今週のメインdeパツイチ2010
第17回青葉賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 青葉賞 東京・芝2400m  3歳オープン(GII) 2010年5月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビッグバン 北海道2歳 1着 転入後の成績が物足りず。芝はダメ? - -
2 ペルーサ 若葉S 1着 皐月賞パスしてここへ。前走ぐらい走れば。 -
2 3 ジョーヴァリアント スプリングS 8着 前走ほどほどには走ったが...重賞では辛いか。 -
4 サクラエルドール NIKKEI杯2歳S 8着 前2戦が問題。一度使って変わればいいが... - -
3 5 トゥザグローリー 500万下 1着 良血馬だけに期待されるがこの相手だと? -
6 アロマカフェ 山藤賞 1着 ちょっと詰め甘い。3着ならありそうだが。 -
4 7 トウカイメロディ 山吹賞 1着 前走完勝。相手強化されるが十分通用しそう。
8 ミッションモード 毎日杯 7着 前2戦が今一つ。重賞では荷が重いようで。 - -
5 9 エクセルサス 若駒S 3着 ラジオNIKKEI・若駒Sで決着済?入着までか。 - -
10 ロードオブザリング 500万下 1着 前走エクセルサスと同着。OPではちと足りず。 - -
6 11 コスモエンペラー すみれS 4着 前走差のある5着。展開嵌らぬと上位は。 - -
12 コスモヘレノス 弥生賞 5着 重賞で壁に当たったか。ここでも入着まで。 -
7 13 レッドスパークル すみれS 1着 皐月賞10着。巻き返しあっていい条件だが... -
14 リリエンタール 水仙賞 1着 前々走は太め残り。前走で一変しただけに。
15 スマートフォーカス 未勝利 1着 末脚まずまずだが妙に詰め甘いのが問題で。 -
8 16 ベストブルーム 弥生賞 6着 展開嵌ってなんとか入着まで。ここでも。 - -
17 ハートビートソング ゆきやなぎ賞 1着 前2走完勝。ただ前走ほど相手楽ではなく。 - -
18 メイショウエバモア 500万下 1着 ダート専門っぽく。今回芝の重賞で... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回青葉賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第17回青葉賞の展望と予想とヨタ話

 打倒・ヴィクトワールピサの旗手はこのレースで誕生?
 日本ダービートライアル・第17回青葉賞。

 まぁ、そうなんですよ。展開や位置取り云々はあるかもしれないが、ああいう形でヴィクトワールピサが皐月賞を完勝してしまった以上、皐月賞組に逆転を望むのはかなり厳しい状態。 となれば、「別路線組で...」という考えになるのは、まぁ仕方がないところでしょうな。

 で、そういう状況を受けて今回の青葉賞。毎年役に立ちそうで立たないのがこの青葉賞組なのだが...この馬が結果を出せば対抗馬として期待していいんじゃないでしょうか。ペルーサ。 前走若葉Sを勝ち皐月賞出走権を得たが、コース適性を考えて皐月賞を見送り。東京コースが舞台となる青葉賞経由でダービーを目指すことに。 さらに、その若葉Sで後の皐月賞2着馬ヒルノダムールに完勝しているとなると、これは期待せざるを得ないでしょう。

 そんなこんなで、そのペルーサが狙い通りこの青葉賞に出走。今回はこの馬中心で勝負するしかないでしょう。ただ、皐月賞は10着に敗れるものの重賞好走しているレッドスパークルや、 2戦2勝とまだ底を見せていない良血馬トゥザグローリー、500万下特別を完勝したトウカイメロディ・ハートビートソング・リリエンタールという手強そうな馬がいるだけに、 そこまで簡単に勝たせてもらえないんじゃないでしょうかねぇ。まぁ、それなりに相手揃ったここできっちり結果出さないと、ヴィクトワールピサを破るどころの話ではなくなるんですけどね...

<第17回青葉賞予想>

◎ペルーサ
○リリエンタール
▲トウカイメロディ
△レッドスパークル
△トゥザグローリー

 予想はこんなもん。馬券的な妙味はないかもしれないなぁ...

結果

1着ペルーサ
2着トゥザグローリー
3着ハートビートソング
4着アロマカフェ
5着リリエンタール

タイム:2分24秒3 3F:34.5秒
ペルーサ 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:2番140円
複勝:2番110円、5番160円、17番170円
枠連:1-3 370円 馬連:2-5 380円
馬単:2-5 520円
3連複:2-5-17 770円
3連単:2-5-17 1880円
ワイド:2-5 190円
    2-17 220円 5-17 620円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、この配当ではなぁ...
 リリエンタールやトウカイメロディも来てはいたんだが。

 でもって、青葉賞の結果。まぁ、こういう結果になってしまっても不思議ではないんだが...ここまであっさりその通りの結果になってしまうとはねぇ。 ダントツ1番人気のペルーサ、直線で後続馬を突き放し2着に4馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 レース自体は、この距離ということもあって1000m通過が1:00.1と緩いペース。そんな中、勝ったペルーサは中団からの競馬。 内でじっとしていたこともあって、4コーナー回る辺りでは少し馬群を捌くのに手間取ったが、一通り捌いて追い出すと抜群の伸び。 先頭を捕らえるどころか、これをあっさり突き放し独走態勢に。で、前述したような結果に。

 そんなこんなで、勝ったペルーサ。これだけやれれば十分でしょう。この内容だったら本番でもいい勝負できるんじゃないでしょうか。 他の馬は...うーん、どうなんでしょう?悪くはないのだが「いつも通りの青葉賞組」止まりな気も...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。