今週のメインdeパツイチ2010
第53回阪神牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 阪神牝馬ステークス 阪神・芝1400m  4歳上牝オープン(GII) 2010年4月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カノヤザクラ スプリンタS 3着 一度使って変わりそうだが1400mだと... - -
2 ストリートスタイル うずしおS 1着 牝馬同士ならそこそこ。ただ今回は重賞で。 -
2 3 サンクスノート 醍醐S 1着 この距離までは持つ。一度使って変われば。 -
4 ベストロケーション 京都牝馬S 1着 マイルで結果出せたのは収穫。逆転も視野に。 -
3 5 グランプリエンゼル 函館SS 1着 一向に良くならず。当分はこの状態のままか。 - -
6 コウユーキズナ すばるS 6着 芝・ダート問わず不振。この条件では。 - -
4 7 アイアムカミノマゴ オーロC 1着 相手弱化できっちり巻き返し。ここでも。
8 キルシュブリューテ サンライズS 1着 たまに一発ある馬だが重賞ではさすがに。 - -
5 9 ワンカラット フィリーズ 1着 ここ数戦好調。さらに重賞勝ちの阪神1400mで。 -
10 デリキットピース 石清水S 1着 前走悪くない内容。今回重賞だがそれなりに。 -
6 11 プロヴィナージュ 秋華賞 3着 どこでも相手なり。牝馬限定戦だし上位も。
12 ヒカルアマランサス 京都牝馬S 1着 末脚強烈。ただ展開に左右される面あるのが。 -
7 13 サンレイジャスパー 京都金杯 9着 相変わらず不振。多くは望めそうになく。 - -
14 ショウナンラノビア ヴィクトリア 3着 前2戦散々。一変に期待したいところだが... - -
15 ブロードストリート 秋華賞 2着 六甲S8着が問題。一度使って変わればいいが。 - -
8 16 トールポピー オークス 1着 ここ数戦負けすぎ。一変あればいいが... - -
17 ラドラーダ ユートピアS 1着 後の京都牝馬S馬破る。昇級戦でも侮れず。
18 ウエスタンビーナス UHB杯 2着 条件変えてもスランプ脱出出来ず。苦しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回阪神牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第53回阪神牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 今週は3歳牝馬クラシック一冠目・桜花賞がありますが...
 古馬牝馬路線にも注目ですぜ。第53回阪神牝馬ステークス。

 そんなこんなで、この阪神牝馬ステークス。ヴィクトリアマイルの前哨戦だが、今年はブエナビスタ・レッドディザイアといった一線級の牝馬が海外遠征しており、 現段階では古馬牝馬路線、まだ手薄(本番に戻ってくる可能性は十分ありますが)。まぁ、今のうちに一稼ぎしておきたい馬がここに集結、そんなところでしょうかねぇ。

 で、今回の阪神牝馬ステークス。ブロードストリートやトールポピー、ワンカラット、ショウナンラノビア、プロヴィナージュなど牝馬GIで結果を出した馬が揃っているが... どの馬も近走不振なのが問題。去年の成績を考慮すればブロードストリート中心で勝負したいところだが...ねぇ。休み明けの六甲Sが8着という微妙な結果でしたからね。 一度使って変われば問題ないのだが、今一つ信用できないのが実情。

 となれば、近走の好調っぷりを評価して、京都牝馬S1・2着ヒカルアマランサス・ベストロケーションや、その京都牝馬Sを勝ったヒカルアマランサスをユートピアSで破っているラドラーダ、 相手緩くなったところできっちり巻き返したアイアムカミノマゴ辺りで勝負するのが妥当でしょうな。あとは調子戻してきたワンカラットとか。

<第53回阪神牝馬ステークス予想>

◎ベストロケーション
○サンクスノート
▲ラドラーダ
△ワンカラット
△アイアムカミノマゴ
△プロヴィナージュ

 中心はベストロケーションで。ヒカルアマランサスは展開に左右されそうで...

結果

1着アイアムカミノマゴ
2着プロヴィナージュ
3着カノヤザクラ
4着ブロードストリート
5着ショウナンラノビア

タイム:1分20秒2 3F:34.7秒
アイアムカミノマゴ 牝4歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・長浜厩舎
単勝:7番2370円
複勝:7番700円、11番340円、1番730円
枠連:4-6 3580円 馬連:7-11 8330円
馬単:7-11 17970円
3連複:1-7-11 74440円
3連単:7-11-1 446150円
ワイド:7-11 2510円
    1-7 4630円 1-11 3830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだがなぁ。
 軸馬が絡まないのではどうにもなりませんな。うーむ。

 そんなこんなで、人気どころがまるっとコケてしまった今回の阪神牝馬ステークス。ショウナンラノビアが逃げ、 ウエスタンビーナス・デリキットピースがこれを追いかけ先行集団を形成。1番人気のラドラーダは中団よりやや後ろ、 ワンカラット・ヒカルアマランサスはこれよりさらに後ろ、ほぼ最後方からの競馬に。

 ただ、前半3ハロン通過が33.8秒と極端に速くならなかったのはイタかった。結局、これらの後方集団、差は詰めてくるものの、 前が止まらなかったこともあって差を詰め切れず。で、軍配が上がったのは中団からうまく抜けたしてきた組。 中団につけていたアイアムカミノマゴやプロヴィナージュ、カノヤザクラ、ブロードストリートが上位を独占する結果に。

 しかしなぁ、この結果、どうなんでしょうかね?結果自体はアイアムカミノマゴの完勝なのだが、他の馬が思いのほか能力を出し切れなかったからこうなった、 と考えるのが妥当でしょうな。まぁ、これまでの成績考えればそれなりには走る馬なんだろうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。