今週のメインdeパツイチ2010
第58回日経賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 日経賞 中山・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2010年3月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トリビュートソング サンシャイン 1着 流れに乗れればそれなりに走る。重賞でも。
2 2 エアジパング 札幌日経OP 1着 長距離得意だが以前ほどの勢いはなくて。 - -
3 ダイワワイルドボア ステイヤーズ 6着 スランプ脱出出来ず。変わり身なさそうで。 - -
3 4 ネヴァブション AJC杯 1着 前走の勝利で復活?中山巧者なだけに注意。 -
5 マイネルアワグラス ダイオライト 2着 ここ数戦まずまずも芝の重賞でどこまで? -
4 6 マイネルキッツ 天皇賞春 1着 相手なりの馬。手堅く上位は確保しそうで。
7 メイショウドンタク 万葉S 3着 重賞ではやや物足りず。ここでは入着まで。 - -
5 8 エアシェイディ 有馬記念 3着 中山堅実も相手なりの面あって。ヒモまで? -
9 マンハッタンスカイ 日経新春杯 6着 成績低迷。一変する気配もなく出番は... - -
6 10 ナムラクレセント 鳴尾記念 3着 今回相手関係まずまず。上位狙えそうで。
11 ビエンナーレ AJC杯 7着 重賞でいいところなく。今回相手も強いし。 - -
7 12 キングストレイル 中山記念 4着 去年の日経賞以降の成績が散々。一変は... - -
13 トーセンクラウン 中山記念 1着 前走は馬場に助けられた感有。ここでは。 -
8 14 タガノサイクロン ディセンバS 2着 前走の敗北で逆戻り。今回重賞だし出番は。 - -
15 ロジユニヴァース 日本ダービー 1着 ようやく戦列に復帰。実績ダントツなだけに。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回日経賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第58回日経賞の展望と予想とヨタ話

 春のGIが今週の高松宮記念で開幕する訳ですが...
 長距離路線も佳境に。天皇賞春へのステップ、第58回日経賞。

 で、この日経賞。先週の阪神大賞典と同様、天皇賞春へのステップレース。一時期、阪神大賞典に有力馬が集中したもんで、なかなか結果が出なかったこの日経賞組ですが、 最近はかなり巻き返してきたようで。リンカーン・ストラタジェムが2・3着に入ったり、エリモエクスパイアが2着に入るなど、ぼちぼち結果を出すようになると、 ついに去年、この日経賞1・2着のアルナスライン・マイネルキッツが本番でも1・2着を独占する結果に(着順は逆になりましたが)

 で、今年はというと...日本ダービー制覇して以降、戦列を離れていたロジユニヴァースがこの日経賞で復帰。実績ある馬だけに、復帰戦を快勝して今年の主役に... といきたいところだが、この手の馬が一頓挫してしまうのがこの日経賞。スペシャルウィークとの死闘を制し有馬記念を勝ったグラスワンダー、 有馬記念を快勝したマンハッタンカフェ、ジャパンカップ2着に入ったコスモバルクといった一線級の馬が着外沈んだり、ゼンノロブロイがウインジェネラーレに敗れてしまったりするなど、 何かとうまくいかないのがこの日経賞。今回のロジユニヴァースも過信しちゃいけないでしょう。休養明けだし。

 というわけで、中心は地味に使われたマイネルキッツで。去年の天皇賞春馬だが妙に詰めが甘く重賞でも取りこぼしあったりする馬だが... まぁ、勝てはしなくても連対はしてくれるんじゃないでしょうか。あとは一応ロジユニヴァース、中山なら手堅く走るエアシェイディ、 重賞でもまずまずの結果出しているナムラクレセントを。

<第58回日経賞予想>

◎マイネルキッツ
○トリビュートソング
▲ロジユニヴァース
△ナムラクレセント
△エアシェイディ

 今回相手強くなるが、展開嵌ればトリビュートソングもアリでしょう。

結果

1着マイネルキッツ
2着エアシェイディ
3着トーセンクラウン
4着ネヴァブション
5着トリビュートソング

タイム:2分34秒1 3F:36.5秒
マイネルキッツ 牡7歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:6番1100円
複勝:6番290円、8番250円、13番540円
枠連:4-5 2300円 馬連:6-8 2810円
馬単:6-8 6570円
3連複:6-8-13 12750円
3連単:6-8-13 78380円
ワイド:6-8 830円
    6-13 2350円 8-13 1690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。マイネツキッツ、いい狙いでしたな。
 しかしなぁ、6番人気ってのはどうなんですかねぇ?

 でもって、日経賞の結果。実績が実績なだけにロジユニヴァースが1番人気になったが...休み明けで仕上がりきっていなかったのか馬体重+24kg。 結局、これが堪えたのか、好位2番手追走から直線抜け出そうとするも反応が鈍くモタモタ。さらにゴール手前での不利もあって掲示板すら確保できず6着(同着)という結果に。

 レース自体は、キングストレイルが後続を引き離して単騎で逃げる展開。それを追いかける形でロジユニヴァース、そして各馬一団がこれを追走という隊列に。 勝ったマイネルキッツ、そして2着に入ったエアシェイディはこの一団のうちでも後ろの方に待機。で、道中はこの隊列のまま淡々と流れ、勝負所の3〜4コーナーへ。 相変わらず先頭はキングストレイルだったが、後続馬が差を詰め一団に。人気のロジユニヴァースも進出し、先頭に立つが...前述している通り動きは鈍く後続を突き放せず。 そこを最内から伸びてきたマイネルキッツ、3〜4コーナーにかけ外を捲って進出してきたエアシェイディが交わし、それぞれ1・2着。

 という訳で、勝ったマイネルキッツ。最内をうまく縫って抜け出せたという恵まれた側面もあったが、まぁ、これ位はやれていい馬ですからね。 これは順当勝ちといっていいでしょう。負けたロジユニヴァースは休み明けがすべてでしょうな。その割には、 タイム的にはそれほど大きく負けていないんで、次はきっちり巻き返してくれるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。