今週のメインdeパツイチ2010
第46回CBC賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第46回 CBC賞 京都・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2010年6月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウエスタンダンサー UHB杯 8着 ハンデ少し楽になるが不振続きの現状では。 - -
2 サンダルフォン 北九州記念 1着 夏場強い馬。北九州記念ぐらい走れば。 -
2 3 ランチボックス オーシャンS 6着 ハンデ54kgならもう少しやれる。3着穴で。
4 グッドキララ 京都金杯 4着 着差はそれほどでもないが今一つの内容続いて。 - -
3 5 エーブダッチマン 淀屋橋S 1着 芝も大丈夫な馬。ハンデも54kgだし嵌れば。
6 ヘッドライナー 尾張S 1着 同型の出方次第。ハナさえ奪えれば押し切りも。 -
4 7 ベストロケーション 京都牝馬S 2着 前2戦案外も距離短縮&53kgで変わりそうで。
8 ワンカラット フィリーズ 1着 前2走着順はイマイチも内容悪くなく。注意。
5 9 シンボリグラン オーシャンS 3着 ここ数戦手堅く結果出す。調子落ちなければ。 -
10 スズカコーズウェイ 高松宮記念 6着 多少マシにはなるが多くは望めそうになく。 - -
6 11 タマモホットプレイ エニフS 4着 最近はついていくのがやっと。京都は得意だが... - -
12 アポロフェニックス 春雷S 1着 前走評価も重賞成績が散々なのが気掛かり。 - -
7 13 エーシンビーセルズ 山城S 1着 一発屋。嵌ればいい脚使うが重賞ではさすがに。 - -
14 ケイアイアストン 尾張S 3着 昇級して伸び悩む。今回同型馬もいるし... - -
15 ダッシャーゴーゴー 小倉2歳S 2着 3歳馬。52kgと斤量有利だが近走今一つでは。 - -
8 16 メリッサ 北九州記念 5着 嵌ればそこそこの脚使うが。重賞ではさすがに。 - -
17 セブンシークィーン 桂川S 1着 昇級後の成績が散々。今回同型馬もいるし... - -
18 カノヤザクラ スプリンタS 3着 ハンデ56kgもこれは経験済。叩き2戦目で。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第46回CBC賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第46回CBC賞の展望と予想とヨタ話

 安田記念が終わり短距離路線は一旦終了...とはいかないようで。
 夏、そして秋のスプリンターズSに向けた一戦。第46回CBC賞。

 という訳で、このCBC賞。ここ数週の重賞がそうであるように、このCBC賞も今年は中京ではなく京都での開催に。 ただ、出てくる馬のタイプはさほど変わりませんけどね。ここを使ってサマースプリントへ。そしてその仕上げとしてスプリンターズステークスを目指す馬が多数出走。 実際、夏場の短距離重賞で活躍したカノヤザクラやサンダルフォン、シンボリグランが参戦して来ているしさ。

 ただ、これら実績馬が盤石かといえばそうともいえないのがこのCBC賞。何せ、ここ数年、波乱続きですからね。一応、上位人気馬が上位に入ってくるのだが... 2桁人気馬も絡んできますからねぇ。去年のプレミアムボックス(12番人気・1着)や一昨年のテイエムアクション(12番人気・3着)、その前の年のブラックバースピン(10番人気・1着)とかさ。 今回は中京ではなく京都なだけに、この傾向が続くかどうかは微妙なところだが...まぁ、今回の出走メンバー、かなりのクセ者揃いですからね。 妙な馬が絡んでくることを考慮しておいた方がいいでしょう。

 とりあえず、牡馬相手に56kg背負うのは微妙だが、実績・前走成績を評価してカノヤザクラから入ってみますが...あとはどうなるか分からん。 ここは、同型馬いるが、ハナさえ奪えれば尾張Sや前走のテレビ愛知杯みたいに粘り込みありそうなヘッドライナーや、今回昇級戦だがいいスピード持ってるエーブダッチマン、 そこそこの脚使って3着確保ありそうなランチボックスとか、千二に戻るなら復活あっていいベストロケーションといった「人気薄になりそうな馬」で一発狙ってみましょうか。

<第46回CBC賞予想>

◎カノヤザクラ
○ヘッドライナー
▲エーブダッチマン
△ベストロケーション
△ランチボックス
△ワンカラット

 しかし、こういう時に限って、これらの馬、人気になっちゃうんだよなぁ...

結果

1着ヘッドライナー
2着ダッシャーゴーゴー
3着ワンカラット
4着メリッサ
5着エーシンビーセルズ

タイム:1分08秒9 3F:34.6秒
ヘッドライナー セン6歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:6番870円
複勝:6番330円、15番410円、8番270円
枠連:3-7 2010円 馬連:6-15 5290円
馬単:6-15 10630円
3連複:6-8-15 15980円
3連単:6-15-8 96400円
ワイド:6-15 1870円
    6-8 1340円 8-15 1850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。軸は良かったんだがヒモがなぁ。
 しかし、ヘッドライナーがここまで人気とは。うーむ。

 でもって、CBC賞の結果。同型はいたが捌いてハナを奪ったヘッドライナー、前半3ハロン通過が34.3秒とそれほど速くないペースで行かせてもらったことや、 馬場が渋って後続馬が思ったほどの末脚が使えなかったこともあって、直線入っても先頭。それどころか後続を突き放してしまい独走態勢に。 最後、ダッシャーゴーゴー・ワンカラットが上がってきたが、これを捕らえるまでには至らず。ヘッドライナー、そのまま押し切って重賞制覇。

 しかしなぁ、展開や馬場状態がそのまんま反映された結果でしたな。前述している通り、直線入っても馬場状態が悪かったせいか、後続馬、伸び悩む始末。 結局、伸びてきたのはダッシャーゴーゴー・ワンカラット、メリッサといった比較的軽量だった馬ばかり。人気のシンボリグランやベストロケーション、 サンダルフォン、カノヤザクラは掲示板すら確保できないという結果になってしまいました。

 そんなこんなで、今回のCBC賞。こういう内容でしたからねぇ。あまりアテにはならないんじゃないでしょうか。 とりあえず参考程度に留めておくのが正解でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。