今週のメインdeパツイチ2010
第70回皐月賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第70回 皐月賞 中山・芝2000m  3歳オープン(GI) 2010年4月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リルダヴァル 毎日杯 3着 今回叩き2戦目。さらなる上積みあれば。
2 ハンソデバンド 共同通信杯 1着 好位から競馬できる枠順。緩い流れなら。 -
2 3 トーセンアレス 伏竜S 1着 弥生賞7着で決着済か。芝では荷が重い。 - -
4 ネオヴァンドーム きさらぎ賞 1着 前走まずまず。流れに乗れればここでも。 -
3 5 ローズキングダム 朝日杯FS 1着 前走案外。一度使ってどこまで変わる? -
6 ゲシュタルト スプリングS 2着 前走のしぶとさ評価。ここでも上位狙える。
4 7 レッドスパークル すみれS 1着 仕掛けどころ難しい馬。今回相手も揃うし... - -
8 バーディバーディ ヒヤシンスS 1着 現状ではダート専門の感あって。ここでは。 - -
5 9 サンディエゴシチー 札幌2歳S 1着 叩き2戦目で一変あれば多少は通用。穴で。 -
10 シャイン シンザン記念 2着 前に行く競馬で結果出す。この馬がハナ? - -
6 11 エイシンフラッシュ 京成杯 1着 地味だが成績悪くなく。流れに乗れれば。 - -
12 エイシンアポロン 朝日杯FS 2着 相手なりに走る。ここでも手堅く上位か。 - -
7 13 ヴィクトワールピサ 弥生賞 1着 位置取り難しいがライバルがコケた今なら。 -
14 レーヴドリアン きさらぎ賞 2着 末脚強烈。展開が鍵だが能力的には通用。
15 ダイワファルコン 弥生賞 3着 今回は前走ほどうまく事が運びそうもなく。 - -
8 16 ヒルノダムール 若駒S 1着 ラジオNIKKEI4着で決着済?入着はあるが... - -
17 ガルボ シンザン記念 1着 朝日杯FSで離れた4着。何か恵まれないと。 - -
18 アリゼオ スプリングS 1着 大外枠が微妙。前走ほど楽できそうになく。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第70回皐月賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第70回皐月賞の展望と予想とヨタ話

 何だかんだあったが、牝馬は手堅く決着。じゃあ、牡馬は?
 3歳牡馬クラシック一冠目・第70回皐月賞。

 ってなわけで、この皐月賞。前述している通り、桜花賞では前哨戦で負けたアパパネが巻き返して一冠目ゲットとなった訳だが、この皐月賞も同じような流れになるんでしょうかねぇ。 というのも、これまでの勝ちっぷりから3歳牡馬クラシックでも結果を出すだろうと思われていたローズキングダムが、今年初戦のスプリングステークスであっさり敗北。 まぁ、前走は休み明けだったし一度使って変われば先週のアパパネのように結果を出してくれるんだろうけど...今週はそうもいってられないかも。

 というのも、今回は相手が揃ってますからね。上積みあったとしても油断できないのが今回の皐月賞。 ローズキングダムと直接対決はないものの、ラジオNIKKEI2歳S・弥生賞と結果を出したヴィクトワールピサを筆頭に、 スプリングSでローズキングダムに先着したアリゼオ・ゲシュタルト、朝日杯FSではローズキングダム、弥生賞ではヴィクトワールピサと、 強敵相手に2着に食い込んだエイシンアポロンとかいますからね。さらに、他の主要な重賞勝ち馬も勢揃いだし。

 となれば、一頓挫あったローズキングダムの巻き返しに期待するよりも、これらの馬中心で勝負するのが無難じゃないでしょうか。 まぁ、今回は順調さと前走の弥生賞の内容を考慮してヴィクトワールピサを中心にするのが妥当なところでしょう。

 ただ、注意しなければいけないのが展開。流れに乗れず力を出し切れない馬が毎年出てくるのがこの皐月賞。 それは有力馬も例外ではなく、ディープインパクト以降、1番人気の連対はナシ。逆に、うまく流れに乗った人気薄が上位に食い込んでくることも多々。 何かと紛れが生じやすいだけに、過信は禁物でしょう。

 特に、人気背負うであろうヴィクトワールピサ。一応勝ちはしたが、前走の弥生賞でやらかしていますからね。 さらに今回はフルゲート18頭だし、これといった逃げ馬もおらず馬群がばらけなさそうだし。ポジショニングが悪いと馬群に包まれたまま何も出来ず終了、なんてこともありそうだしさ。 まぁ、比較的外目の枠を引いたこともあって、無理に内に入れなければ、なんとかなるんだろうけど...

 逆に言えば、これらの展開に注文がつきそうな馬を外して一発狙うのもアリでしょうな。これといった逃げ馬がおらず、前で楽に競馬でき、 馬群を捌くのにも苦労しない先行勢とかさ。内枠引いて楽に先手取れるようならリルダヴァルやハンソデバンド、ネオヴァンドーム、ゲシュタルトとかさ。 あとは小細工せず最後方追走から大外一気の末脚勝負してきそうなレーヴドリアンとかさ。

<第70回皐月賞予想>

◎ヴィクトワールピサ
○リルダヴァル
▲レーヴドリアン
△ゲシュタルト
△ローズキングダム

 あと、天気も少し注意。重が多少残って時計かかるかもしれないんで...

結果

1着ヴィクトワールピサ
2着ヒルノダムール
3着エイシンフラッシュ
4着ローズキングダム
5着アリゼオ

タイム:2分00秒8 3F:35.9秒
ヴィクトワールピサ 牡3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:13番230円
複勝:13番130円、16番280円、11番720円
枠連:7-8 550円 馬連:13-16 1260円
馬単:13-16 1920円
3連複:11-13-16 11410円
3連単:13-16-11 35220円
ワイド:13-16 540円
    11-13 1440円 11-16 4080円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。軸は来たんだがヒモがなぁ。
 印打った馬もほどほどには来たが...掲示板確保できず終い。

 でもって、皐月賞の結果。やはりこの馬が来ましたか。ヴィクトワールピサ。道中は中団よりやや後方、最内を追走。 バーディバーディが逃げたものの、積極的に動いた訳でもなかったようで結局馬群はバラけず。さらにこういう頭数。 この隊列で内に突っ込むと前走の弥生賞のように馬群に包まれる可能性もあったが...その辺りはうまく捌けたようで。 直線で馬群を縫って内から進出、先頭に立つとそのまま独走態勢に。コースロスなく立ち回れたこともあって、 最後までその勢いは衰えず、結局2着に1・1/2馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、勝ったヴィクトワールピサ。まぁ、順当勝ちといったところでしょうか。ただ、前日の雨の影響がやや残ったこと、 コースロスなく立ち回ったことがヴィクトワールピサに有利に働いたと考えれば、他の馬にもまだ逆転するチャンスはあるでしょう。 ローズキングダムもなんだかんだいって2着と僅差の4着まで突っ込んできているんだし、直線長い東京コース、そして良馬場でやれれば、 かなりいいところまで突っ込んでこれるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。