今週のメインdeパツイチ2010
第45回フローラステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 フローラステークス 東京・芝2000m  3歳牝オープン(GII) 2010年4月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウスズラン 紅梅S 5着 伸び悩む。しばらくはこの調子のままか... - -
2 アスカトップレディ 未勝利 1着 詰めが甘い。自己条件なら兎も角重賞だと? -
2 3 ベストクルーズ 阪神JF 3着 大負けしないが詰め甘く。上位はあるが...
4 メジロジェニファー 未勝利 1着 展開に左右されるがなかなかいい脚使うだけに。
3 5 アグネスワルツ 白菊賞 1着 やや展開恵まれた感あるが今回東京開幕週で。
6 ディアアレトゥーサ ミモザ賞 3着 末脚まずまず。流れに乗れれば3着はありそう。
4 7 マイネアロマ アネモネS 4着 多少調子上向く。嵌ればそこそこ通用しそう。 -
8 フラムドール 君子蘭賞 2着 この条件では荷が重い。嵌っても上位は。 - -
5 9 ディミータ 500万下 3着 OPでは力不足っぽく。重賞ではさすがに... - -
10 トシザマキ 君子蘭賞 5着 末脚そこそこあるがそこそこ止まり。ここでは。 - -
6 11 マシュケナーダ エルフィンS 4着 君子蘭賞6着が気掛かり。巻き返しは? - -
12 トレジャーチェスト 500万下 11着 昇級戦が物足りず。今回さらに相手強化で... - -
7 13 アマファソン 君子蘭賞 1着 嵌れば一発ある馬だが確実性なくて。 - -
14 ブルーミングアレー 菜の花賞 2着 重賞じゃちと足りない様子。嵌って3着まで。 - -
8 15 サンテミリオン フラワーC 3着 前走3着で本番出走叶わず。リベンジを。 -
16 オルレアンノオトメ 中京2歳S 2着 伸び悩む。今回重賞だし入着あれば上々か。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回フローラステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第45回フローラステークスの展望と予想とヨタ話

 今週はGIお休みですが、次の大一番に向けての争いが。
 オークストライアル、第45回フローラステークス。

 という訳で、このフローラステークス。前述している通り、オークストライアル。ここ数年は桜花賞組がオークスでも上位を占める結果になり、 あまり出番のないフローラステークス組だが...今年はそうともいえないようで。今年は去年のブエナビスタ・レッドディザイアみたいな強力な馬はいないし、 桜花賞自体が展開に紛れがあったレースだったしさ。他の路線からの馬が割り込む余地はまだまだあるんじゃないでしょうか。

 で、今回のフローラステークス。デビューが遅くて桜花賞に間に合わなかったり、距離の問題で見送った馬がここで結果を出してオークスへ...というのが、 丁度いい塩梅の新興勢力のシナリオだが、今回はこの手の馬は少なめ。どちらかというと、桜花賞トライアルでしくじって出走権確保・賞金加算できず、 本番への出走が叶わなかった馬が中心。フラワーCで1番人気になるも3着に終わったサンテミリオンや、チューリップ賞・フラワーCと使うも結果が出なかった阪神JF3着馬ベストクルーズとかさ。

 でもって、予想の方もこれらの馬中心で。ただ注意しないといけないのが今週から東京開催。東京開幕週ということもあって前に行った馬が止まらないことも多々。 逃げて未勝利・500万下特別と連勝したアグネスワルツの前残りもあっていいんじゃないでしょうか。

<第45回フローラステークス予想>

◎サンテミリオン
○アグネスワルツ
▲ベストクルーズ
△メジロジェニファー
△ディアアレトゥーサ

 あと穴なら未勝利勝ち上がり馬。この相手ならいきなり通用する可能性も。

結果

1着サンテミリオン
2着アグネスワルツ
3着ブルーミングアレー
4着アマファソン
5着アスカトップレディ

タイム:2分00秒2 3F:34.8秒
出走取消:6番
サンテミリオン 牝3歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・古賀慎厩舎
単勝:15番190円
複勝:15番120円、5番250円、14番160円
枠連:3-8 1100円 馬連:5-15 1070円
馬単:15-5 1580円
3連複:5-14-15 1660円
3連単:15-5-14 6830円
ワイド:5-15 430円
    14-15 230円 5-14 980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、アグネスワルツ人気だったか...
 さらに3着ブルーミングアレーで3連単まではゲットできず。

 という訳で、フローラステークスの結果。開幕週やペースだなんだと要因はあったが、とりあえず、 前に行ったサンテミリオン・アグネスワルツがそのまま残ってしまうという前残りの結果に。突っ込んできたのはアマファソンぐらい。

 まぁ、前述している通り、東京開幕週で前半3ハロン通過が36.5秒、1000m通過が1:00.6という緩めペースでは前残りになってしまうのは仕方がないところ。 直線では、4コーナー回って先頭に立っていたアグネスワルツ、そしてそれに並びかけてきたサンテミリオンの一騎打ち。後続馬も大きく離されていた訳でもなかったが、 前述の2頭がいい脚を使っていたこともあって、結局最後までこれに加わることは出来ず。

 で、その一騎打ちを制したのがサンテミリオン。最終的には1馬身突き放しての勝利。相手のアグネスワルツが今回休み明けだった分突き放せただけかもしれないが、 まぁ、これはこれで悪くない結果だったんじゃないでしょうか。その一騎打ちに敗れたアグネスワルツも、今回休み明けだと考慮すれば上々の内容。 上積み有れば逆転もできるでしょう。今回の上位2頭、本番でもいい勝負できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。