今週のメインdeパツイチ2010
第58回京都新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 京都新聞杯 京都・芝2200m  3歳オープン(GII) 2010年5月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レーヴドリアン きさらぎ賞 2着 能力あるがさすがに追込一手では厳しかったか。
2 ハードダダンダン 未勝利 1着 いきなりこの条件ではさすがに。出番は... - -
2 3 シルクアーネスト はなみずき賞 2着 シャイニーナイトと同程度の馬。それなりに。 -
4 カミダノミ アイリス賞 1着 未勝利戦は相手悪かった感あるが...重賞では。 - -
3 5 ブレイクアセオリー 新緑賞 1着 斤量有利。能力も伴っていることだし重賞でも。
6 アドマイヤタイシ 未勝利 1着 嵌ればそれなりに走る。重賞でも展開次第で。 - -
4 7 モズ 札幌2歳S 2着 重賞実績評価も今回休み明け。様子見か。 - -
8 コスモファントム NIKKEI杯2歳S 2着 皐月賞馬と接戦した前走評価。ここなら。 -
5 9 カネトシパサージュ 未勝利 1着 パンチ不足。時計掛からないと出番は... - -
10 マコトヴォイジャー 若葉S 3着 若葉S好走も前走負けすぎ。ムラ駆けタイプ? - -
6 11 ゲシュタルト スプリングS 2着 皐月賞7着も大負けしておらず。展開次第で。
12 プレファシオ 伏竜S 6着 芝もそこそこ走るが重賞で勝ち負けまでは... - -
7 13 ネオポラリス ムーニー賞 1着 重賞よりも展開が鍵。流れに乗れれば。 - -
14 アドマイヤテンクウ 京成杯 2着 前走は重馬場堪えたか。良で巻き返しを。
8 15 アキノグローブ 500万下 4着 大きく負けていないが500万下で足踏み状態で。 - -
16 メイショウウズシオ すみれS 3着 OP・重賞好走馬相手に完敗。この条件では。 - -
17 シャイニーナイト 毎日杯 4着 毎日杯まずまず。逃げ嵌れば押し切りも。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回京都新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第58回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話

 戦列への復帰狙う馬か?それとも新興勢力か?
 日本ダービーに向けての一戦・第58回京都新聞杯。

 そんなこんなで、この京都新聞杯。青葉賞・プリンシパルS・NHKマイルカップとダービーへのステップは多数あるが、この京都新聞杯もそのステップのうちの一つ。 やや地味な前哨戦だが、アグネスフライトやインティライミ、ハーツクライといった馬を輩出しているだけに、軽視は出来ない一戦。

 で、今年の京都新聞杯。NHKマイルカップ経由で本番を目指す馬がいることもあってやや手薄な感はあるが、 それでもラジオNIKKEI杯2歳Sで後の皐月賞馬ヴィクトワールピサに迫ったコスモファントム・アドマイヤテンクウに、 皐月賞敗北から巻き返しを図るゲシュタルト・レーヴドリアンといった重賞好走馬に加え、ブレイクアセオリー・ネオポラリス・シャイニーナイト・シルクアーネストといった新興勢力も揃っていますからね。 これはこれで悪くない一戦なんじゃないでしょうか。

 でもって、そんな京都新聞杯の予想を。間隔開いたのが気掛かりだが、仕上がっていればコスモファントムでいいでしょう。 ラジオNIKKEI杯2歳Sではヴィクトワールピサと同タイムの2着ですからね。まともならここはすんなり勝てていいんじゃないでしょうか。 ただ、間隔が開いたことを考慮すれば他の馬にもチャンスはある筈。皐月賞では踏ん張って7着確保したゲシュタルトや弥生賞は馬場に泣かされた感あるアドマイヤテンクウ、 嵌ればかなりの末脚使うレーヴドリアンとかさ。

<第58回京都新聞杯予想>

◎コスモファントム
○シャイニーナイト
▲ゲシュタルト
△レーヴドリアン
△アドマイヤテンクウ
△ブレイクアセオリー

 一発狙うなら逃げ残り期待でシャイニーナイトかな。

結果

1着ゲシュタルト
2着コスモファントム
3着レーヴドリアン
4着メイショウウズシオ
5着ブレイクアセオリー

タイム:2分12秒8 3F:34.7秒
ゲシュタルト 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・長浜厩舎
単勝:11番550円
複勝:11番160円、8番150円、1番140円
枠連:4-6 1050円 馬連:8-11 1060円
馬単:11-8 2370円
3連複:1-8-11 1270円
3連単:11-8-1 7580円
ワイド:8-11 420円
    1-11 340円 1-8 320円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。いい感じで的中したのだが...
 ここまで人気だとはなぁ。あまり妙味ありませんでした。

 でもって、京都新聞杯の結果。終わってみれば1〜3番人気が上位を独占するという順当な結果に。まぁ、順序は逆でしたが。 勝ったのは3番人気のゲシュタルト。で、2着に2番人気のコスモファトム、3着に1番人気のレーヴドリアン。

 レース自体もそれほど波乱はなし。前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が0:59.9と速くもなく遅くもなくといったペースの中、 ゲシュタルト・コスモファトムは好位、レーヴドリアンは後方と、いつも通りの位置を確保。早めに先頭に立ったのはコスモファトムだったが、 これをマークしていたゲシュタルトが交わし先頭へ。末脚勝負のレーヴドリアンも外から差を詰めてくるが...これは2着争いまででしたな。 結局、レーヴドリアン、コスモファトムを交わすことが出来ず3着まで。

 という訳で、勝ったのはゲシュタルト。2着に1・1/4馬身差をつけ完勝。皐月賞はちょっと流れがキツかったのか最後一気に交わされ7着だったが... 前に行った馬の中では最も踏ん張っていただけに、それ相応の能力はある馬なんでしょうな。この相手だったらこれくらいやれても不思議ではないでしょう。 相手手強くなるが、ダービーでもうまく流れに乗れればチャンスはあるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。