今週のメインdeパツイチ2010
第77回日本ダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第77回 日本ダービー(東京優駿) 東京・芝2400m  3歳牡・牝オープン(GI) 2010年5月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エイシンフラッシュ 皐月賞 3着 皐月賞はやや展開嵌った感有。ここだと? - -
2 レーヴドリアン きさらぎ賞 2着 負けはしたが末脚は健在。展開次第で。 -
2 3 ルーラーシップ プリンシパル 1着 プリンシパルS楽勝も破った相手微妙なのが... - -
4 サンディエゴシチー 札幌2歳S 1着 今年春の成績がダメ。一変は厳しいか。 - -
3 5 コスモファントム 京都新聞杯 2着 休養明け上々の内容。今回叩き2戦目で。
6 アリゼオ スプリングS 1着 皐月賞、前に行った組では粘った方。展開次第。 -
4 7 ヴィクトワールピサ 皐月賞 1着 皐月賞完勝。ライバルは別路線組のみ? -
8 ローズキングダム 朝日杯FS 1着 前2戦案外も東京・良馬場なら変わる余地あって。
5 9 ペルーサ 青葉賞 1着 過信できない青葉賞組も楽勝は評価。ここでも。 -
10 トーセンアレス 伏竜S 1着 芝ではキツイ。時計掛かる馬場じゃないと... - -
6 11 ハンソデバンド 共同通信杯 1着 皐月賞ビリ。ただ、共同通信杯ぐらい走れば... - -
12 ヒルノダムール 皐月賞 2着 前走は展開嵌った面あって。今回相手揃うし。 - -
7 13 ゲシュタルト 京都新聞杯 1着 楽に行かせると粘る。後続が牽制し合えば。 -
14 リルダヴァル NHKマイルC 3着 前走上々の内容。調子維持できていれば。
15 メイショウウズシオ 京都新聞杯 4着 OP・重賞で入着までの馬か。GIとなると... - -
8 16 シャイン シンザン記念 2着 皐月賞が負けすぎ。逆転は難しそうで。 - -
17 トゥザグローリー 青葉賞 2着 前走2着もかなり差のある2着。ちと辛い。 - -
18 ダノンシャンティ NHKマイルC 1着 驚異のレコードでGI勝ち。ただ展開が鍵で。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第77回日本ダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第77回日本ダービーの展望と予想とヨタ話

 春のGIシリーズもいよいよ佳境へ。
 3歳牡馬クラシック二冠目・第77回日本ダービー。

 しかしなぁ...こういう状況になるとは。皐月賞が終わった段階では、皐月賞完勝のヴィクトワールピサがそのままダービーも...という雰囲気だったが、ダービートライアルで状況が一変。 青葉賞・プリンシパルSで期待されていた素質馬ペルーサ・ルーラーシップが楽勝し、打倒ヴィクトワールピサの旗手として名乗りを上げると、続くNHKマイルカップで1:31.4という日本レコードを叩き出したダノンシャンティもダービー参戦を表明。 一転して混戦模様となったこの日本ダービー。

 で、こういう状況で本番を迎えた日本ダービー。ヴィクトワールピサの二冠達成か、トライアル組の台頭か、基本的にはそんな感じでしょうな。 まぁ、皐月賞組も、ヴィクトワールピサがロスなく立ち回れた分あの着差に結びついたと考えれば、他の馬の逆転もあってよさそうだが...ラジオNIKKEI杯2歳S・弥生賞も完勝していますからね。 ここは能力が一枚上だったと考えるのが妥当でしょう。

 一方、トライアル組。青葉賞・プリンシパルSを楽勝したペルーサ・ルーラーシップだが...破った相手が微妙。ペルーサは若葉Sで後の皐月賞2着馬となるヒルノダムールを破っていることもあるんで評価していいんだろうけど、 ルーラーシップはどうなんでしょうかねぇ。毎日杯5着や若駒Sでヒルノダムールに敗れているというのも気掛かり。あとはNHKマイルカップ馬のダノンシャンティだが、 ラジオNIKKEI杯2歳Sでヴィクトワールピサに負けてますからね。3戦連続33秒台の上がりを使っているのは侮れないが、さすがにこの相手となると来る・来ないは展開次第でしょうな。

 そんなこんなで、今回の日本ダービーはヴィクトワールピサ中心で勝負したいところ。ただ注意しないといけないのが展開と天気。 今回有力視されている馬のほとんどは後ろから行く馬。後ろが牽制し合って仕掛けが遅れると、ゲシュタルトやアリゼオ、コスモファントム、 リルダヴァルといった前で競馬する馬にまんまと押し切られてしまう可能性もあるでしょう。それ相応の実績ある馬だし。さらに、今週末の天気が微妙ですからね。 馬場が渋ってしまうと、去年のダービーみたいに「後ろから行った馬がまるで伸びない」なんてこともありますからねぇ。

<第77回日本ダービー予想>

◎ヴィクトワールピサ
○ゲシュタルト
▲ペルーサ
△リルダヴァル
△コスモファントム
△ローズキングダム

 あと、良馬場だったらローズキングダムの巻き返しにもちと注意必要かな。

結果

1着エイシンフラッシュ
2着ローズキングダム
3着ヴィクトワールピサ
4着ゲシュタルト
5着ルーラーシップ

タイム:2分26秒9 3F:33.4秒
出走取消:18番
エイシンフラッシュ 牡3歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:1番3190円
複勝:1番490円、8番500円、7番120円
枠連:1-4 1320円 馬連:1-8 16720円
馬単:1-8 46210円
3連複:1-7-8 10630円
3連単:1-8-7 152910円
ワイド:1-8 4080円
    1-7 810円 7-8 900円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。エイシンフラッシュはちょっとなぁ。
 他はいい狙いしていたんだが...2・3・4着ではなぁ。うーむ。

 でもって、日本ダービーの結果。前に行く馬は揃っていたのだが、その前に行ったアリゼオ・シャインがかなりゆったりしたペースで逃げたこともあって、 前半3ハロン通過が36.1秒、1000m通過が1:01.6というスローペースに。さらに、この後もレースは動かず1ハロン13秒台連発。 となれば、あとは直線での追い比べ勝負になるのは仕方がないところ。

 そんなこんなで、馬群は一団のまま直線へ。まさに「よーいドン」の競馬となったのだが...抜けてきたのはヴィクトワールピサでもなく、ペルーサでもなくエイシンフラッシュ。 ローズキングダムも連れて上がってきたが、差は縮まらず。結局、エイシンフラッシュがそのローズキングダムをクビ差退け1着でゴールへ。

 しかしなぁ。レースの上がりが33.4秒という極端な「上がりだけの競馬」になってしまうとはねぇ。33秒台前半の末脚を使えない馬はその時点でアウトだし、 ちょっとしたロスがあった馬もこのロスを挽回することが出来ずそのまま馬群の中へ。逆に、この辺りにうまく対処できたのが勝ったエイシンフラッシュなんでしょうな。 道中は終始最内を走りコースロスを最小限に留め、直線では馬群の中程から進出。脚を溜められたこともあって、出走馬中最速の上がり3ハロン32.7秒を叩き出して勝利。

 ただ、こういうレース内容だっただけに、能力がそのまま反映されたと考えるのは早計でしょう。もう少しペースが速く、 馬群がバラけるような流れになっていれば、また別の結果になっていたりするんじゃないでしょうかねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。