今週のメインdeパツイチ2010
第12回黒船賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 黒船賞 高知・ダ1400m  4歳上オープン(JpnIII) 2010年3月22日第6R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アポロコマンダー 黒船賞TR 1着 南関東Bで頭打ちになっていた馬。出番は... - -
2 2 ポートジェネラル 東京スプ 4着 地元勢相手なら大丈夫だが今回交流重賞で。 - -
3 3 パリスエトランゼル 盆梅特別 1着 前走が負けすぎ。交流重賞では足りないか。 - -
4 4 ミリオンディスク カペラS 1着 今回相手楽だし距離も短縮。巻き返し濃厚。
5 5 グランシュヴァリエ だるま夕日特 1着 地元勢ならこの馬?南関東好走あるのも○。 -
6 キングスゾーン 梅見月杯 2着 地元で堅実に走るが一時期ほどの勢いなく。 - -
6 7 リミットレスビッド JBCスプ 3着 ほどほどには走る。ただ今回相手が悪く... - -
8 シャレーストーン 羽田盃 2着 南関東での実績を評価。交流重賞でも。
7 9 トーセンブライト 兵庫ゴールド 1着 ここ数戦悪くない内容続く。ここなら。
10 スーニ JBCスプ 1着 やはり短い方がいいか。巻き返しに期待。 -
8 11 アルドラゴン 六甲盃 1着 交流重賞でも好走ある馬。流れに乗れれば。 -
12 ヴァンクルタテヤマ サマーCh 1着 ややトーンダウンも一休みして変われば。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回黒船賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第12回黒船賞の展望と予想とヨタ話

 一見、地味な交流重賞にみえるが...侮れません。
 かしわ記念へのステップレース、第12回黒船賞。

 という訳で、この黒船賞。高知で行われる交流重賞ということや時期的な問題で印象は今一つだったりするが、ダート短距離路線を占う上で結構大事な一戦。 さすがにGIクラスの馬は滅多に出てこないが、重賞で結果を出している馬がそれなりに揃うのがこの黒船賞。 前述している通り、かしわ記念のステップとしても十分機能しているんじゃないでしょうか。

 で、今年の黒船賞。まさかここまでメンバーが揃うとは。去年のJBCスプリント馬スーニを筆頭に、カペラS勝ちのミリオンディスク、去年このレースを楽勝したトーセンブライト、 短距離路線ではお馴染みのリミットレスビッド・ヴァンクルタテヤマが出走。しかも今年は中央勢だけではなく、交流重賞で好走あるポートジェネラル、 南関東の報知オールスターCで2着に入ったグランシュヴァリエといった地元勢や、羽田盃2着のシャレーストーン、交流重賞好走あるキングスゾーン・アルドラゴンといった他地区勢もいますからね。 今年のダート短距離路線を代表する馬が揃った、といっても過言ではないでしょう。

 しかし、ここまでメンバーが揃うと予想の方も簡単にはいかないでしょう。実績的にはスーニ中心で勝負したいところだが、他の馬だって遜色ないでしょう。 トーセンブライトは前走のフェブラリーSで先着しているし、ミリオンディスクは根岸ステークスでスーニと同タイムで走っているし。展開次第で逆転も十分あるでしょう。 あと、中央勢の一角か崩れるようなことがあれば地方勢も十分馬券に絡めるんじゃないでしょうか。2・3着穴狙いでシャレーストーン・グランシュヴァリエというのも十分アリでしょうな。

<第12回黒船賞予想>

◎ミリオンディスク
○ヴァンクルタテヤマ
▲トーセンブライト
△スーニ
△シャレーストーン

 とりあえず今回は内枠引いて前で楽に競馬できるミリオンディスク中心で。

結果

1着スーニ
2着トーセンブライト
3着ミリオンディスク
4着アルドラゴン
5着キングスゾーン

タイム:1分27秒7 3F:37.6秒
スーニ 牡4歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・吉田直厩舎
単勝:10番220円
複勝:10番110円、9番120円、4番130円
馬連:9-10 260円、馬単:10-9 510円
3連複:4-9-10 240円
3連単:10-9-4 1100円
ワイド:9-10 140円
    4-10 170円 4-9 150円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても印が逆ではなぁ。
 まぁ、印は逆だったが、人気順の決着でしたけどね。

 でもって、黒船賞の結果。それなりの相手が揃った一戦でしたが、終わってみれば前述している通り人気順での決着に。 1番人気のスーニが勝ち、2番人気のトーセンブライトが2着、3番人気のミリオンディスクが3着。それ以下はマチマチ。 ちなにみ、4番人気のヴァンクルタテヤマは-30kgとスタートの出負けが響いてダメダメの結果。10着。

 レース自体は内枠を引いたポートジェネラルがハナ、そしてそれを追いかける形でキングスゾーン・ミリオンディスクが追走。 勝ったスーニはこの後ろ、4番手からの競馬。で、あとは3コーナー付近から各馬スパート。ミリオンディスクが内から、 外からスーニ、トーセンブライトが進出し、あとはこの3頭の争いに。

 で、この争いを制したのがスーニ。結局2着以下に1・1/2馬身の差をつけ完勝してしまいました。まぁ、実績を考えればこれ位はやれていいんでしょう。 「順当勝ち」といったところ。2・3着のトーセンブライト・ミリオンディスクも能力通りといえばその通りの結果。今回は相手が悪かった、といったところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。