今週のメインdeパツイチ2010
第42回ダービー卿チャレンジトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第42回 ダービー卿チャレンジトロフィー 中山・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2010年4月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 セイクリッドバレー セントライト 2着 重賞好走を評価。展開さえ嵌れば上位ある。 -
2 アーバンストリート 函館SS 5着 前走多少マシになる。ぼちぼち復調? -
2 3 サニーサンデー 福島記念 1着 前走負けすぎももう少し楽な競馬出来れば... -
4 タケミカヅチ ダービー卿CT 1着 久々。去年の勝ち馬だが今回は仕上がり次第。 - -
3 5 リザーブカード 東京新聞杯 5着 最近末脚甘くなり。展開嵌っても3着までか。 - -
6 アンノルーチェ 清水S 1着 前走ビリ。ただ叩き2戦目で一変あれば。 -
4 7 ショウワモダン 中山記念 3着 勝ちきれないがほどほどに走る。3着なら。 - -
8 マイネルファルケ マイルCS 2着 堅実に走る。楽に先行できれば十分勝ち負け。
5 9 ドモナラズ 飛鳥S 1着 前走ブービーも大駆けタイプだしこんなもん? -
10 アップドラフト キャピタルS 3着 前2戦物足りず。現段階ではOPまでの馬か。 - -
6 11 ヤマニンエマイユ ファイナルS 3着 前走が負けすぎ。巻き返しあればいいが... - -
12 トライアンフマーチ 東京新聞杯 2着 ここ2戦詰めの甘い面みせるもこの相手なら。 -
7 13 ファリダット 安田記念 3着 能力あるが展開に左右されやすい馬で... -
14 ゲイルスパーキー バレンタイン 1着 ムラ駆けタイプ?前走ぐらい走ればいいが。 - -
8 15 マルタカエンペラー ニューイヤー 4着 OPで足踏み。ハンデ53kgだがどこまで? - -
16 フィフスペトル 東風S 1着 相手楽になって巻き返し。GIIIぐらいなら。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回ダービー卿チャレンジトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第42回ダービー卿チャレンジトロフィーの展望と予想とヨタ話

 短距離馬は先週の高松宮記念に、そしてマイラーはこのレースに?
 安田記念に向けマイラー集結、第42回ダービー卿チャレンジトロフィー。

 ...といってみましたが、このダービー卿チャレンジトロフィー、どちらかというと「ローカル場のハンデ戦」のような一戦。 ここを使って安田記念に向かう馬もいることはいるのだが、新潟大賞典やエプソムカップといった春のGIから外れた裏路線を歩む馬がほとんど。 まぁ、安田記念で結果を出そうとする馬は、ここじゃなくて裏の大阪杯やマイラーズC、京王杯SCを使いますからね。

 そんなこんなで、やや緩めのメンバー構成になりがちなこのダービー卿CTだが...今年はそれなりにステップレースとして機能しそうな一戦に。 去年のマイルCS2着馬マイネルファルケに、皐月賞2着のトライアンフマーチ、朝日杯FS2着のフィフスペトル、安田記念3着のファリダット、 去年このレースを勝ち皐月賞2着があるタケミカヅチといったGI好走馬が揃っていますからねぇ。ウオッカ・カンパニーの抜けた穴を埋める馬がここから生まれても不思議ではないでしょう。

 で、予想もこれらの馬中心で。ただ、これらの馬、後ろから行く馬が多いからねぇ。今回は中山、きっちり差しきることが出来るかどうか、そこが問題。 フィフスペトル・トライアンフマーチは好位からの競馬も出来るようになったことだし、あまり気にしなくてもいいのかもしれないが... まぁ、ここは前に行けるマイネルファルケから勝負するのが妥当かな。

<第42回ダービー卿チャレンジトロフィー予想>

◎マイネルファルケ
○サニーサンデー
▲トライアンフマーチ
△ファリダット
△フィフスペトル
△セイクリッドバレー

 あとは枠順次第だがサニーサンデーも注意。今回は割と楽できそうなんで...

結果

1着ショウワモダン
2着マイネルファルケ
3着サニーサンデー
4着フィフスペトル
5着セイクリッドバレー

タイム:1分34秒3 3F:34.0秒
ショウワモダン 牡6歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・杉浦厩舎
単勝:7番1660円
複勝:7番440円、8番200円、3番260円
枠連:4-4 2730円 馬連:7-8 2860円
馬単:7-8 6930円
3連複:3-7-8 6160円
3連単:7-8-3 42880円
ワイド:7-8 920円
    3-7 1580円 3-8 610円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いい狙いはしてたんだが...
 ショウワモダンが抜けてしまってはなぁ。うー。

 でもって、ダービー卿チャレンジトロフィーの結果。それなりに行く馬が揃った一戦だったが、終わってみれば前残りの結果でしたな。 逃げたのはマイネルファルケ、そしてこれを追いかける形でショウワモダン・ゲイルスパーキー。トライアンフマーチ・ファリダットといった人気所はやはり後方から。 ペースは先行争いがあっさり決着したこともあって、前半3ハロン通過が36.3秒、1000m通過が1:00.3とマイル戦にしてはかなり緩いペースに。

 これでは前に行った馬が残ってしまうのは仕方がないところ。4コーナーで逃げたマイネルファルケにショウワモダンが並びかけ、そのまま直線へ。 この2頭と後方の馬との差はそれほどなかったが...ペースが緩かったこともあって、前に行った馬、止まりません。後続との差はなかなか詰まらず、 結局、4コーナー回って先頭に立ったショウワモダン・マイネルファルケがそのままゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはショウワモダン。ペースが緩い上にマークしなければいけないのはマイネルファルケという楽な状況。 相手もGIで好走ある馬だけにそう簡単には交わせなかったが、それでも有利な条件が整ったこともあって、これを交わし、最終的に1馬身の差をつけて完勝。 2着のマイネルファルケは、まぁ、いつも通りといえばその通りの結果。ただ、もう少しペースを上げて逃げられれば状況は変わっていたかもしれませんな。

 逆に、こういう展開ではどうにもなりませんでしたな。トライアンフマーチ・ファリダット。前に行った馬が33-34秒で上がってしまうのではほぼお手上げ。 32秒台の脚を使えればなんとかなったのかもしれないが...共に上がり3ハロン33.8秒ではどうにもなりませんでしたな。ただ、もう少しいい脚使えてもいい気がするが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。