題。 - -
7 13 ハニーメロンチャン 500万下 1着 ダートで完勝。芝さえこなせれば怖いが... -
14 ラブミーチャン 全日本2歳 1着 中央でレコード勝ち有。今回芝だが軽視禁物。
8 15 ラナンキュラス 阪神JF 4着 頭打ち。相手が相手だし上位確保しそうだが... -
16 パリスドール 小倉2歳S 4着 2桁着順連発。この条件では通用しないか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回フィリーズレビュー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第44回フィリーズレビューの展望と予想とヨタ話

 チューリップ賞で2歳女王アパパネが2着に敗北。
 逆転も十分狙えるぞ。第44回フィリーズレビュー。

 というわけで、このフィリーズレビュー。チューリップ賞・アネモネSと続いた桜花賞トライアルもこのフィリーズレビューで終了。 残された椅子を巡って各馬熾烈な争いを繰り広げることになるのだが...ねぇ。今年はその争いもかなり激しくなりそうで。

 というのも、今回の出走馬のほとんどが「ここで出走権を取らないと本番に出られない」馬ばかりですからね。出走馬が足りなければ、 500万下勝ち馬で抽選ということになりそうだが...それはあくまで他馬の動向次第。ラナンキュラスやテイラーバートン、ニシノモレッタ、レディアルバローザ辺りは、 重賞・オープンで好走しているだけに、なんとか権利ゲットして本番に繋げたいところ。

 そして、もう一頭、どうしても権利を取りたい馬が。笠松から参戦してきたラブミーチャン。中央の有力所を蹴散らして兵庫ジュニアグランプリ・全日本2歳優駿と連勝。 そんな名実ともに2歳ダート路線の頂点に立ったラブミーチャンが次に選んだのが中央挑戦。ライデンリーダーの再来、いや、それ以上を目指したいところだが... とにかくここで権利を取らないとどうにもならないのが実情。

 と、まぁ、各馬事情は色々あるが、それはそれ。とりあえずフィリーズレビューの予想を。芝への適正ということを考えれば、ラブミーチャンは微妙なところだが... 京都のダート1200mをレコード勝ちしているようにスピード自体は通用していいはず。軽視しちゃいけないでしょう。ただ、今回はあくまで芝の重賞。 それなりにメンバー揃っているだけに、まずはそこから入るのが妥当でしょう。折り合いが問題だが能力はかなりありそうなロジフェローズ、重賞で結果出しているラナンキュラス・テイラーバートンとかさ。

<第44回フィリーズレビュー予想>

◎ロジフェローズ
○ソムニア
▲ニシノモレッタ
△ラブミーチャン
△ラナンキュラス
△テイラーバートン

 一発狙うなら叩き2戦目で変わりそうなソムニアで。一応重賞3着馬だし。

結果

1着サウンドバリアー
2着ラナンキュラス
3着レディアルバローザ
4着ロジフェローズ
4着ニシノモレッタ(同着)

タイム:1分22秒8 3F:35.7秒
サウンドバリアー 牝3歳
騎手:渡辺薫彦 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:5番2620円
複勝:5番500円、15番150円、3番260円
枠連:3-8 670円 馬連:5-15 4880円
馬単:5-15 14430円
3連複:3-5-15 11000円
3連単:5-15-3 86630円
ワイド:5-15 1470円
    3-5 2000円 3-15 630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。サウンドバリアーが勝っちゃうとはなぁ。
 ロジフェローズ、いいところまで来ていたんだが...あと一歩及ばず。

 という訳で、桜花賞への切符を手に入れたのはサウンドバリアー・ラナンキュラス・レディアルバローザの3頭。 どの馬もここで権利取れなきゃ本番への出走がかなり厳しくなる馬だっただけに、とりあえず一安心といったところでしょうか。 ちなみに、ラブミーチャンはというと、ハナを奪って逃げるものの直線で踏ん張れず。結局12着という結果に。

 しかしなぁ、この結果はこれでどうなんでしょうかねぇ?サウンドバリアーもラナンキュラスもレディアルバローザもどこかでアッサリ負けている馬ですからねぇ。 サウンドバリアーはエルフィンS9着だし、ラナンキュラスはファンタジーS・阪神JFで4着止まり、レディアルバローザは紅梅S4着だし500万下で一度負けてるし。 今回結果は出たが、それまで抜け出た存在ではないでしょうな。まぁ、他の路線もよく似た状況なので、嵌れば桜花賞でも十分勝負にはなるんでしょうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。