今週のメインdeパツイチ2010
第59回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 スプリングステークス 中山・芝1800m  3歳オープン(GII) 2010年3月21日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アブラハムダービー ダ千八1:55.0 1着 芝は大丈夫だがいきなりこのメンバーでは。 - -
2 2 ゲシュタルト つばき賞 2着 前走は不利有。ただ重賞では力不足っぽく。 -
3 ローズキングダム 朝日杯FS 1着 朝日杯FSも完勝で向かうところ敵なし?
3 4 スティルゴールド 芝千八1:50.8 1着 未知数な面あるがさすがにこの相手では... -
5 アリゼオ 共同通信杯 3着 前走は僅差の3着。重賞でも十分やれる馬で。 -
4 6 バシレウス セント賞 1着 前走悪くなく。昇級戦だが通用してもいい。 - -
7 アロマカフェ 芝千六1:38.4 1着 終いは堅実。この相手でも嵌れば3着も。 -
5 8 バーディバーディ ヒヤシンスS 1着 ダート実績評価も芝は今一つの感あって。 - -
9 カワキタコマンド セント賞 3着 多少マシになるがこの相手ではさすがに。 - -
6 10 アグネスティンクル 芙蓉S 3着 成績伸び悩む。この相手ではさすがに... - -
11 サンライズプリンス ビオラ賞 1着 2戦共に楽勝。ただ今回は相手強化が鍵で。 -
7 12 サンディエゴシチー 札幌2歳S 1着 前走チグハグ。まともならもっとやれる馬で。
13 ジョーヴァリアント 芝千六1:36.2 1着 平凡。この相手ではさすがに厳しそうで。 - -
8 14 サクラエルドール 百日草特別 1着 ラジオNIKKEI杯2歳S8着が問題。一変は? - -
15 ソリタリーキング ヒヤシンスS 2着 芝こなせていい馬。この条件でも侮れぬ。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回スプリングステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第59回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話

 皐月賞へのトライアルレースもこれが最後。
 残りの3つ椅子を巡る争い。第59回スプリングステークス。

 という訳で、このスプリングステークス。前述している通り、皐月賞トライアル。どの馬が皐月賞への切符を手に入れるか注目の一戦...といいたいところですが、 今回はそっちよりもこっちでしょう。無敗で朝日杯FSを制し2歳チャンプとなったローズキングダムがこのスプリングステークスで始動。

 ということで、ローズキングダム中心のスプリングステークスとなってしまうのは仕方がないところ。 ライバルとなるヴィクトワールピサは、皐月賞トライアルの弥生賞を完勝しすでに準備万端。 あとは、当の本人であるローズキングダムがここできっちり結果を出し、皐月賞で頂上決戦! ...というのが分かりやすいシナリオなのだが、まぁ、ここで結果を出さないとそんなことも言ってられませんからね。

 しかし、すんなりいきそうでいかないのが今回のスプリングステークス。ローズキングダムが抜け出ているのは間違いないのだが... サンディエゴシチー・アリゼオ辺りもかなり健闘するんじゃないでしょうか。サンディエゴシチーは東スポ杯2歳ステークスでローズキングダムに敗れているが、 道中掛かってしまっての結果ですからね。しかも、そういう状態にも関わらず、最後まで踏ん張って4着に入ってるんだし。まともだったら...ねぇ。 アゼリオは今回楽勝したホープフルSと同じ舞台の中山で一変しそうだし。そんなこんなで、ローズキングダム、今回は「盤石」とまではいえないんじゃないでしょうか。

<第59回スプリングステークス予想>

◎ローズキングダム
○ソリタリーキング
▲サンディエゴシチー
△アリゼオ
△サンライズプリンス

 あっさり勝っちゃったら「能力が違った」ということにしておきましょうか。

結果

1着アリゼオ
2着ゲシュタルト
3着ローズキングダム
4着サンライブプリンス
5着バシレウス

タイム:1分48秒4 3F:35.6秒
アリゼオ 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:5番600円
複勝:5番140円、2番650円、3番110円
枠連:2-3 290円 馬連:2-5 18090円
馬単:5-2 36980円
3連複:2-3-5 4160円
3連単:5-2-3 64470円
ワイド:2-5 2390円
    3-5 160円 2-3 960円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ローズキングダムがコケてしまってはなぁ。
 まぁ、枠連で買っていれば「代用」でセーフだったりしますけどね。

 でもって、スプリングステークスの結果。来ませんでしたなー、ローズキングダム。道中は中団からの競馬。 直線では前を射程距離圏内に収めたかと思われたが...思ったほど伸びませんでした。アリゼオの逃げ残りを阻止するだけではなく、 好位追走から伸びてきたゲシュタルトすらも交わせず3着止まり。

 で、勝ったのはアリゼオ。スタートが今一つだったが、その後盛り返しハナへ。他の馬が積極的に行かなかったこともあって、 前半3ハロン通過が35.8秒、1000m通過が1:00.2とマイペースの逃げに。この程度のペースだったら残ってしまうのも不思議ではないでしょう。 最後3ハロンを35.6秒で上がり後続を完封してしまいました。

 しかしなぁ。これで3歳牡馬クラシックの行方は分からなくなってしまいました。負けたローズキングダム、今回は休み明けということで大目に見ていいのかもしれないが... 「次でどこまで変わるか」という課題を残してしまっただけに、これまでのような絶対視は禁物でしょう。特に、ライバルのヴィクトワールピサは順当に弥生賞を勝っているだけにねぇ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。