今週のメインdeパツイチ2010
第33回名古屋大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第33回 名古屋大賞典 名古屋・ダ1900m  4歳上オープン(JpnIII) 2010年3月17日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラヴェリータ スパーキング 1着 牡馬相手でもそれなりに結果出す。展開次第で。
2 2 マルヨフェニックス JBCクラ 5着 ここならそれなりに走る。3着はあっていい。 -
3 3 ロールオブザダイス 東京大賞典 3着 前走が負けすぎ。立て直しどこまで? - -
4 4 ノゾミカイザー 東海ゴールド 1着 展開か鍵だが嵌ればそれなりに走る馬で。 -
5 5 ラストチャンピオン 四万十街道 1着 前走負けすぎだしここではレベル差あって。 - -
6 ラッシュストリート 佐賀記念 1着 今回も楽に先手取れそう。重賞連勝あっていい。
6 7 アドマイヤスバル JBCスプ 2着 今回相手ぐっと楽になり。あとは仕掛け所次第。 -
8 トウホクビジン 川崎記念 7着 交流重賞でもそこそこ走る。ただ入着までか。 - -
7 9 ケイエスブーケ 秋葉まつり 1着 南関東での成績が物足りず。この条件では。 - -
10 マイネルアラバンサ 梅見月杯 1着 中央準OP止まりだったがダートで一変。侮れぬ。
8 11 ケイウンヘイロー ガーネットOP 1着 ここ数戦物足りず。さらに相手強化のここでは。 - -
12 プライドキム クラスターC 1着 距離がちと不安だが重賞勝ちある馬だけに。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第33回名古屋大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第33回名古屋大賞典の展望と予想とヨタ話

 目指すは5月のかしわ記念?それともさらに先の帝王賞?
 次の目標に向け有力馬再始動・第33回名古屋大賞典。

 という訳で、この名古屋大賞典。先週のダイオライト記念は2400mということもあって、どちらかというと帝王賞を視野に入れて使ってくる馬がほとんどだったが、 こっちは1900mということもあって、比較的短めの距離を使う馬もちらほら出走。ここで結果を出してかしわ記念へ...といったところでしょうか。

 で、それを目論んでいるのかどうかは分からんが、JBCスプリント2着アドマイヤスバルがこのレースで始動。 ここをきっちり勝って次に繋げたいところだが...どうなんでしょうかねぇ?前走に比べ相手は楽になるが、連勝で勢いあるラッシュストリートがいますからねぇ。 さらに今回は仕掛け所が難しい名古屋コース。白山大賞典みたいに早め早めの競馬なら大丈夫だろうけど、そうでないならば前を捕らえきれるかどうか不安。 あと今回休み明けだし。案外苦戦を強いられるんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、中心はラッシュストリート。これといった同型馬もおらず今回も単騎逃げできる組み合わせ。まぁ、2周目向こう正面で一気に捲ってくる等、 後ろの馬の出方次第という面もあるが...ここでも前走同様押し切り勝ちあっていいでしょう。あとは何だかんだいってもアドマイヤスバル、牝馬だが牡馬相手に好走あるラヴェリータ。 あと侮れないのが地元のマイネルアラバンサと南関東のプライドキム。この辺りは3着なら十分あるでしょう。

<第33回名古屋大賞典予想>

◎ラッシュストリート
○マイネルアラバンサ
▲アドマイヤスバル
△ラヴェリータ
△プライドキム

 実績的にはロールオブザダイスもアリなんだが、前走が負けすぎだからなぁ...

結果

1着ラヴェリータ
2着アドマイヤスバル
3着ラッシュストリート
4着マルヨフェニックス
5着マイネルアラバンサ

タイム:2分02秒1 3F:38.4秒
ラヴェリータ 牝4歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松元茂厩舎
単勝:1番490円
複勝:1番110円、7番100円、6番110円
枠連:1-6 420円 馬連:1-7 440円
枠単:1-6 1420円 馬単:1-7 1280円
3連複:1-6-7 330円
3連単:1-7-6 3000円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、順当な結果なんだが...
 印の順序が逆なんだよなぁ。▲→○→◎ですか。うーん。

 そんなこんなで、順序はアレだったが順当な結果に終わった今回の名古屋大賞典。勝ったのは4番人気のラヴェリータ。 前走同様、好位置からの競馬から早め早めの進出。2周目向こう正面で逃げバテしたラストチャンピオンを交わし先頭に立つと、あとはそのまんま。 好位から競馬した1番人気のアドマイヤスバルが一応差を詰めてくるものの、その差は思うように詰まらず、結局ラヴェリータがアドマイヤスバルに2馬身の差をつけ完勝。

 しかし、勝ったラヴェリータ。ここで勝てたのは大きいですな。牝馬限定戦ならともかく牡馬相手、しかもGIで好走あるアドマイヤスバルを破っての勝利ですからね。 これ位やれるのなら、牝馬限定戦にこだわらなくても大丈夫でしょう。相手次第ではJpnIでも好勝負できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。