今週のメインdeパツイチ2010
第51回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第51回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2010年6月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イコピコ 神戸新聞杯 1着 近走今一つも距離短縮&阪神で一変あれば。 -
2 アーネストリー 金鯱賞 1着 今回も先行馬不在。相手強力だが展開次第で。
2 3 ネヴァブション AJC杯 1着 ここ数戦の走り評価。ただこの相手となると... - -
4 スマートギア 京都大賞典 2着 嵌ればいい脚使う馬。展開次第で上位も。 -
3 5 ナムラクレセント 天皇賞春 4着 やや伸び悩む。この相手ではさすがに辛いか。 - -
6 セイウンワンダー 朝日杯FS 1着 前走順当勝ち。今回相手強化も十分通用。
4 7 マイネルアンサー ジューンS 1着 昇級後いきなりこの相手ではさすがに厳しく。 - -
8 ブエナビスタ ヴィクトリア 1着 前走勝利も際どい勝負。絶対視は出来ぬ? -
5 9 ロジユニヴァース 日本ダービー 1着 休み明け今一つ。一度使って変わればいいが... - -
10 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 京都記念の内容考えればここでも勝ち負けに。
6 11 トップカミング 日経新春杯 2着 前走展開嵌らず。相手なりに走る馬だけに... -
12 メイショウベルーガ 日経新春杯 1着 前走負けすぎ。この相手ではさすがに苦しい。 - -
7 13 フォゲッタブル 有馬記念 4着 天皇賞春が案外の内容。変わればいいが... - -
14 マキハタサイボーグ 日経賞 6着 たまに入着あればいい方。ここでは無理。 - -
15 コパノジングー 目黒記念 1着 前走より相手も斤量も厳しくなるここでは...
8 16 アクシオン 中山金杯 1着 金鯱賞が今一つ。今回2戦目だが相手手強く。 - -
17 ナカヤマフェスタ セントライト 1着 前走快勝も展開嵌った感有。この条件だと? - -
18 ドリームジャーニー 有馬記念 1着 今年の成績案外だが斤量楽になるここなら。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第51回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第51回宝塚記念の展望と予想とヨタ話

 夏競馬開幕していますが、春のGIはまだ残っています。
 春のGIシリーズの締めくくりとなる一戦、第51回宝塚記念。

 そんなこんなで、この宝塚記念。安田記念上位馬がいなかったり、有力視されていたレッドディザイアが鼻出血で回避してしまうなど、 一角を欠くメンバー構成になってしまいましたが...それでも十分濃いメンバーが揃ったのが今回の宝塚記念。 帰国初戦となったヴィクトリアマイルを勝ったブエナビスタに、天皇賞春を勝ったジャガーメイル、去年このレースを制覇したドリームジャーニーがこの宝塚記念に出走。 ドリームレースに相応しい一戦となりました。

 でもって、そんな宝塚記念の予想を。前述している通り、レッドディザイアが回避したことで、「ブエナビスタ VS レッドディザイア」というライバル対決はなくなってしまいましたが... 今回はドリームジャーニーがいますからねぇ。差し詰め「去年の有馬記念の死闘を再び」といったところでしょうか。

 しかしだ、この組み合わせ。今年の京都記念ですでに当たってますからねぇ。しかも、この京都記念には後に天皇賞春を制することになるジャガーメイルも出走。 今回の宝塚記念、どちらかというと「京都記念の死闘を再び」なのかもしれませんな。

 そんなこんなで、今回の宝塚記念。その京都記念で上位に入ったブエナビスタ・ジャガーメイル・ドリームジャーニーの争いになりそうな雰囲気。 ただ、着順までその通りになるかといえば微妙なところ。勝ったブエナビスタはドバイでも好走し、帰国後もヴィクトリアマイルを制すなど一見順調っぽそうな感じだが... その前走のヴィクトリアマイルがかなり際どい勝負でしたからね。しかも、その際どい勝負したヒカルアマランサスが先週のマーメイドSであっさり負けちゃってますからねぇ。 「勝つには勝ったがあまり褒められない内容だった」というのが実情なんじゃないでしょうか。ここからどこまで立て直せているか、今回はそこが問題でしょうな。

 一方、去年このレースを勝ったドリームジャーニーはというと、有馬記念以降、京都記念3着、大阪杯3着と今一つピリっとしない内容ばかり。 相手強力だった京都記念は大目に見てもいいが...大阪杯3着はちょっとね。その大阪杯よりも今回の宝塚記念の方が斤量面で有利なだけに、 巻き返しはあって良さそうだが...どうなんでしょうかねぇ。今回は案外ジャガーメイル狙うのが正解なのかもしれませんな。天皇賞春制覇で勢いもあることだし。

<第51回宝塚記念予想>

◎ジャガーメイル
○セイウンワンダー
▲ブエナビスタ
△ドリームジャーニー
△アーネストリー

 あと、GIでもそれなりに突っ込んでくるセイウンワンダーにも注意ですな。

結果

1着ナカヤマフェスタ
2着ブエナビスタ
3着アーネストリー
4着ドリームジャーニー
5着ネヴァブション

タイム:2分13秒0 3F:36.5秒
出走取消:15番
ナカヤマフェスタ 牡4歳
騎手:柴田善臣 厩舎:美浦・二ノ宮厩舎
単勝:17番3780円
複勝:17番710円、8番120円、2番200円
枠連:4-8 780円 馬連:8-17 5150円
馬単:17-8 16990円
3連複:2-8-17 7920円
3連単:17-8-2 77160円
ワイド:8-17 1580円
    2-17 2870円 2-8 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ナカヤマフェスタはちょっとなぁ...
 しかも、連下じゃなくて勝っちゃうとは。うーむ。

 とまぁ、そういうことで、今回の宝塚記念。ブエナビスタやアーネストリー、ドリームジャーニーといった人気所が来たことは来たのだが... それら人気馬を差し置いて8番人気のナカヤマフェスタが勝利。道中は中団よりやや後ろを追走し、3〜4コーナーで徐々に進出。 直線では外を回り、好位追走から抜け出していたブエナビスタ・アーネストリーらを猛追。そして、ゴール手前でこの2頭をまとめて交わし、ゴールへ。

 そんなこんなで、ナカヤマフェスタが穴を開けた今回の宝塚記念ですが...やはり馬場状態が影響したんじゃないでしょうか。 雨がやんで馬場状態が急速に回復していたといっても、稍重と万全の状態ではなかったようで。レースの上がりが36.5秒、最速の上がりを叩き出したナカヤマフェスタでさえ35.8秒とそれなりに時計を要する結果に。 コンスタントに上がり3ハロン34秒台が出る状態まで回復していれば違っていたんでしょうけど...こういう馬場状態ではそれなりに重馬場への適性が出てしまう訳で。 今回は「その辺りの差が出た」といったところでしょうかねぇ。

 あと、他の人気所。ブエナビスタはこんなもん。好位追走から抜け出しを図り、その通りの流れになったのだが...1頭だけ「水を得た魚」のような馬がいて、それに屈する形に。 2番人気のジャガーメイルは4コーナーの時点で勝ったナカヤマフェスタの後ろにいたが、そのナカヤマフェスタほど伸びず。 ロジユニヴァースはこういう馬場なら出番あって良さそうだったが、4コーナーで手応えが怪しくなってアウト。ダービー後は休み休み。 日経賞、そして今回の宝塚記念と、ようやく出走に漕ぎ着けてもこういう結果ですからねぇ。この状態はいつまで続くんでしょうか? 単なる調子の問題なのか、それともスランプなのか...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。