今週のメインdeパツイチ2010
第54回大阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第54回 大阪杯 阪神・芝2000m  4歳上オープン(GII) 2010年4月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フィールドベアー 阪急杯 4着 2桁着順続く。条件変えてみるが... - -
2 2 サンライズベガ 新潟記念 2着 手堅く走る。この相手でもそれなりに。
3 3 ヤマニンキングリー 札幌記念 1着 一息入れて立て直していれば即通用していい。
4 4 ホッコーパドゥシャ 中京記念 3着 いい頃の走り戻ってきた?前走軽視できぬ。 -
5 5 タスカータソルテ 中京記念 2着 久々だったがいきなり好走。上積みあれば。 - -
6 ゴールデンダリア AJC杯 5着 大きく負けていないが...重賞では足りないか。 - -
6 7 シェーンヴァルト 白富士S 2着 前走3着も差のある内容。調子落ち気味? - -
8 ドリームジャーニー 有馬記念 1着 今回も59kgだが前走よりも相手楽。順当勝ち。 -
7 9 サクラオリオン 函館記念 1着 一度使って変わりそう。あとは展開次第か。
10 ショウナンライジン スピカS 1着 思い切った策で結果出すがここではさすがに。 - -
8 11 テイエムアンコール 中山記念 2着 展開嵌れば前走ぐらいはやれる馬。ここでも。
12 エアシャトゥーシュ 名鉄杯 1着 前走は展開嵌らず。ただこの相手でどこまで? -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回大阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第54回大阪杯の展望と予想とヨタ話

 時期的に「天皇賞春への一戦」といいたいところだが...
 目標はさらに先の安田記念・宝塚記念?第54回大阪杯。

 というわけで、この大阪杯。前述している通り、天皇賞春へのステップなのだが、 どちらかというと安田記念や金鯱賞経由で宝塚記念を目指すマイル〜中距離馬が集まるのがこの大阪杯。 まぁ、他に手頃なレースとしてマイラーズCや京王杯SCもあったりするんで、有力所が分散、頭数が揃わないこともよくありますが...

 で、今回の大阪杯。頭数は12頭、GI好走馬もドリームジャーニーだけというやや寂しいメンバー構成に。重賞勝ち馬がそれなりに揃っているだけに、 悪くはないのだが...GIのステップという面ではイマイチと言わざるを得ない一戦。まぁ、今回は「ドリームジャーニーの独壇場」といったところでしょうか。 前走は3着止まりも、59kg背負った上に相手がブエナビスタでは仕方がないところ。で、今回。前走と同様59kg背負うが、これといったライバルがいませんからねぇ。順当に勝てるんじゃないでしょうか。

 あとはヒモ。これは難解。重賞でほどほどに結果出して順調な馬か、メンバー揃った重賞を勝つも何かしら問題を抱えている馬か、そのどちらを優先させるかが難しいところ。 前者ならサンライズベガやテイエムアンコール、シェーンヴァルト、後者ならタスカータソルテ・ヤマニンキングリー・サクラオリオンとかさ。 とりあえず、休み明けも相手関係楽になるヤマニンキングリー、一度使って変わり身ありそうなサクラオリオンに分がありそうなんでここらから勝負してみますが...

<第54回大阪杯予想>

◎ドリームジャーニー
○サクラオリオン
▲ヤマニンキングリー
△テイエムアンコール
△サンライズベガ

 あとはオッズ次第。うまく人気ないところを引っかければ妙味あるんだが...

結果

1着テイエムアンコール
2着ゴールデンダリア
3着ドリームジャーニー
4着フィールドベアー
5着タスカータソルテ

タイム:1分59秒5 3F:35.4秒
テイエムアンコール 牡6歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・柴田政見厩舎
単勝:11番2150円
複勝:11番290円、6番530円、8番100円
枠連:5-8 3900円 馬連:6-11 25640円
馬単:11-6 77450円
3連複:6-8-11 5060円
3連単:11-6-8 103370円
ワイド:6-11 3060円
    8-11 330円 6-8 650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ゴールデンダリアはちょっとなぁ。
 といっても、軸のドリームジャーニーがああいう状態ではね。

 でもって、大阪杯の結果。展開や斤量云々はあるかもしれないが...ここでも負けてしまいました。ドリームジャーニー。 前半3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:00.3とペースが緩い中、ドリームジャーニーは「後ろにシェーンヴァルトだけ」というほぼ最後方からの競馬。 あとは直線で自慢の末脚を披露しごぼう抜き...といきたかったが、じりじりとしか伸びませんでした。まぁ、底力で2着争いまでには食い込んできたが...

 で、そんなドリームジャーニーを尻目に馬群の中から抜け出してきたのがテイエムアンコール。これまでは後方待機から末脚勝負という競馬が続いたが、 今回は好位からの競馬。ただ、ペースがあまり速くなかったことを考慮すればいつも通りだったのかもしれませんな。「好位で」脚を溜めて直線でこれを爆発。 まぁ、爆発というほどの末脚ではなかったが、前にいた馬を交わして先頭に立つ程度であれば十分の脚。最後は2着集団が差を詰めてきたが、これを3/4馬身振り切って1着でゴールへ。

 しかし、どうなんでしょうかねぇ。ドリームジャーニー。前走同様59kgが堪えたとか、展開が向かなかったこともあるんだが...それだけなんでしょうかねぇ。 有馬記念の激走が思った以上に堪えて、京都記念、そしてこの大阪杯と立て直しきれてなかった、そんな感じだったりするんでしょうか?判断し辛い結果ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。